2018年11月13日 更新

【京都お寺めぐり】エキゾチックな中国風の境内!紅葉見頃は週末以降☆「黄檗山萬福寺」

宇治・黄檗にある禅宗・黄檗宗総本山のお寺。中国建築様式の京都ではちょっと珍しい趣きのお寺。

毎月8日は無料拝観で縁日開催

 (138177)

宇治市黄檗にある臨済宗、曹洞宗とならび三禅宗の一つ、黄檗宗の総本山。中国建築様式が独特でエキゾチックな雰囲気。こちらは総門。左右の屋根が低い牌楼(ぱいろう)式の中国的な門。

毎月8日縁日に開催される手づくり市・ほていまつり。普段は拝観料が必要ですが、この日に限っては無料。
 (138178)

黄檗山萬福寺は1661年に中国僧・隠元隆琦(いんげんりゅうき)禅師によって開創。
禅師は中国明朝時代の臨済宗を代表する僧で、中国福建省福州府福清県にある黄檗山萬福寺の住職。
 (138179)

当時、日本からの度重なる招請に応じ、1654年に来朝。宇治の地でお寺を開くにあたり、寺名を中国の自坊と同じ「黄檗山萬福寺」と名付けました。
 (138180)

圧巻の三門。
幕府の政策等により、宗派を黄檗宗と改宗。そして禅宗は、臨済宗、曹洞宗、黄檗宗の三宗に分類。「三門」という呼び名からも、あぁこんな中国風だけど禅宗なんだな、と。
 (138181)

どことなく、この雰囲気、カンフー映画に登場するようなお寺的風情(笑)
 (138182)

参道はこんなふうにスタイリッシュな雰囲気すら漂わせています。日本の近世以前の仏教各派の中では最も遅れて開宗した宗派、ということもその要因だったりするんですかね。
 (138183)

 (138184)

ちょうどご本尊がある天王殿(てんのうでん)前で、法話を聞けます。
 (138185)

天王殿(てんのうでん)。中国寺院では一般的に玄関として見られるお堂。弥勒菩薩(布袋さま)。
 (138186)

 (138187)

布袋さまの周囲には四天王、韋駄天が祀られています。
 (138188)

開山堂(かいさんどう)。
 (138189)

隠元禅師を祀る場所。4月3日に祥當忌、毎月3日に月例忌が営まれているそうです。こちらは「桃戸」と呼ばれる桃の実がほどこされた扉。桃は邪気を払う食べ物と言い伝えられ、萬福寺の至る所に桃のモチーフが見られます。
 (138190)

このラーメン鉢風の模様の欄干。「卍くずし」と呼ばれるデザインだそうです。こういうのも中国風。面白い陰影を作っています。
 (138191)

伽藍をつなぐ回廊にはこんな提灯がいくつもぶら下がっています。
 (138194)

回廊周囲に庭園があり、少し色づくモミジもありますが、まだまだピークは先のような。基本的に境内は松の木が多いのですが、この回廊周辺には紅葉もみられます。
 (138193)

面白いのが、回廊の途中にある釣鐘。京都の典型的な寺院建築だと、楼鐘は独立した造りになってるところがほとんどだと思いますが、こちらはこんな形で。でもアーケード感覚で合理的とも言えます(笑)
 (138204)

仏壇で見かける木魚の原型、魚の形をした開パン(かいぱん)。日常の行事の時間を知らせる時の鳴らし物として代々使用。
 (138195)

本堂・大雄寶殿(だうおうほうでん)のう香炉もどこか中国風。
 (138196)

 (138197)

本尊の釈迦如来座像をはじめ、十八羅漢像を安置。どの像も身近に拝観できることと、ちょっと奈良の仏像を思わせるようなエキゾチックな作風。仏像好きにはたまらない造形美も堪能できます。

これらの他、お寺では中国版精進料理である普茶料理も予約すれば食べられ、京都の中でも独特な雰囲気で、いろんな体験が叶うお寺でもあります。オススメです!

萬福寺 へのツイート

詳細情報

住所
京都府宇治市五ケ庄三番割 五ケ庄三番割34
電話番号
0774-32-3900
詳細サイト
https://www.obakusan.or.jp/index.html
27 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers

オススメの記事

今注目の記事