2018年11月11日 更新

【京都ランチめぐり】黄檗宗開祖・隠元禅師が伝えた中国式精進料理!お寺で食べる普茶(ふちゃ)料理「萬福寺」

宇治・黄檗にある禅宗・黄檗宗総本山のお寺。中国僧である開祖・隠元禅師によってもたらされた中国式の精進料理、普茶料理が食べられることでも有名。ある意味、京都ならではなランチ。

黄檗宗総本山萬福寺で食べられる普茶料理

 (138089)

宇治市黄檗にある禅宗である黄檗宗総本山萬福寺。禅宗には他、臨済宗や曹洞宗があり、いずれも修行のひとつとして精進料理を食すことでも知られる。
 (138090)

日本の近世以前の仏教各派の中では最も遅れて開宗した宗派で、1661年に中国僧・隠元禅師が開山。その影響で、寺名や寺院の建築様式も中国式。他のお寺にはないエキゾチックな雰囲気も漂う境内。
 (138091)

そんな境内の一角で、隠元禅師が中国から伝えた精進料理である普茶(ふちゃ)料理が食べられる場所があります。以前からずっと気になっていてようやく訪問。当日でも空きがあれば食事できますが、予約が無難。
 (138092)

大きな会館のような建物に靴を脱いで入室。広い畳部屋が幾つかあります。
 (138093)

中は和室ですが、テーブルと椅子になっていて、それぞれ衝立があり、さらに部屋の周りには仏画が中心に飾られています。
 (138094)

今回は予め普茶弁当3240円を電話で予約。こちらがそのお弁当。「普茶」と書かれています。「普茶」とは「普く(あまねく)大衆と茶を供にする」という意味。

ざっくりとですが、普茶料理とは中国式精進料理。ベースとしては日本の精進料理と同じですが、
葛と植物油を多く使い濃厚な味わい、さらに肉や魚に擬した「もどき」料理なども特徴のひとつ。
 (138095)

こちらが普茶弁当。お弁当のほかに葛仕立てのすまし汁も付きます。
 (138096)

こちらは炊き合わせとデザート類。
 (138097)

「油ジ」と呼ばれる下味をつけた野菜などを揚げたもの。「雲片」と呼ばれる野菜の切れ端を炒め、葛寄せにしたものなど。
 (138098)

こちらも普茶料理の代表的一品・胡麻豆腐。日本の精進料理でも有名ですが。
 (138099)

栗ごはん、香の物。
 (138100)

で、炊き合わせもいろいろ入っていて盛りだくさん。
 (138103)

飾り切りの木の葉南瓜やもみじ麩で秋らしい演出。
炊き合わせはどれも薄味。塩味、旨味、甘味の認識できるような調味もわりと控えめ。素材の味重視。
 (138101)

隠元禅師が日本に持ち込んだとされる、インゲンを使った黒胡麻和え。濃厚な味わい。
 (138102)

胡麻豆腐。これ、白身魚に見立てたもどき料理の一種。
 (138104)

油ジは予め下味をつけたものを唐揚げにしていますが、こちらは梅干し。適度に酸味が抜け、食べやすく。
 (138105)

これも、日本の精進料理にはあまりないような。精進系のチーズ。お寺の方には豆腐の燻製と言われてましたが。濃厚な味わい。昔、予約のとれない名店『草喰なかひがし』で食べた「蘇(レアチーズ)」にも似たような。
 (138106)

雲片には銀杏、蓮根など。こちらは胡麻油風味でちょっと中華料理のような味わい。
 (138107)

てっきりかまぼこかと思っていたら、もどき料理。中は長いも、色のついた薄いお餅が巻かれたもの。肉や魚が食べられないので、見た目でその雰囲気だけでも、ということですかね。面白い食感。
 (138108)

ひょうたんの漬物。ひょうたん自体生まれて初めて食べましたが、これ干瓢の一種なんですね。食感はちょっと梅のような印象。
 (138109)

水果(スイゴ)といわれる、果物と甘味。麩まんじゅうと水羊羹でしたが、水羊羹が絶品。

肉や魚が食べられないとはいえ、うまく植物油や胡麻を使い、かなりのボリューム。大食漢の私でも満腹に。それでも、胃腸に優しく夜には胃もたれせず完全に消化され空腹に(笑)

萬福寺の塔頭でも提供されてたり、お寺周辺にも専門店があったり。ある意味、総本山で食べる京都ならではなグルメですね。

ヨ~イヤサ~♪

萬福寺 普茶料理 への口コミ

詳細情報

住所:京都府宇治市五ケ庄三番割34−10
電話番号:0774-32-3900
    (黄檗山萬福寺・受付時間 : 午前9:00~午後4:30)
営業時間:11:30~14:30(13:00までに入室)
詳細サイト:https://www.obakusan.or.jp/syokus.html

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな