2019年2月6日 更新

こんなホテルはじめて!インスタグラマーの世界観を再現「まるごとホテル」誕生【清水五条】

このたび、市内中心部に新しいホテルが誕生します。「まるごとホテル」という名前で、”おもてなしアート空間”が広がるホテルです。インフルエンサーやクリエイターが立ち上げたというのも、今までにない取り組みで注目が集まっています。

新しいコンセプトのホテルが生まれます

 (144458)

京阪電車・清水五条駅や、地下鉄五条駅から徒歩10分ほどの場所に、新しいホテル「まるごとホテル」が誕生します。「まるごとホテル」は、インフルエンサーやSNSで人気のクリエイターが立ち上げたという、今までにないコンセプトのホテル。アートが主体のホテルはすでにありますが、こういった趣旨のホテルは初めてではないでしょうか。
 (144453)

オープンは3月はじめの予定で、現在着々と準備が進められています。先日、オープンに先立ちお披露目会がありましたので、その時の様子を交えて紹介します。

ホテルの客室を監修した、小野慎二郎さん、パントビスコさん、田中達也さんがそれぞれ登壇。対談というかたちで、ホテルの紹介が行われました。
 (144454)

「柴犬まるの飼い主」として、Instagramのフォロワー数が250万人を超える、人気インスタグラマーの小野慎二郎さん https://www.instagram.com/marutaro/

彼の呼びかけに、国内外で評価の高い、ミニチュア写真家・田中達也さん
https://www.instagram.com/tanaka_tatsuya/

“謎のクリエイター“としてSNSで絶大な人気を誇るパントビスコさん https://www.instagram.com/pantovisco/ が賛同。
左から 田中達也さん、パントビスコさん、小野慎二郎さん。

左から 田中達也さん、パントビスコさん、小野慎二郎さん。

「おもてなしアート空間」をテーマに、それぞれの世界観が存分に表現された客室が特徴。「まるごとホテル」の「まるごと」は、柴犬まるの”まる”や、マーゴット(マルゴット)という響きが由来。マーゴットはフランス人女性に多い名前だそうで、外国人でも発音やすいこと、ゆくゆくは建物全部を”まるごと”ホテルにしたいという想いから、この名前にしたそうです。
おもてなしアート空間とは
アートは言語の壁を越えます。インスタグラムやTwitter等のSNSを中心に活動しているアーティストはフォロワーに対して常にアートでおもてなしをしています。「自分のアカウントに訪れてくれてありがとう。この世界観でお過ごしください」といった感覚で活動しています。この「おもてなしアート空間」はSNSの世界をそのままにプロデュースしたアーティストの世界観を現実の世界に表現した空間を意識しています。
 (144459)

こちらはホテルのロゴマーク。くるっと丸くてかわいいですよね。これはまるのしっぽをモチーフにしたのだとか。確かに柴犬のしっぽだ!笑
 (144457)

対談では、まるのミニチュアもご挨拶。めっちゃかわいい〜と和んでいたら…
 (144461)

ホテルに本物!!これには参加者みなびっくり。でもかわいい〜♡と熱い視線を一身に集めていました。たくさんの人でひしめきあっていたのに、我関せずとマイペースのまる。さすが人気犬、大物の風格を感じました。

それぞれの世界観が再現された客室は魅力たっぷり!

 (144462)

もともと寮だったという一室を改装したそうで、集合住宅の一角にありながら2階建ての構造になっています。小野さん、田中さん監修の部屋が2室ずつ、パントビスコさん監修の部屋が1室の計5室で、1階に1室、2階に4室の配置だそうです。

こちらは玄関の様子。まるの写真が出迎えてくれますよ。
 (144464)

順に部屋を見ていきましょう。こちらは田中さんの1つめの部屋で、1階にあります。
「和」がテーマだそうで、壁には京都の展示用に用意された、ストローを竹林に見立てたもの。和服女性が和を演出しています。
布団のカバーが黄色と黒のツートンですが、玉子焼きのお寿司を表しているんだそう。白い布団がシャリで、まんまにぎり寿司に見立てられていて、なんともユニークでおいしそう。
 (144466)

壁にも寿司やお茶など、和を感じさせる作品が展示されています。よく見ると実際使われたフィギュアもすみにちょこんと。間近でじっくり鑑賞できるのもうれしいですね。
 (144467)

こちらは田中さんの2つ目の部屋。こちらは和とは対象的な「洋」がテーマ。京都はパンの消費が盛んということで、パンをメインにレイアウトされています。田中さんの説明を聞きながら撮らせていただきました。同じ作家さんでも、和と洋では雰囲気が全く違っていておもしろいですよね。

布団のカバーのカラーは変わるかもとのことですが、洋の部屋じゃ、サンドイッチをモチーフにしたカラーにするそうですよ。
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

☆NEW☆FebCafe Kyoto(フェブカフェ)クリエィティブラウンジで本格派コーヒーを【五条富小路】

☆NEW☆FebCafe Kyoto(フェブカフェ)クリエィティブラウンジで本格派コーヒーを【五条富小路】

昨年12月にオープンしたクリエイター向けコワーキング施設 「MTRL KYOTO(マテリアル京都)」 6月よりfebcafeを展開。 築110年の木造建築をリノベーションした 粋な新旧融合空間。 【ものづくり×カフェ&バー】 二刀流ハイスペックカフェの 新天地京都に現る。
京都に注目のスリランカカレー専門店「スパイスアップ」【開店】

京都に注目のスリランカカレー専門店「スパイスアップ」【開店】

七条と五条の間、西洞院旧花屋町にスリランカカレーの専門店「スパイスアップ」。スパイスカレー好きにもぜひともオススメしたいお店なり。
【新店】12月オープン!“醸す”と“カラダにいい”をテーマに集めたグローサリー&カフェ「KAMOS KYOTO×茶御飯京都」

【新店】12月オープン!“醸す”と“カラダにいい”をテーマに集めたグローサリー&カフェ「KAMOS KYOTO×茶御飯京都」

河原町、万寿寺通を西へ。京町家リノベーションで12月13日オープンのお店。現在、プレオープン中。九州に根付く発酵、醸造食品を中心に、選りすぐりのローカルフードを販売。カフェスペースや外国人向け料理教室もあり。
【新店】京都四条河原町にオープン!ワールドワイドに大人気の餃子専門店☆「浪花ひとくち餃子チャオチャオ」

【新店】京都四条河原町にオープン!ワールドワイドに大人気の餃子専門店☆「浪花ひとくち餃子チャオチャオ」

昨年12月にオープンした餃子専門店。京都では三条木屋町店に次ぐ2店舗目。大人気で常に行列ぎみ。とくに外国人客が多くワールドワイドに支持されるひとくち餃子。行ってきました。
『トレンド最前線』まるでシルクのような滑らかラテ「イカリヤ コーヒー キョウト(IKARIYA COFFEE KYOTO)」 【河原町カフェ】

『トレンド最前線』まるでシルクのような滑らかラテ「イカリヤ コーヒー キョウト(IKARIYA COFFEE KYOTO)」 【河原町カフェ】

一月に華々しくオープンしたいかりやグループの自家焙煎珈琲店。みんながみんな集う今最も熱い話題のカフェ、充実して行く近状をご報告。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

デブ子デラックス デブ子デラックス