2017年7月29日 更新

【新名所誕生】京都四条河原町に7月新装オープン!ホッとひと息つけるレストラン街☆京都マルイビル「FOOD HALL(フードホール)」

この7月に新装オープンした京都マルイが入居する住友不動産京都ビルの7、8階のレストラン街。ラーメンやスイーツといったカジュアルなメニューから、焼肉やうなぎ専門店、京懐石など本格派もあり、関西初出店や新たな業態を含む14店舗。老若男女どの層でも楽しそうな店舗が入店。

生まれ変わったセブンエイト

 (88738)

「セブンエイト」は、まだ京都マルイになる前の阪急百貨店だった頃の呼び名(笑)7、8階フロアレストラン街になっていて、とても賑わっていました。

その後、マルイになってからは徐々に店舗が減り、ずっと空きスペースになっていてかつての賑わいが嘘のようになっていましたが。

それが、この7月12日から住友不動産が改装し、新しいレストラン街「フードホール」が誕生。
 (88740)

とりわけ、人が密集するエリアである繁華街・四条河原町。そんな場所でもホッできるようなスペースを、というのがコンセプトなんですかね。

百貨店のレストランて、けっこうどこも混雑してるんで、それが叶っていろいろその時の気分に合わせてレストランが選べるなら、それは強みですね。
 (88741)

まずは7階フロア
 (88739)

まずはこちら、それぞれ店舗にももちろん飲食スペースもあるんですが、イートインコーナーも併設。シックで落ち着いた雰囲気。
 (88743)

和を基調としたスイーツのお店。京都宇治の厳選された抹茶、ほうじ茶を使用した甘味中心にテイクアウトも可能。
 (88744)

京都では初登場。最近ニューヨークや東京でも人気のチョップドサラダと熟成ハンバーグを提供するお店。
 (88746)

 (88745)

牛しゃぶ牛すき食べ放題のお店。
 (88747)

京都ラーメン系、鶏ガラと豚骨ベースで醤油味スープのラーメン店。
 (88748)

 (88749)

注目店。健康総合企業・タニタが展開するタニタカフェと地元のレストランがコラボした全国初店舗。「健康は食から」をコンセプトに。
 (88750)

 (88751)

これちょっとハイテク。便利な事前予約サービス。1、7、8階に設置された画面操作で予約を入れ、テーブル待ちの順番が来るとスマートフォンに連絡が届く機能。待ってる間、別のフロアでお買い物もできて、時間の有効利用ができそう。
 (88752)

大阪のオムライスの名店。豊かなバリエーションのオムライスがそろう。
33 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

京都マルイの”ニューフェイス” 朝から晩までヘルシー三昧★FOB A DELI&BAR (エフオービー エー)

京都マルイの”ニューフェイス” 朝から晩までヘルシー三昧★FOB A DELI&BAR (エフオービー エー)

京都マルイ一階にできた輸入雑貨店FOBcoopプロデュースの新生カフェ。できたてコールドプレスジュース野菜をふんだんに使ったフードなど体思いの スタイリッシュカフェ。
【新店】お茶の新旋風★飲む、噛む、楽しむお茶専門店*茶BAR(チャバー)【河原町OPA】

【新店】お茶の新旋風★飲む、噛む、楽しむお茶専門店*茶BAR(チャバー)【河原町OPA】

東京を中心に展開しているとことんオーダーメイドな茶BARがトレンド最前線の河原町オーパ1階にオープン。 京都に現るお茶の新旋風です。
河原町でサクッとスペシャリティな一杯★「Unir 京都マルイ店(ウニール)」

河原町でサクッとスペシャリティな一杯★「Unir 京都マルイ店(ウニール)」

サクッと気軽においしいコーヒーが頂けるスタンドタイプは忙しない現代に重宝される形態の一つ。カジュアルにハイクオリティな一杯を。
京都駅前に新名所誕生!商業施設「京都タワーサンド」徹底解剖☆美食・土産・体験が楽しめる【リニューアルオープン】

京都駅前に新名所誕生!商業施設「京都タワーサンド」徹底解剖☆美食・土産・体験が楽しめる【リニューアルオープン】

もう驚きの変身ぶり。4月14日、京都駅前京都タワービルにリニューアルオープン。3フロアからなる施設は「美食」「土産」「体験」をテーマに今までにない商業スペースに。京都駅前がますます楽しめるエリアに。
【オープン】伏見稲荷駅前の粋なコーヒースタンド「Pico organiccoffee(ピコオーガニックコーヒー)【伏見カフェ】

【オープン】伏見稲荷駅前の粋なコーヒースタンド「Pico organiccoffee(ピコオーガニックコーヒー)【伏見カフェ】

京阪伏見稲荷駅すぐ、思わず目を惹くスタイリッシュなコーヒースタンドが誕生。元タバコ屋を粋なコーヒースタンドにリメイク。観光客のみならず、ディリーユースしたい要素が満載。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers