2017年12月2日 更新

世界遺産 下鴨神社の参拝後に寄りたい「厳選グルメ7店」定番から穴場【まとめ】

世界遺産「下鴨神社」は、京都で最も古い神社のひとつ。太古の森の面影を残す「糺の森(ただすのもり)」など、境内はとにかく広い!散策後はどこかでちょっと休憩したいですね。そんな時に便利で美味しいお店をご紹介します。

下鴨神社参拝後に寄りたいお店をピックアップ!

 (106588)

京都で最も古い神社のひとつだけあり、参拝者の絶えない下鴨神社。周辺は、参拝者や地元民のためのお食事処が揃っています。老舗の有名店や昔ながらの定食屋、創作料理店などオススメをピックアップ!
 (106591)

予約必須!一汁十菜の名物弁当「出町ろろろ」

 (106293)

雑誌やテレビで紹介されて、すっかり人気店になった「出町ろろろ」。出町柳、出町枡形商店街から一歩外れた南側にあります。十菜のおばんざいに汁物がついた彩り豊かな京都らしい2段弁当が人気で、ランチは予約必須です。
 (106294)

主に京都産の旬の野菜をふんだんに使ったおばんざいの数々は、素朴な見た目ながらも素材の個性と味がしっかり活かされた逸品。出汁まき玉子に梅肉ソースと銀あんがかかっていたりと、ありきたりな料理にしない工夫も凝らされています。
ご飯は、土鍋のふっくら炊き立てご飯をおこげ付きで召し上がれ。

人気の「お昼のろろろ弁当」は1100円、ミニ会席も2000円とお手頃なお値段。ご訪問の際は、予約を入れて。
 (106299)

店名:出町ろろろ
住所:京都市上京区今出川通寺町東入一真町67-1

うどん県顔負けの手打ちうどん「うどんや ぼの」

 (106304)

下鴨エリアの人気手打ちうどんのお店「ぼの」は、下鴨神社の裏手、下鴨本通りにあります。店名の由来は、イタリア語の「ボーノ」から。
 (106306)

香川から2種のうどん専用粉を直送してもらい、気候の変化によりアレンジを加え、1晩熟成。打ちたてから15分以上のものは使わないという、うどんに対する並々ならぬこだわりがあります。
出汁にももちろん、こだわりがたっぷり!北海道産真昆布・瀬戸内伊吹産いりこ・上質なカツオ節・上サバ節・上うるめ節をふんだんに、醬油も厳選したものを使っています。

天ぷらも美味しいと評判、定番のぶっかけやカレーうどんから明太子の和風カルボナーラまで!バラエティ豊か。
夜は居酒屋メニューも揃い、「よるぼの」で美味しいお酒とつまみもいただけます。
 (106307)

店名:うどんや ぼの
住所:京都市左京区下鴨松ノ木町59

生湯葉ののった京都Styleオムライス「おむらはうす」

 (106592)

京都の創作系オムライス専門店「おむらはうす」。ヒジキごはんを包んだふんわり卵にとろとろの生湯葉、冷製出汁ソースをかけた進化を遂げた京都ならではの和風系オムライスが食べられます。
39 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【保存版】京都下鴨エリアのオススメ和菓子!間違いないテッパン中のテッパン店【厳選7店】

【保存版】京都下鴨エリアのオススメ和菓子!間違いないテッパン中のテッパン店【厳選7店】

下鴨神社を中心として、京都の和菓子の名店が集中する下鴨エリア。どのお店も京都ならではの間違いない美味しさ。今回はそんなお店を集めてみました。
こだわりのツルピカ手打ちうどんが人気!「うどんや ぼの」@下鴨の巻っす

こだわりのツルピカ手打ちうどんが人気!「うどんや ぼの」@下鴨の巻っす

下鴨エリアの人気手打ちうどん店「うどんや ぼの」でランチっす。
京都最高峰のわらび餅★まるで黒の宝石*宝泉(ほうせん)【下鴨神社】

京都最高峰のわらび餅★まるで黒の宝石*宝泉(ほうせん)【下鴨神社】

数々の旅行誌やグルメサイトで魔物的な数字を打ちさ出してきた、下鴨の出来立てのフレッシュなわらび餅。風流な日本家屋でいただく新鮮なわらび餅はここにしかない傑作品。
【京都ランチめぐり】安定の洋食メニューは不動の人気で行列!下鴨エリアの名店「浅井食堂」

【京都ランチめぐり】安定の洋食メニューは不動の人気で行列!下鴨エリアの名店「浅井食堂」

下鴨エリアの人気洋食店。オープンして3年余あまりだが、ノスタルジックな雰囲気とクラシカルな洋食メニューは老舗感すら感じさせる安定ぶり。この日はランチでお邪魔しました。
【京都ランチめぐり】創業60年の王道洋食ハンバーグ&エビフライ!味もますますグレイドアップ☆「グリル生研会館」

【京都ランチめぐり】創業60年の王道洋食ハンバーグ&エビフライ!味もますますグレイドアップ☆「グリル生研会館」

下鴨神社のほど近く。下鴨本通り沿いにある老舗の域の洋食店。レトロな雰囲気と王道洋食メニューのランチは以前より味もグレイドアップしてますます人気店に。久々に行ってきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

キョウトピ編集部 キョウトピ編集部