2019年5月6日 更新

皿洗いでメシ代はタダ!ご飯はタダで山盛りに!人情味あふれる「餃子の王将 出町店」

京都人が愛しやまないソウルフード、京都発祥の「餃子の王将」。京都にもたくさん店舗がありますが、その中でも特に人情味が溢れる王将として人気の出町店に行ってきました!

学生は皿洗いをするとメシ代がタダに!

 (92200)

出町ふたばや岡田商店、満寿形屋などのいぶし銀の店舗が多い出町柳エリア。地元民や周囲の学生さんから愛されている有店をご紹介します、その名も「餃子の王将 出町店」です。
出町柳から徒歩圏内、桝形商店街からすぐの場所にひっそりと佇んでいます。
 (92201)

周辺には同志社大学や京都大学があり、学生が多いエリアとあって学生さんが多いのが特徴ですが、老若男女問わず地元民から愛されてきたお店で、実に幅広い層のお客さんが来られます。

店内はカウンター席のみ、なんとも味のあるアットホームな雰囲気です。
 (92212)

「めし代のない人、お腹いっぱい食べさせてあげます。但し食後30分間お皿洗いをして頂きます。18歳以上の学生さんに限ります。」
そう、30分間皿洗いをすればタダで食べさせてくれる、学生に優しすぎると有名な王将です。漫画の島耕作にも同店をモデルにした「錦丸食堂」が登場したことでも有名です。

お店の方にお話しをお伺いしたところ、多い日には1日10人ほど皿洗いを希望されたり、皿洗いの順番待ちが起きることもあるそうです。
 (92203)

餃子の王将と言えば、各店舗ごとの裁量が大きくオリジナリティがあるのですが、出町店は他店と比較してもオリジナルメニューが多く、サービスも満点です。
本当にメニューが多くて、迷ってしまいます。王将で35年以上、腕を磨き続けてきた大将が作る料理はどれも絶品で、舌の肥えた周囲の飲食店の方も足しげく通うほどです。
 (92202)

ボリューム満点の日替わり定食もあります。税込みで650円とお得!餃子をつけても780円。
壁にはメニューがぎっしりです!
 (92204)

大将のオリジナルメニューに目が行きがちですが、グランドメニューはこちら。
みなさんよくご存じの安定感のあるラインナップです。
 (92314)

カウンターにはたくあんが置かれてあり、こちらも無料。
ごはんのよきお供ですよね。やっぱり優しい。

優しさだけじゃない!味も絶品です!

 (92205)

迷いに迷ったあげく、日替わり定食の餃子付きに。
この日は、鶏チリ定食でした。海老チリの鶏バージョンですね。
 (92206)

定食はごはんの量を選ぶことができるんですが、大にするとこのような漫画みたいな山盛り量に(笑)
腹ペコの学生には、堪らないサービスですよね。
 (92207)

お皿にいっぱい盛られた鶏チリには、大サイズの鶏がゴロゴロと5個入っていました。
辛味はちょっとしたアクセント程度で、鶏と野菜の旨味がしっかりと味わえます。
鶏はジューシーで柔らかく、野菜のシャキッとした食感もよくて、間違いない美味しさです。
 (92208)

安定の美味しさの「王将の餃子」
安くて、うまい、ごはんにもビールにもよくあう最高のおかず。
特に語る必要もない京都人のソウルフードです。

店内で奥の餃子包み機(?)がありましたが、はじめてそんな機械を見ました。
隠すことなく堂々としているのが、またこのお店っぽさがでています(笑)
気になる方は、店内奥に座ってチェックしてくださいね。
 (92210)

お会計の際にもらったマルカワのガム。ここにも優しさが。

色んな人に話を聞くと、余っていた唐揚げをもらった、お持ち帰りに頼んだ餃子が増量されていたなど、お腹いっぱいになる優しさエピソードが多数。
皿洗いの件が度々話題になりますが、学生にだけではなく人情味の溢れる「餃子の王将 出町店」です。
下鴨神社や鴨川デルタ、御所など散策にもいいエリアなので、ついでにフラッと寄りその優しさに触れてみてください。

餃子の王将 出町店 クチコミ情報

餃子の王将 出町店 店舗情報

店名:餃子の王将 出町店
住所:京都市上京区河原町今出川西入る二筋目上る一真町70
電話番号:075-241-3708
営業時間:11:30~23:00(ラストオーダー23:00)
定休日:月曜日
関連ページ: https://www.ohsho.co.jp/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

つきはし つきはし