2017年11月28日 更新

生湯葉をのせた絶品THE京都オムライス★「おむらはうす」【出町柳】

京都の創作系オムライス専門店。ヒジキごはんを包んだふんわり卵にとろとろの生湯葉、冷製出汁ソースをかけた進化を遂げた京都ならではの和風系オムライス。

京都Styleオムライス

 (105093)

出町柳駅から徒歩2分弱、煉瓦造りのマンション一階にあるオムライス専門店。
金閣寺店とこちらと二店舗展開していますが、どちらも大繁盛の人気店。
食べログ (105108)

壁にはノスタルジックなフォントの雰囲気あるオムライスメニューのシグナル。
via 食べログ
広々としたカウンター周り

広々としたカウンター周り

スケルトンになったキッチン。
コック帽を被ったスタッフさんの作業風景をライブで見ることができます。
via 食べログ
 (105106)

私は開店直後に入店するも、すぐに満席になり、店内は常に満席状態の人気ぶり。
団体利用も多く、活気に満ちた店内です。
 (105107)

黒を基調としたハイカラな空間づくりが施された店内。
ベンチシートとカウンター4席のこじんまりした空間ですが、いい感じに席間があり窮屈感はナッシング。
大衆食堂的なやや雑多なカウンター周りもまた一興。

魅力的な和洋折衷オムメニュー達

 (105094)

創作オムライス達。
和風系のみならず、クリームソースやカレーなど定番メニューもスタンバイ。
 (105113)

セットメニューやオムメニュー以外のサラダのアラカルトが豊富。

ぷりぷりの湯葉×卵の優しさ

とろ湯葉オムライス(¥1050)

とろ湯葉オムライス(¥1050)

私はとろ湯葉オムライス
そしてセットでスープよりパンプキンスープをチョイス。
セットスープ(¥260)

セットスープ(¥260)

まず先出しされたセットのスープ。かぼちゃはうらごしされ、滑らかなテクスチャー。
ほんのりと甘く、濃厚トロトロ。
 (105097)

とろ湯葉オムライスは
お出汁のソースをかけた和風オムライス。
ふっくらした卵の上には贅沢に盛られた生湯葉、あたたかいオムライスに冷製出汁ソースをかけた進化系オムライス。
 (105095)

中はしめじ、小さなたんざく切りのあげの混ぜご飯。
わさびの主張は控え目でふんわりわさび風味。
食物繊維たっぷりの滋味な味わいです。
食べログ (105109)

巷では様々なオムライス専門店がありますが、京都ならではの素材を活かしたヘルシーテイストかつフォトジェニックなオムライスが頂けるのはポイント高し。
みんなでわいわい、恋人と仲良く、おひとり様もウエルカムな空気感は人気があるのも頷けます。
他のオムライスも探求したくなる
THE京都styleオムライス専門店でした。
via 食べログ
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

京都のオムライスパラダイス!センスが光る絶品 豆腐オムライス★おむらはうす【出町柳】

京都のオムライスパラダイス!センスが光る絶品 豆腐オムライス★おむらはうす【出町柳】

京都に店舗を構える行列必至の人気斬新な創作オムライス屋さん。ポピュラーなオムライスに磯の香りと滑らか豆腐、マンネリオムライスに変化球を。
京都おすすめパスタ|新食感のぷりぷりもちもち生パスタ『凛屋』(りんや)【百万遍】

京都おすすめパスタ|新食感のぷりぷりもちもち生パスタ『凛屋』(りんや)【百万遍】

百万遍交差点にお店を構える生パスタとチーズケーキ専門店「凛屋(りんや)」驚きの弾力の生パスタ、遅がけランチにも重宝します。
あの人気アニメのワンシーンにも★☆ウッディタウン【下鴨エリア】

あの人気アニメのワンシーンにも★☆ウッディタウン【下鴨エリア】

有頂天家族のワンシーンにも描写された通なファンも訪れるアットホームな純喫茶。フレッシュなサラダにしっとりトースト、日常の生活に花を添えるモーニングタイムを過ごせます。
【京都和菓子めぐり】下鴨神社スグの朝から客が殺到する老舗!作りたてイートインも☆「阿闍梨餅本舗 満月」

【京都和菓子めぐり】下鴨神社スグの朝から客が殺到する老舗!作りたてイートインも☆「阿闍梨餅本舗 満月」

出町柳にある、百貨店でどこも取り扱う和菓子老舗。名物『阿闍梨餅』は朝の開店と同時に客が絶え間なく買い求める人気菓子。本店ではイートインスペースもあり、作りたての温かい阿闍梨餅をいただける。
気になる京都のマイナー喫茶店|扉の向こうは癒しのムーディー空間*しみずコーヒー店【出町柳】

気になる京都のマイナー喫茶店|扉の向こうは癒しのムーディー空間*しみずコーヒー店【出町柳】

飾り気のないな白壁の向こうに広がる琥珀色のヨーロピアン空間。サイフォン一杯だての極上のコーヒーとともに微睡みのコーヒードリップへ来客を誘います。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

cafequeen cafequeen