2021年3月16日 更新

【京都桜2021】美しき東寺五重塔と河津桜のコラボ【京都花めぐり】

3月に入り、暖かい日が続いていますが、桜の開花が例年より早いようですね。今春も河津桜が美しく元気に咲いていました。3月上旬の様子です。

五重塔と河津桜の美しきコラボ

 (202916)

東寺の正式名称は教王護国寺(きょうおうごこくじ)。東寺真言宗の総本山です。
空海(弘法大師)によって796年に創建され、多数の重要文化財や国宝を有し、五重塔は京都のランドマーク的な存在です。
 (202917)

境内には梅園があり、ピンクと白の梅が可憐に咲いていました。
 (202918)

メジロが数匹来ていました。
可愛い鳴き声で、木から木へ飛び回っていました。
 (202919)

威風堂々とした姿の五重塔。
京の冬の旅で3月18日まで初層内部が公開されています。
五重塔は高さ約55メートルで、木造建築としては日本一の高さだそうです。
その心柱が大日如来と位置づけされており、
日本で最大級の大きさと言われています。
 (202920)

五重塔のそばに河津桜が咲いていました。
本数は少ないですが、五重塔とのコラボが楽しめます。
 (202924)

この日はほぼ満開で、密集した花で五重塔が見えないくらい咲いていて、とても綺麗でした。
 (202928)

河津桜は静岡の河津町で発見され、全国に拡がりました。
京都では淀水路や一条戻橋など、河津桜の楽しめる所がありますが、東寺もその一つ。
河津桜の本数は少ないですが、五重塔のそばにある木は元気で花数が多く、美しさもひときわでした。
 (202929)

金堂、講堂では、立体曼荼羅などの文化財を見学できます。
空海の世界を体感でき、そのスケールの大きさにいつも圧倒され感動します。
 (202930)

今回は早春の東寺を紹介しました。
不二桜やソメイヨシノの開花が進むと、より華やかになります。
3月19日から夜桜ライトアップが始まるようで、春の到来が楽しみですね。
近くへ行かれた際には、立ち寄られてはいかがでしょうか?

東寺 on YouTube

【京都 桜 Kyoto】東寺 河津桜🌸【そうだ京都行こう】

スポット情報

名称:東寺 教王護国寺
住所:京都市南区九条町1番地
拝観時間:9:00~17:00〈春季夜間特別公開時は18:30~21:30〉
関連ページ:https://toji.or.jp/
15 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

m.m m.m

オススメの記事

今注目の記事