2022年4月19日 更新

【京都桜2022】約200本の枝垂れ桜や春の花々が咲き誇る「原谷苑」【京都花めぐり】

京都の桃源郷とも言われる原谷苑。今年も満開の枝垂れ桜が見事に咲き誇りました。苑内の様子を紹介します(4日10日頃の様子です。)

京都の桃源郷 桜の楽園「原谷苑」

 (222118)

桜の楽園「原谷苑」。4000坪の敷地に、200本以上の枝垂れ桜と、花々が咲き誇ります。
原谷苑は、御室仁和寺より北に位置する洛北原谷にあります。当時不毛の土地と言われていたそうですが、戦後原谷開拓団の方より依頼を受けて、昭和32年から花好きの村岩氏(2代目)が、景色の良い丘を選び数百本の桜や紅葉、他数十種樹木を植樹したことが始まりだそうです。
開拓当初は身内のみでお花見をされていたそうですが、評判が広がり、一般公開されるようになりました。
今回は今春(4月10日頃)の様子と、公開情報、アクセスなどについて紹介します。

2022年桜まつり詳細・アクセスについて

 (222119)

【2022年桜まつり詳細】
開苑期間:~4月24日(日)予定
入苑時間:9:00~17:00(受付16:30迄)
入苑料:変動制

【原谷苑へのアクセスについて】
●タクシー
地下鉄北大路またはJR円町より約15分、金閣寺タクシー乗り場、わら天神前より約10分
●市バス M1号系統「原谷農協前」または「原谷」下車徒歩約2分
https://www2.city.kyoto.lg.jp/kotsu/busdia/keitou/kto/M001.htm#218
●無料シャトルバス(令和4年度)
※今後のご参考に
今春は、シャトルバスが4月13日運行されていたようです。
シャトルバスの乗り場は、「わら天神鳥居前」(市バス停留所とは別)原谷苑のプレートを持った方がおられました。9時始発、ピストン運転
原谷苑発は毎時10分30分50分(12時台は減便)
●マイカーでの来苑について
予約制で苑の駐車場が利用できます。詳しくは公式サイトにてご確認ください。
 (222120)

来苑した日の桜は満開!入苑料は最高額の1500円でした。シャトルバスは、天気によって運行を検討されるようです。晴れの日が続いた方が長く運行されるようで雨が降ると入苑者が減少するので、終了する年が多いそうです。運行日は公式HPに載っていますが、今回はHPの情報は期日が過ぎていて、電話で問い合わせした所、延長されていて、乗車することが出来ました。
 (222121)

西門から入苑してすぐの風景です。
百花繚乱、まさに桃源郷です。
桜だけでも十分綺麗ですが、ヤマブキと雪柳、ノムラモミジまであって、花園に来た気分です。
 (222148)

苑内地図です。
 (222123)

売店付近に苑内に咲く花について表示されています。
 (222126)

この日は桜が満開♪
少し桜吹雪の木もありましたが、葉が出だしている木は少なく、ほとんどの木がしっかりと花を咲かせていました。
 (222124)

原谷苑の魅力と言えば、桜と春の花々との共演。
桜以外に雪柳がかなり多い様に思えましたが、ヤマブキもたくさん咲いていました。かなり楽しめましたが、ここでは雪柳もヤマブキも主役級に綺麗でした。
 (222125)

ミツマタと桜の共演です。
ミツマタは樹皮が和紙の原料になる植物で、枝が三法に分かれることが名前の由来です。春には黄色い花を咲かせ、原谷苑では、国産の木と、中国産の木があるようです。
 (222127)

雪柳と桜に、青紅葉がありました。新緑のまばゆいくらいの綺麗な緑色が目に優しかったです。
 (222128)

回廊沿いに花々が咲き誇り、撮影する人、「きれいやね~」とか、「これはすごいわ」など、あまりの美しさに驚きながら鑑賞する人もおられました。
 (222129)

苑内にはベンチや休憩スペースが随所に設置されていて、利用できます。飲食の持ち込みは禁止ですが、苑内で販売されているお弁当(予約制)やお団子などは飲食可能です。
 (222130)

苑内ある御室桜です。
御室仁和寺の御室桜の見頃と原谷苑の枝垂れ桜の見頃はほぼ同じ時期になることが多いようです。場所も近い方なので、この日は原谷苑への後に、御室仁和寺へ立ち寄りました。
 (222131)

大きな山桃の木と桜です。
青空をバックに、素晴らしい風景が広がります。
苑内は見る場所場所で美しい風景が多く、高額の拝観料でも価値があると感じました。
 (222132)

ツツジがたくさん咲いていて、おそらくこちらは吉野ツツジです。ツツジとシャクナゲの交配種だそうで、苑内にはシャクナゲも咲いていました。
 (222133)

ツツジには珍しい黄色い花。こちらはヒカゲツツジのようですが、園内の花一覧表には黄色一色の画像でした。何か他の花との交配種かもしれませんが、苑内は珍しい花々も咲いていました。

今回は京都の桃源郷、原谷苑を紹介しました、枝垂れ桜は終盤のようですが、八重桜などの遅咲きの桜も楽しめるようです。機会があれば、立ち寄られてはいかがでしょうか?

原谷苑 on YouTube

満開の枝垂れ桜と花々、綺麗なところをひたすら撮りました。
良かったらご覧ください。

スポット情報

名称:原谷苑 はらだにえん
住所:京都市北区大北山原谷乾町36
関連ページ:http://haradanien.com/
25 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

m.m m.m

オススメの記事