2019年5月2日 更新

【完全版】野菜・背脂マシマシ!京都のがっつり「二郎系(インスパイア)まとめ」

すっかり京都でも人気を得た二郎系ラーメン。学生の多いの京都でもすっかり大人気となりました。その二郎系のラーメン店をまとめました!

極太麺にたっぷりの野菜、乳化のきいたスープ、こってりの背脂、ジャンキーなニンニクで人気の二郎系。京都にも二郎系のお店は多くありますのでご紹介します。
随時、追加していきます。

「ラーメン荘 夢を語れ」【一乗寺】

京都における二郎系ラーメンの火付け役とされる一乗寺の「ラーメン荘 夢を語れ」。平日でも開店前からの行列ができる人気店です。コールはしっかりと「ニンニクあり、野菜マシ、脂マシ」でお願いします(笑)
 (24144)

 (24145)

「ラーメン荘 夢を語れ」の感想

「ラーメン荘 地球規模で考えろ」【伏見駅】

同じくラーメン荘の「地球規模で考えろ」。場所は墨染と伏見駅のちょうど中間くらい、伏見郵便局の近くです。こちらも行列の途絶えない人気店。「夢を語れ」とは違い唐辛子がのっています。汁なしのまぜそばもおすすめです。
 (24151)

 (24152)

「ラーメン荘 地球規模で考えろ」の感想

「ラーメン 池田屋」【一乗寺】

「夢を語れ」と目と鼻の先、一乗寺の人気店「ラーメン 池田屋」。本家の二郎っぽい黄色の看板が目印。こってりだけど香ばしい風味が特徴。しっかり乳化がきいていてコクもたっぷり。学生にも人気のお店です。
 (24169)

 (92229)

「池田屋」の感想

「らーめん大」【深草】

龍谷大学近くの人気店「らーめん大」。本店は東京の葛飾区になります。スープは少しあっさりめで酸味があるのが特徴。しっかりした食べ応えのある極太麺はさすがの相性のよさ。割とべやすい仕上がりですが、野菜を増したときの量は半端ないです。
 (92230)

 (92231)

「らーめん大」の感想

「極太清流らーめん」【西大路】

二郎系とは少し違いますので番外編ということ。まだまだオープン間もない西大路の「極太清流らーめん」を。二郎系もビックリの麺の太さとボリューム感。この感覚を味わいとクセになります。中毒者多数の名古屋の人気店仕込みのらーめんです。
 (24198)

 (24199)

極太清流らーめんの感想

ラーメン二郎 京都店(一乗寺)

 (92233)

ついに本家の「ラーメン二郎」が京都のラーメン激戦区・一乗寺にやってきました。叡電の一乗寺駅、徒歩0分の場所ですね。
唯一無二のラーメン、それがラーメン二郎。京都はもちろん一乗寺に、夢を語れや池田屋といった二郎インスパイアもありますが、切磋琢磨してさらにその美味しさを磨いてほしいですね。
 (92234)

「ラーメン二郎 京都店」の感想

いかがでしたでしょうか。たまにはガッツリ二郎系ラーメンもいいですよね。結構なカロリーなので二郎系のご利用は計画的に(笑)

関連する記事 こんな記事も人気です♪

京都発!関西二郎系(インスパイア)の火付け役!「ラーメン荘 夢を語れ」【一乗寺】

京都発!関西二郎系(インスパイア)の火付け役!「ラーメン荘 夢を語れ」【一乗寺】

すっかり関西でも人気を得た二郎系ラーメン。その火付け役とされる一乗寺の「ラーメン荘 夢を語れ」へ行ってきました。
あのラーメン二郎が京都へやってくる!激戦区 一乗寺に4/2オープン!【注目】

あのラーメン二郎が京都へやってくる!激戦区 一乗寺に4/2オープン!【注目】

あのラーメン二郎がついに京都へやってきます!ラーメン激戦区の一乗寺に4月2日オープン予定です。楽しみでしかたありません!
超大盛り根性試し的二郎系ラーメン店「ラーメン 大 京都深草店」

超大盛り根性試し的二郎系ラーメン店「ラーメン 大 京都深草店」

やってきたのは、京阪藤森駅から師団街道沿いを北に徒歩5分ほどのラーメン店、大。もやしてんこ盛り、超大盛り根性試し的ラーメンで人気の二郎系ラーメン店なり。
煮干しが効いた食べやすい二郎インスパイア!同志社大学すぐ「中野屋にぼ次朗 今出川店」

煮干しが効いた食べやすい二郎インスパイア!同志社大学すぐ「中野屋にぼ次朗 今出川店」

烏丸今出川を西へ100メートルほど、室町との交差点にオープンした二郎インスパイアの「中野屋にぼ次朗 今出川店」です。たっぷりの野菜と極太麺をワシワシと食べてください!
【京都ラーメン聖地巡礼】今や京都ラーメン代表格!“こってり”の生みの親!!全国展開する店舗の総本山☆「天下一品総本店」【一乗寺】

【京都ラーメン聖地巡礼】今や京都ラーメン代表格!“こってり”の生みの親!!全国展開する店舗の総本山☆「天下一品総本店」【一乗寺】

全国展開している京都ラーメンチェーン店の代表格。世の中に“こってり”というラーメンジャンルを知らしめたパイオニア。京都ラーメン激戦区・一乗寺にある本店に行ってきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Kyotopi ラーメン部 Kyotopi ラーメン部