2017年8月27日 更新

京都で本家超え?!!ガッツリ二郎インスパイアの筆頭「池田屋」【ラーメン激戦区・一乗寺】

関西きってのラーメン激戦区、京都の左京区にある一乗寺。ラーメン店がしのぎを削っているエリアですが、その中でも連日行列が絶えない人気店「ラーメン池田屋」です。二郎インスパイア店も増えてきましたが、その中でも筆頭とされる人気店です。

関西きってのラーメン激戦区・一乗寺

 (2606)

関西きってのラーメン激戦区の一乗寺、その中でも有数の人気を誇るラーメン店「池田屋」です。二郎インスパイア店ですが、本家の二郎を超えているのではないかと言われるほど完成度の高いラーメンをだしてくれます。
ぼくは、結構なジロリアンで二郎三田本店、目黒店、神保町店など歴訪するくらい好きです。割と本気で二郎はラーメンは二郎っていうカテゴリーだと思っています(笑)
一乗寺のメインストリート、池田屋と書かれた黄色の看板が目印です!
 (92217)

赤いカウンター9席のみ、中毒性の高い池田屋のラーメンを求めて連日店頭には行列ができます。
 (92218)

池田屋も食券制。先に食券を買ってから並んでください。

メニューは、ラーメンと汁なしの2択です。サイズは、プチ(180g)、小3(300g)、中(400g)、大(500g)。初めての方はプチもしくは小をオススメします。それでもプチでも他店の大盛りほどの量です。

中毒性の高い池田屋のラーメン

 (92224)

ラーメン中、ニンニクあり、野菜と脂増しです。「ニンニク入れますか?」と聞かれますので、お好みで野菜や脂をリクエストしてください。もちろん減らすこともできます。
 (92225)

池田屋ファンの間では、神豚とも称されるチャーシューはこちら。
柔らかくてトロトロのチャーシューは本当に絶品です。
 (92227)

豚の旨味がたっぷり詰まった秀逸なスープ。
乳化も効いていて脂の旨味が際立ち、まろやか口当たりで醬油のコクがプラスされています。
大量の野菜、極太麺にマッチした最高のスープです。
 (92226)

二郎系の代名詞である極太麺。麺は自家製でムチムチで柔らかく小麦の風味がたっぷり!
旨味がたっぷりな濃厚スープやチャーシューにも引けを取らない力強い麺です。
ワシワシと一心不乱に食べてください。この麺の食感、ハマります!
 (2608)

プチラーメン(680円)麺の量は180gです。初めての方はこの量がおすすめです。
 (2609)

プチと小ラーメン(780円、麺300g、野菜増し)を並べてみましたが、いかがでしょうか(笑)

黒コショウがスパイシーな汁なしも絶品!

 (2612)

汁なし(800円)麺の量は300gです。世間的には。油そばやまぜそばってやつですね。その名の通り、しっかり混ぜてガッツリ食べてください!

凶暴なまでのビジュルアルのラーメンですが、しっかりと化学された美味しさはクセになります。
強さの塊のようなラーメンですが、その豪快さには裏には細部まで計算されつくしたバランスの良さが光ります。

はじめて二郎系のラーメンを食べたときは、本当に苦しくて美味しいと思えず、もう2度と来るかって思いました。ですが、なぜか1か月後に、なんだかもう一度食べてみようと気づいたらお店にいました。それからは、もう二郎系中毒で少なくとも2週に1回は行ってしまっています(笑) 

本当に好みの別れるラーメンではありますが、怖いものみたさに一度伺われていかがでしょうか。
どっぷりハマってしまうかもしれませんよ(笑)

池田屋へのクチコミ

池田屋 基本情報

店名:池田屋 一乗寺店
住所:京都市左京区高野玉岡町33-9
営業時間:11:30~14:00 / 18:00~24:00
定休日:無休(ただし臨時休業の場合twitterで告知)
関連ページ: https://twitter.com/ikedayakyoto
18 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン

オススメの記事

今注目の記事