2016年10月29日 更新

京都発!関西二郎系(インスパイア)の火付け役!「ラーメン荘 夢を語れ」【一乗寺】

すっかり関西でも人気を得た二郎系ラーメン。その火付け役とされる一乗寺の「ラーメン荘 夢を語れ」へ行ってきました。

二郎系の「ラーメン荘」は、京都ラーメンの聖地一乗寺からスタートし現在は京都のみならず関西へとその人気は広がっていきました。
今回は、その原点となる「ラーメン荘 夢を語れ」のご紹介です。当時の店主、西岡氏は渡米しボストンで挑戦中!すでにボストンでも大人気のお店となっているようです。

開店前から行列ができる人気店

 (23754)

平日の6時5分に到着。開店は18時ですが、すでに一巡目グループは入店しており、外には並びが。
さすが「京都ラーメンの聖地一乗寺」の人気店。平日といえど侮ってはいけません。
 (23755)

先に店内の券売機で食券を購入してから並ぶのがラーメン荘のルール。この日ももちろん大ラーメンを。
 (23756)

店内はカウンターのみの10席という構成。
水・おはし・れんげ・おしぼりはセルフになっているので、入店時にとってください。

一心不乱にわしわしと食べるべし

 (60611)

こちら豚ダブルで柔らかいチャーシューがてんこ盛りです。チャーシュー、麺、野菜が山盛りもプロ仕様です(笑)

慣れてきたら、一度チャレンジしてみてください。
 (23757)

着席して5分ほど、圧倒的なボリュームとビジュアルのラーメンが着丼。
ガッツリラーメンと一口にくくれないのほどのガッツリさです。

大ラーメンなので、麺の量は400g。普通のラーメン店の3玉ほどの量です(笑)

大にしたので、そこはバランスよく野菜と脂は並で。(なんのバランスやねん(笑))
 (23758)

この極太麺がクセになります。このボリューム感を覚えてしまうと、細麺じゃ物足りなさを感じてしまうほど(笑)
一心不乱にワシワシと食べるのが、ラーメン荘推奨の食べ方(笑)
 (23760)

分厚いチャーシューも見逃せません!これがまた柔らかくて美味しい!
ジューシーでしっとりした仕上がり。

実はこだわりチャーシューはテイクアウトできるので、自宅で二郎系が楽しめます(笑)
 (23759)

どうどう?美味しそうでしょ。

ただ、麺や野菜、脂もふくめて、見た目の通り結構なボリュームなので安易にチャーシュー大盛りの豚ラーメンをオーダーするのは危険です(笑)
しっかりとシミュレーションをして、豚ラーメンにのぞんでくださいね(笑)

よく行く「地球規模で考えろ」とは違い、「夢を語れ」では唐辛子がのっていませんでした。
まぁどちらも美味しいのでまったく問題ありません(笑)

さすが、原点とあってめっちゃ美味しかった。一乗寺でも人気なのも納得です。

まだ二郎系デビューしたことがない方も、怖いものみたさで一度試してください。
意外とハマってしまうかもしれませんよ(笑)

夢を語れの感想

夢を語れ 店舗概要

店名:ラーメン荘 夢を語れ

電話番号:075-724-5995

住所:京都市左京区一乗寺西杉ノ宮町48-1

営業時間:
火~土 11:30~14:30 / 18:00~24:00
日・祝 11:00~15:00 / 18:00~22:00

定休日:月曜日
23 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン

オススメの記事