2016年7月1日 更新

モチっと食感で抜群に美味しい水無月!京都で一番有名な水無月のお店「五建ういろ」

6月30日「夏越しの祓」と言えば「水無月」です。京都で一番有名な水無月のお店「五建ういろ」に行ってまいりました。

一年の折り返し「夏越しの祓」

 (41940)

今日は、6月30日。

1年の折り返しになるこの日、京都にある多くの神社では、「夏越しの祓」が行われます。

「夏越しの祓」とは、茅の輪をくぐることで、半年間の穢れを祓い、無病息災を願う行事です。
 (41941)

水無月と言えば・・

そして、夏越しの祓で頂くお菓子が、「水無月」です。

京都で最も有名な水無月のお店、 五建ういろへ行ってまいりました。

五建ういろは、安政2年(1855年)の老舗で、一子相伝による当時と同じ配合でういろをつくっていらっしゃるお店です。
 (41942)

水無月は三角形のういろの上に小豆がのったお菓子で、小豆の色は魔除け、白は清浄無垢、三角形は氷で、暑気払いの意味があるそうです。

昔は、天然の氷を氷室に貯え6月30日にこの氷を御所に献上していたそうですが、一般大衆は、氷が手に入らないので、このような氷になぞらえたお菓子が作られたそうです。


白と黒砂糖の水無月を買って帰りました。
 (41943)

<白>
もちもちっとした食感のういろうに、小豆の食感がいいですね。
 (41944)

<黒砂糖>
黒糖のコクと甘みがしっかりで、とっても美味しい♪


厳選された小豆、米粉、良質な小麦粉をブレンドして作られているういろの生地が、抜群に美味しかったです。

さすがは老舗のういろ専門店ですね。

あっという間の半年でしたが、これからの半年も美味しいものをいっぱい食べて、楽しく充実した毎日を送りたいと思います。

五建ういろ への口コミ

五建ういろ 店舗情報

店名:五建 ういろ 本店
住所:京都市東山区五条橋2丁目18番
電話番号:075-561-6101
営業時間:9:00~20:00
定休日:無休
店舗HP: http://www.gokenuiro.jp/
14 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都祇園】十日ゑびすだけのお楽しみ♪鍵甚良房(かぎじんよしふさ)のおいしくて縁起物の「えびす焼」

【京都祇園】十日ゑびすだけのお楽しみ♪鍵甚良房(かぎじんよしふさ)のおいしくて縁起物の「えびす焼」

以前ご紹介した、十日ゑびすの時期にしか買えない和菓子『えびす焼』を買い求めてきましたのでご紹介します。
創業百年以上の老舗氷店が手掛ける氷器のかき氷★極めたフルーティさ「ページワン」【祇園下河原】

創業百年以上の老舗氷店が手掛ける氷器のかき氷★極めたフルーティさ「ページワン」【祇園下河原】

明治16年創業の老舗氷屋「森田氷室本店」がプロデュースする器までこだわり抜いたかき氷。 古民家を活かしたモダンな空間で 五感から涼を頂きましょう。
【まとめ】6月30日は和菓子・水無月(みなづき)を食べる日!京都オススメの和菓子店【4店】

【まとめ】6月30日は和菓子・水無月(みなづき)を食べる日!京都オススメの和菓子店【4店】

京都では6月30日、夏越の祓(なごしのはらえ)に和菓子・水無月を食べる習慣があり、最近では全国的にもそれが広がっているようです。今回は京都オススメの美味しい水無月をまとめてみました。
【清水寺スグ】京都人が皆食す6月の和菓子といえば水無月!創業160年老舗の一子相伝の技☆「五建ういろ」

【清水寺スグ】京都人が皆食す6月の和菓子といえば水無月!創業160年老舗の一子相伝の技☆「五建ういろ」

もう6月に入りました。6月の和菓子といえば、水無月。京都では6月30日に水無月を食べる習慣があります。清水寺にほど近い老舗店の水無月を一足お先に頂きました。
【名物!】大粒栗を使ったこだわりの和菓子!「栗阿彌(りつあみ)四条祇園店」

【名物!】大粒栗を使ったこだわりの和菓子!「栗阿彌(りつあみ)四条祇園店」

本店は烏丸御池、手土産を買いに栗阿彌(りつあみ)さんに行ってきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

フードアナリストゆう フードアナリストゆう