2020年10月27日 更新

ノスタルディックな雰囲気の『村上開新堂』で可愛いロシアケーキをお土産にいかが?

ロシアケーキは名前に”ケーキ”と付きますが、クッキーより少しソフトな生地の焼き菓子です。とても可愛くて美味しいのでお土産にいかがですか?

お土産にも最適な『村上開新堂』

 (191946)

明治時代に創業された京都で1番古いとも言われる洋菓子店で、店構えからノスタルディックな雰囲気が漂っています。「閉まってる!?」と思うほど薄暗かったですが、タイムスリップしたかのような気分も味わえて楽しめます。
 (191948)

私が『村上開新堂』の名前を知ったのは、「暮らしの手帖」の編集長・松浦弥太郎さんの「日々の100」というエッセイがきっかけです。調べてみたら東京と京都にお店があり、親戚とのこと。
松浦弥太郎さんが載せていたのは東京のお店だと思いますが、そちらは紹介制でお値段もなかなかのハードル。京都のお店は名物クッキーは予約制ですが、有名なロシアケーキはどなたでも購入できます。
 (191951)

ロシアケーキ

 (191952)

ロシアケーキは名前に〝ケーキ〟とつきますが、クッキーより少しソフトな生地の焼き菓子だそうです。私は大好きなフロランタンと絶対食べたかったロシアケーキのレーズンを筆頭にアプリコット、ブドウジャムサンド、チョコを購入しました。サクサクしているものやしっとりしているものもあり、それぞれ食感が異なります。〝ソフトな生地〟と紹介されていたので全て柔らかいと思っていましたが、こんなにも違うなんて!どれも素朴で美味しくて、懐かしさを感じました。
 (191954)

フロランタンはサクサク、カリッとした食感が好きで、さらにこちらのはアーモンド ヌガーを使用されているのでまろやかな甘さ。
 (191956)

洋菓子店っぽくない袋もおしゃれ。喜んでもらえるお土産です。

詳細情報

 (191959)

店名:村上開新堂
住所:京都市中京区寺町通二条上ル東側
時間:10:00~18:00
定休日:日曜・祝日・第3月曜日
HP:http://www.murakami-kaishindo.jp/
17 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

まみの京都好奇心手帖 まみの京都好奇心手帖

オススメの記事