2017年10月31日 更新

【京都大原】京都市内屈指の食材の宝庫!ミシュラン星付き有名料理人も続々買いに来る!「里の駅大原」

地元大原でとれた新鮮の野菜や肉や卵、農産品など、京都市内では種類豊富に食材が並ぶ市場。朝早い時間には、全国的にも有名なミシュラン星付きの料理人も続々と買いに来る市場。季節の食材を求めて行ってきました。

休日の朝に新鮮食材を求めて

 (100793)

この日は雨の土曜日。久々に季節の食材を求めて、大原の里の駅へ。要は道の駅の里版。

日曜なら早朝6時から朝市やってるんですが、この日は開催日でもないし、すでに10時過ぎてましたから。
 (100794)

この日は台風も迫り、露店も少なめ。
 (100795)

 (100796)

でも、ここでしか味わえない赤い甘酒と関西人なら大歓喜する粕汁が。これは外せない!
 (100813)

日本酒通にはおなじみの伊根町にある「伊根満開」の蔵元、向井酒造のご親戚のお店。なので、あの独特の赤米酒粕があるというわけ。
 (100814)

あのあたりはへしこも有名です。こちらで販売。
 (100815)

粕汁と赤い甘酒を。粕汁、今シーズン初実食。うめぇ~!甘酒はちょっとワインのような酸味もほのかにあり、加糖して飲みやすくされてました。
 (100798)

で、食材物色に旬菜市場へ。旬の野菜がいろいろ並んでます。朝早い時間には、全国的にも有名なミシュラン星付きの料理人もこぞって食材を買いに来る、大原産の旬の新鮮な食材の宝庫。
 (100797)

初めて見ます。『フェイジョア』という果物。もともとはニュージーランドで栽培。果実酒にいいらしい。
 (100799)

そろそろおでんシーズン。聖護院大根。漬物にも使われますが、有名な千枚漬けには聖護院かぶら。この時はありませんでした。大根だけ。
 (100800)

もうそんな時期ですね。金時人参。お雑煮やおせち料理に欠かせないアイテム。
 (100802)

こちらもおせち料理によく使われる海老いも。こんな状態のやつ初めて見たかも(笑)
 (100803)

ハーブ類も豊富に。
 (100804)

パンも意外と充実してて、とくにロールパンサンドはボリュームあってリーズナブル。
 (100805)

太ッ!京野菜の堀川ゴボウ。
 (100806)

栗おいしそう!お赤飯。
 (100807)

大原といえば、しそが特産。定番のしそジュース。
 (100808)

そして、ド定番のしば漬け。
 (100809)

このお弁当もいいなぁ~地元食材が詰まったもの。黒米ご飯。
 (100810)

地卵も特産ですね。それでこしらえたプリン。
 (100811)

マニアックやなぁ。漢方薬としても使われる霊芝。
 (100812)

しそ、よもぎ、とち餅の大福。バリエーション豊富。
 (100816)

で、いろいろ買ってみました。色つき野菜中心に(笑)
 (100817)

プリンも。ちょっと控えめなネーミング(笑)でも、原材料表示みたら鶏卵がたっぷり入ってます。鶏卵全力推しのプリン。
 (100818)

で、色濃いめで食べると濃厚な味わい。卵がたっぷり入って旨味がすごい。ちょっと贅沢なプリン。

季節に応じていろんなプロ仕様な食材もあり、買い物が楽しくなる市場。有名料理店でも出てくる食材がご家庭で楽しめます。お試しあれ。

ヨ~イヤサ~♪

里の駅大原 への口コミ

里の駅大原 基本情報

住所
里の駅大原住所京都府京都市左京区大原野村町1012
電話番号
075-744-4321
営業時間
ふれあい朝市 6:00〜9:00(日曜日のみ開催)
花むらさき  9:00〜17:00(平日、土曜祝日)
       7:00〜17:00(日曜日)
旬菜市場   9:00〜17:00
定休日
月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
関連URL
http://www.satonoeki-ohara.com/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな