2018年3月23日 更新

文化財の元銀行を活用した「前田珈琲 文博店」ブランチにも◎、ボリューム満点限定モーニング

文化財に指定されている近代建築『京都市立文化博物館』にある「前田珈琲 文博店」。モーニングは12時までとブランチにも相応しいボリュームモーニング。ロイヤルな雰囲気に浸りながら優雅に過ごす午前のひと時はいかがでしょうか?

クラシカルな前田珈琲

 (87212)

京都を代表する近代建築の一つである京都文化博物館。
赤い煉瓦造りの巨大な建物は存在感大。
最寄り駅は、地下鉄 烏丸御池。
 (90631)

東京駅をプロデュースした辰野金吾設計の近代建築は重厚感のある煉瓦造り。
 (90470)

こちらはもと京都銀行の出張所で現代は京都市立文化博物館として運用。旧館の隣にある新館をカフェとして利用しており、戦前のハイカラな雰囲気をそのままに感じられる設計。
 (90623)

中庭をのぞむエントランスは終始開け放たれ、窓は無くとも店内には自然光が降り注ぎます。

他にはない重厚な店内

 (90629)

外観同様、店内も重厚な雰囲気漂うクラシカルな空間。
深いダークブラウンのソファー席、赤い椅子のお席、センターには大きなテーブルが配されています。
 (90626)

高級感ある調度品を配し、
高い天井にまん丸フォルムの特徴的な証明が優しく灯ります。
 (90633)

中は広くはないですが、天井が高いため窮屈感は感じられません。

他の店舗と比べてもこちらが一番優雅な空間になっています。
 (90634)

棚には前田コーヒーオリジナルのグッズやテイクアウト可能の焼き菓子がディスプレイされています。

モーニングは正午までOK

 (90632)

限定モーニング ¥730

限定モーニング ¥730

前田珈琲フェチもうなる
5枚切りトーストをつかったボリューム満点のホットサンド。
前田流の渦だかいふわふわコールスローに、ポテトサラダがワンスクープ。
仕上げにトマトをあしらったパワフルなプレート。

ボリューミーなホットサンド

 (90625)

選べるドレッシングは前田珈琲オリジナル。
こっくりしたゴマとフルーティな野菜ドレッシング。
自分好みに使えるのも嬉しい。
 (90624)

表面をこんがり焼いたサンドの中身はロースハムに卵、レタス。
ジューシーなハムと優しい玉子にマヨネーズとシンプルだからこそ素材の良さが伝わるサンド。
コーヒー

コーヒー

コーヒーは松之助をチョイス。

お味はコクとキレのある深入りタイプ。かなり濃い目の、ガツンくると苦味は朝のお目覚めにはいい感じ。
 (90469)

重厚かつここの店舗でしか味わえない空間美は特別な付加価値あり。
イベント期間をのぞいた平日はお客様も疎らで旧金庫の雰囲気を存分に楽しめそう。
限定モーニングでリッチなブランチタイムを過ごしましょう。

前田珈琲 文博店 クチコミでの評判

前田珈琲 文博店 店舗情報

名称:前田珈琲 文博店
住所:京都市中京区高倉通り三条上る東片町623-1 京都文化博物館別館内1F
電話番号:075-255-1221
営業時間:10:00〜19:30(L.O.19:00)
定休日:月曜日(月曜祝日の場合は翌日定休)、京都文化博物館別館休館日
関連ページ: http://www.maedacoffee.com/?page_id=647

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

cafequeen cafequeen