2016年9月2日 更新

【三条新京極】京都の酒蔵も登場!のんべえ必見!!見終わった後は酒屋に直行☆映画「カンパイ!世界が恋する日本酒 」【ムービックス京都】

日本酒ファン待望の映画「カンパイ!世界が恋する日本酒」が先週からムービックス京都で絶賛上映中。そして、京都の酒蔵も登場すると聞きつけて、これはkyotopi案件だな。ということで、行ってきました(笑)

8月27日からムービックス京都で絶賛上映中

 (52883)

この日は映画の日。前日レディースデイで「シン・ゴジラ」観て、連日で(笑)ま、そんな情報盛り込むな、という話ですが。
 (52884)

地元民にはおなじみの新京極商店街内にあるムービックス京都。
 (52885)

予め、ネットで予約して。まあ、わりと空いてました。
 (52886)

近々、築地をテーマにしたドキュメンタリー映画やるみたいですね。今、話題ですからね。これもまた気になるところ。

映画にも登場!イギリス人杜氏さんのいる木下酒造

 (52888)

ネタバレになってしまうのであまり詳しくは書きませんが、京丹後市・久美浜にある木下酒造さんにスポットが当てられていました。

現在こちらの杜氏を務めるフィリップ・ハーパー氏はイギリス人。別な理由で日本にやってきて、ひょんなことで日本酒に魅せられて始めた厳しい杜氏修行の末、廃業寸前だった木下酒造へ。そこから始まる新しい風が、今の日本酒ブームけん引につながっていく。

他にも南部美人の蔵元や、海外での日本酒ブームの広がりを映画では紹介。
 (52887)

当然映画を見終わった後は、映画にも登場していた木下酒造のお酒を飲んでみたくなるわけですが(笑)

なんか、あとで調べると販売店として高島屋が挙がっていたので、また後日物色するとして。

こちらは、知り合いの日本酒名人の方から拝借した画像(笑)木下酒造自慢の銘酒「玉川」。蔵元さんに行かれた時に、いろいろ試飲させてもらったそうです。うらやましいかぎり。映画観ると、蔵元さんへ行ってみたくなりますよ。地元民としては、地元のお酒を応援したいですよね!

ヨ~イヤサ~♪

カンパイ!世界が恋する日本酒  への口コミ

ムービックス京都 基本情報

住所:京都府京都市 中京区新京極通三条下る桜之町400
電話番号:075-254-3215
関連サイト:ムービック京都→http://www.smt-cinema.com/site/kyoto/
      木下酒造→http://www.sake-tamagawa.com/index.html

    
13 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【伝統芸能】江戸浄瑠璃の一派!粋でいなせな新内節!!新内弥栄派「藤といやさかの会」

【伝統芸能】江戸浄瑠璃の一派!粋でいなせな新内節!!新内弥栄派「藤といやさかの会」

いろんな伝統芸能のある京都。その中でも発祥は江戸の『新内』。知り合いの新内弥栄派家元・新内枝幸太夫の演舞鑑賞してきました。
【京都酒蔵めぐり】京丹後・久美浜の銘酒『玉川』☆映画の舞台にもなった蔵元☆「木下酒造」

【京都酒蔵めぐり】京丹後・久美浜の銘酒『玉川』☆映画の舞台にもなった蔵元☆「木下酒造」

海の京都としておなじみの京丹後市・久美浜。映画「カンパイ!世界が恋する日本酒 」でも紹介され、全国的にも有名になったイギリス人杜氏いる酒蔵。夏終盤に季節の地酒を買いに行ってきました。
【京都酒場めぐり】京都市役所北の隠れ家日本酒バー!美人女将のくつろぎ空間☆「和酒美ずき」

【京都酒場めぐり】京都市役所北の隠れ家日本酒バー!美人女将のくつろぎ空間☆「和酒美ずき」

京都市役所北にあるビル奥にある隠れ家的日本酒バー。外観とは裏腹に坪庭を望む落ち着いた空間。ステキな有名美人女将がくつろいだ雰囲気を演出。
【京都日本酒紀行】自慢の料理と京の銘酒めぐり!ウェスティン都ホテル京都主催「地酒フェスタ」に行ってきました☆

【京都日本酒紀行】自慢の料理と京の銘酒めぐり!ウェスティン都ホテル京都主催「地酒フェスタ」に行ってきました☆

6月3日開催され、今回で第9回を迎えたウェスティン都ホテル京都主催の人気イベント。ホテル自慢の料理とともに、京都の酒蔵が一堂に会し、普段なかなか味わえない京都府下の日本酒も味わえる絶好のイベント。行ってきました。
【京都イベント】5月20日開催「BIO-ICHI(ビオイチ)」地産地消のからだが喜ぶマルシェ行ってきました!

【京都イベント】5月20日開催「BIO-ICHI(ビオイチ)」地産地消のからだが喜ぶマルシェ行ってきました!

5月19~20日、三条駅前で開催されたイベント。「オーガニック」「安心製法」「地産地消」をキーワードに、こころとからだがおいしいマルシェが三条駅前で開催。行ってきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな