2019年10月22日 更新

激戦区 "三条木屋町" エリアに注目の清湯ラーメン店「麺匠 一粒万倍」がオープン!

意外とラーメン店の多い京都。その中でも激戦区と呼ばれる三条木屋町エリアに注目のラーメン店「麺匠 一粒万倍」がオープン!美味しい上に使い勝手もバツグン、オススメです。

美味しくて使い勝手もバツグン!

 (167269)

三条近く木屋町、河原町の間あたりに東京出身の注目ラーメン店がオープン。
その名も「麺匠 一粒万倍(いちりゅうまんばい)」
清湯ベースの美味しいラーメンが食べられると早速話題に!

少し変わった感じの店名...その由来「一粒万倍(いちりゅうまんばい)」とは、一粒のが籾(もみ)が何万にも実る稲穂になるという縁起のいい言葉からきているそうです。
 (167270)

入って、すぎ左手に券売機がありますので、まずはそちらで食券を購入。
メニューは、らぁ麺(醤油・塩)、つけ麺、まぜそばの3種類。

サイドメニューは唐揚げや餃子などはなく、ごはんくらいです。
 (167272)

新店なので、もちろん店内はきれい。
カウンター席とテーブル席があるので、グループからお一人様でも使えます。

また通しで深夜まで営業されているので、使い勝手もよし。
 (167273)

食券をスタッフさんに渡して、しばし待ちましょう。
お席には、お店のこだわりが書かれています。
 (167281)

今回は、特製らぁ麺(1,000円)に。ノーマルだと800円。
特製はチャーシューが増量の上、玉子がトッピング。
三つ葉と穂先メンマが特徴的ですね。
 (167278)

関東で有名な「菅野製麺所」の全粒粉と含んだ麺を使用。

麺はプリっとした食感を残しつつも、歯切れの良さと小麦の風味が際立ちます。
のど越しの良さもいいです。上品なスープとの相性も言うことなし。
 (167280)

透き通った清湯スープ、見るからに美しい仕上がり。
上品な醤油の香りが、ふわりと広がります。
ブランド鶏の大山どりをふんだん使ったスープは旨味十分。
 (167275)

チャーシューは2種。
豚肩ロースを低温料理でしっとりレアに。
 (167285)

鶏むね肉も柔らかくしっとりと。
豚と鶏むね肉チャーシューの食べ比べですが、甲乙つけがたい完成度の高さ。
個人的には鶏肉の少しだけ好きかなぁ。
 (167279)

味がしゅんだ煮卵も欠かせません。
黄身はご覧の通り、とろっとした感じ。
 (167282)

お冷だけではなく、セルフですがレモン水とほうじ茶があり。
テーブルにレモン水のポットもあります。
こういう気遣いがうれしくもあり。

立地もよく営業時間も長い、あっさりしながらも旨味が深い美味しいラーメン、ふと思い出していきそう気がします。

クチコミでの評判

基本情報

店名:麺匠 一粒万倍
住所:京都市中京区大黒町71 ワールド会館 1F
営業時間:
日~木 11:00~ 翌3:00
金・土 11:00~ 翌5:00
定休日:無休
電話番号:075-741-6778
関連ページ:https://www.instagram.com/mensyo_ichiryumanbai/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン