2020年10月29日 更新

【京都カフェ】ほっこりする焼き菓子と温かい雰囲気のカフェ「歩粉 hoco」

東京恵比寿の人気カフェhocoが、充電後に京都で再オープン。10月でオープン2周年を迎えられたカフェ。温かみのある店内で、ほっこりと笑顔になる焼き菓子がいただけます。コロナ禍の影響で予約制のカフェとして営業されています。レシピ本も出版されているオーナーのデザートは絶品です。

素材にこだわった焼き菓子が楽しめるカフェ『hoco』

 (194982)

大徳寺近くの住宅地にある人気のカフェ「歩粉 hoco」
赤い壁がおしゃれな店内を連想させます。
コロナ禍の影響で、カフェはお休みされていましたが、9月より予約制で再開されています。現在は月の前半は焼き菓子通販の対応、月の後半はカフェ営業されています。(営業日は公式HPに掲載)

10月の営業日は10月22日〜25日, 29日〜11月1日です。
インスタグラムの予約専用アカウントで予約して、立ち寄ってきました♪

@hoco_yoyaku
https://instagram.com/hoco_yoyaku?igshid=1wgsx0jr33x32
 (194984)

「歩粉hoco」という名前は、粉や素材たちが形を変えて美味しいものに変わり、食べた人の気持ちもまあるく前を歩いていけたらいいなという気持ちから、名付けられたそうです。
店内にはそんな気持ちの詰まったデザートと、空間のあるカフェだと思います。
 (194986)

白を基調にした優しい雰囲気の店内。来店にはコロナ禍に対応したお願いごとがありますが、来店する人や店員さん、皆さんが気持ちよく利用できるように考えられたという想いがが伝わります。
 (194989)

この日は女性3人で切り盛りされていました。キッチン前の棚もおしゃれ♪
インテリアで店内の雰囲気が変わりますよね。
 (194990)

店内にあったメニューです。
当面の間はデザートセットSのみだそうです。
 (194991)

デザートセットS 1900円(税別)
コーヒーまたは紅茶付き。
北海道産栗カボチャと黒糖のケーキ、くずもち(あんずとあんこ添え)、スコーン(ホイップクリーム、自家製リンゴジャムとはちみつ添え) 
ケーキは毎月変わるようです。
10月はかぼちゃバターケーキのようですよ。
 (194992)

どれからいただこうか?迷いましたが、温かいので、スコーンから召し上がってください。と声をかけてくれました。絶品との噂のスコーンに、一口目はホイップクリームを添えて。外はサクサク、中は温かくてしっとりしていて、もう一つ欲しくなる美味しさ。
かぼちゃのチーズケーキは、ほんのりシナモン味。しっとりしていて濃厚で美味。
もちもち、プルプルのくずもちは、豆乳と生クリームで作られていて、酸味たっぷりのあんずのコンポートとあっさりしたあんこ添えて味変を楽しみました。
メインはもちろん美味しいんですが、添えられているものまでクオリティ高すぎで、そのままでも美味しかったです。
 (195031)

店内では焼き菓子も販売されていました。
 (194994)

静岡産の紅茶も販売されていましたよ。

コロナ禍でも工夫して営業してくださってるカフェ。
スイーツでほっこりしたい方は、予約して立ち寄られてはいかがでしょうか?

店舗情報

店舗名:歩粉 hoco
住所:京都市北区紫竹西南町18番地
電話番号:075-495-7305
営業時間:10:00-18:00(LO-17:00)
関連ページ:https://www.hocoweb.com
予約専用インスタグラム @hoco_yoyaku
https://instagram.com/hoco_yoyaku?igshid=1wgsx0jr33x32
13 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

m.m m.m

オススメの記事

今注目の記事