2018年9月26日 更新

※閉店 熱々鉄板焼きの臨場感!両面焼きのカリカリ食感!!中央卸売市場スグ「ラッキー餃子センター」

※残念ながら閉店しました。 七条通り沿い、京都中央卸売市場より西にある、鉄板焼きの餃子専門店。今回はランチでお邪魔しました。

熱々カリカリの臨場感!鉄板焼き餃子

 (134283)

休日。この界隈でランチしようと前々から気になっていたこちらへ。
七条通り、京都中央卸売市場から少し西へ。すると、看板からして餃子のお店なんだな、とわかる店名。
 (134284)

こちらのウリは鉄板で焼きながら食べられる餃子。それを目当てにやってきました。
 (134291)

 (134290)

店内はわりと広め。大衆中華料理店といった雰囲気ですが、全てが鉄板付のテーブルになっているので、お好み焼き店にも見えたり(笑)
 (134285)

この日はランチ利用で、こんなお得でバリエーション豊富なメニューもあったんですが。
 (134293)

今回は鉄板焼きの餃子を求めてきたので、こちらのメニューで。餃子は1人前290円。他にも生姜餃子や揚げ、スープ、蒸し餃子など種類豊富。単品メニュー、炒め物や炒飯、麺類もあり。
 (134294)

この9人前を鉄板に埋め尽くして焼く、一面焼きにしようか迷いつつ、結局ラッキー7の餃子ということで7人前を注文。他、単品もろもろも。
 (134286)

後からわかりましたが、わりと辛い料理がお得意みたいで、四川風が多かったですね。
 (134288)

食べ方、その4まであります。さらに『秘密のタレ』も加えると、その5まで。いろんな楽しみ方ができます。
 (134289)

卓上には餃子のタレ、味噌ダレ、ラー油など。いろんな味にカスタマイズできます。
 (134295)

メニューで気になった餃子アイス。もしや、餃子の皮に包まれてるのか?と聞いてみると、バニラアイスに揚げた餃子の皮がトッピングされてるんだとか。
 (134296)

まずは単品で注文したよだれ鶏750円。
けっこうなボリューム。骨付きの蒸し鶏に辛味噌ダレがかかり、白ネギ、パクチー、青ネギが天盛り。わりと水が欲しくなるほどの辛さながら、ビールによく合いそう。
 (134298)

手羽先からあげ3本450円。自家製秘伝のタレで食べる人気メニュー。
 (134303)

タレは甘味と酸味のバランスいい、さっぱりと食べられる味わい。
 (134300)

鉄板炒飯600円。
普段なら卓上の鉄板で焼くのかもしれませんが、餃子で埋まってしまい、調理場で炒めたものが出てきました。パラパラの炒飯。
 (134310)

で、最初から最後まで鉄板で餃子を焼くのかと思ったら、片面だけ厨房で焼いた餃子が登場。すぐさま、鉄板に移されます。
 (134299)

で、7人前でラッキー7餃子。これで両面焼きに。
 (134302)

わりと小ぶりの餃子ながら、皮はとにかくパリパリで、それがこの餃子の美味しさの肝。
 (134301)

こちらは餃子のタレ+ラー油で。具材の野菜の甘みが強く、そして皮パリパリ。熱々でハフハフしながらいただく。
 (134297)

途中、秘伝のタレで。辛みそですね。よだれ鶏にかかっていたタレとちょっと味が似てました。
パーティー感覚で大勢で鉄板突くのがいいですね。とくに皮好きにオススメです。

ヨ~イヤサ~♪

ラッキー餃子センター への口コミ

詳細情報

店名:ラッキー餃子センター
住所:京都市下京区朱雀北ノ口町43-2 1F
電話番号:075-874-3092
営業時間:[月〜金]12:00〜15:30(L.O) 17:30〜21:30(L.O)
     [土・日・祝]12:00〜21:30(L.O)
定休日:無休
26 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな