2020年9月10日 更新

【京都居酒屋】名物シチューと京の味覚を堪能『うしのほね あなざ』

以前、川床にお邪魔したうしのほねさん。今回は系列店舗の烏丸御池に位置する〝うしのほね あなざ〟に訪問。クオリティの高いお料理の数々を楽しんできました。

三条通、富小路をちょっと西へ

 (190379)

場所は、三条通り、マップで調べながら歩いていないと思わず通り過ぎてしまうほど街に溶け込んでいます。
 (190380)

 (190389)

古民家を改装した造りでしょうか?京都らしいお店の間口は狭く、でも中は広々としていました。ちょうどお客様の多い時間で写真が撮れなかったのですが入って手前はテーブル席、奥は調理場を囲むようにカウンター席がありました。
今回はカウンターへ案内していただきました。
 (190381)

コロナ対策もばっちり。
席にはアルコールスプレーが常備。

選ぶのも楽しい、豊富なメニュー

 (190383)

 (190384)

おばんざいの種類もたくさん、好きなものを選べる盛り合わせがおすすめ。
選べるお造り盛りもできます!
 (190385)

炭火焼、ご飯ものもこれもまた豊富!
 (190386)

アラカルトだってたくさんあります♡いろいろ食べながらゆっくりと飲むのも良さそうですね。

丁寧に造られた見た目も美しいお料理

 (190388)

夏らしいさっぱりとした、炙り鳥たたきをつまみにお料理を待ちます。
カウンターからはお料理が作られていく様子を見ることができるので、それを眺めているものたのしかったです。
 (190390)

おばんざい5種盛り。
こちらはおすすめおばんざいから5つ選べるのが嬉しいポイント。
女性はいろんなものを少しずつ食べたい方も多いのでぴったりのメニュー!
もちろん女性だけでなく、お酒好きな男性もこちらを楽しみながらメイン料理を待つのもよし。
 (190391)

お造り3種盛り。
こちらも食べたいお造りを伝えて盛って頂くもの。夏らしい鱧も惹かれましたが、うに、鯛、間八を注文。
盛り付けもとても美しい。
コリコリとした食感の鯛に、とろける甘さのウニ、ハリのある身がおいし間八。美味しかったです。
 (190392)

とうもろこしのかき揚げ
想像していたのは軽めのサクサクとしたかき揚げ。ですが少し様子が違う、、、どちらかというともっちりちくわ揚げ?のような感じです。旬のとうもろこしは甘く、食べると口の中で弾ける食感も美味しかったです。
 (190393)

 (190394)

メインはうしのほねのシチュー
うしのほねにきたからにはこちらは必須でしょう!濃厚なシチューにほろほろに煮込まれたお肉がごろごろと。見た目は小さく感じますが食べると結構お腹いっぱいになる満足感。そのまま食べてもよし、付け合わせのパンをつけて頂くもよし♡

いろんなものを少しずつ愉しみたい方にもおすすめです。是非皆さんも行ってみてくださいね♩

店舗情報

『うしのほね あなざ』
◼️住所
京都府京都市中京区三条通柳馬場東入ル中之町15-1
◼️お問い合わせ
075-273-2822
◼️営業時間
17:00〜24:00
◼️定休日
なし

20 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ぐるまぁちゃん ぐるまぁちゃん