2022年6月22日 更新

【京都パン】朝から行列のできる人気店☆店イチ推しカンパーニュ必食「吉田パン工房」

おおきに~豆はなどす☆今回は左京区松ヶ崎にある、主に卸売販売を専門とする人気ベーカリー。金土日限定で実店舗営業もされ、朝から行列の人気ぶり。

行列をつくる人気ベーカリー

 (225194)

 (225195)

左京区松ヶ崎。ここに朝から行列をつくる人気ベーカリー『吉田パン工房』があります。もともと京都の有名ホテルやレストランを中心に卸売販売するお店でしたが、週末だけはこちらの店舗でも販売されていて、パン通の間では有名なお店。
 (225196)

この日は朝活の途中で、美味しいパンが久々に食べたくなり、朝9時半ごろでしたが御覧の行列。店内1組ずつの入店ということもありましたが、相変わらずの人気です。
 (225197)

 (225198)

この日はまだ午前中の早い時間帯ということもあってか、店内のショウケースには恐らくこの日の全種類のパンがそろっていました。これが午後ともなると品切れのものもあったり。

でも、後で聞くと電話でパンの予約もできるそうです。確実に買いたい方はぜひ予約してみてください。
 (225199)

以前、午後に伺った時には品切れだった店イチ推しのカンパーニュ。この日はたくさん並んでいました。ホール、ハーフ、クオーターの3段階サイズで購入可能。
 (225200)

食パンはまだ焼き上がり間もないようで、カットしてない状態で並んでいました。希望に応じてお店でカットしてくれます。
 (225201)

今まで購入したことがなかったクロワッサン。こんな感じ。

で、今回もワンパターンといえばワンパターンなのですが、個人的好みからいつも生地をダイレクトに味わえるシンプルなパンを選びがちに。
 (225202)

今回はこの3種。
カンパーニュのハーフ920円、食パン330円、クロワッサン250円。
 (225203)

カンパーニュ、ハーフとはいえかなりデカいです。もしかしたら、他所のお店だとホールサイズで販売してるかもしれないくらい。こちらのカンパーニュはフランス産の石臼挽き粉とレーズン酵母主体の種から発酵させ、そのままレーズンを生地に練りこんであるそうです。けっこうしっかりとした焼き目が美味しそうです。
 (225204)

 (225205)

とある日の昼食に、テーブルパンとしていただきました。ふんわりとレーズンの風味がして、生地のモチモチぶり、その弾力ぶりがとても特徴的。わりと気泡があり、十二分にじっくり発酵させている、ということなんでしょうかね。噛みしめるごとに、表面の香ばしい風味と奥深いコク、しっとり感がとても美味しいカンパーニュ。
 (225206)

 (225207)

クロワッサンはナカツカファームの無農薬全粒粉を30パーセントとよつばバターを使用。全粒粉のさっくりとした香ばしい味わいと食感。とても素朴で食べやすいクロワッサン。
 (225208)

 (225209)

さらに食パンは休日の朝食としてトーストで。

表面はカリッカリで小麦の風味も感じられ、中はしっとりモチモチの柔らかさ。この表面と中の食感のギャップがクセになる美味しさ。吸水を高くしていることから、この独特の味わいをかもしています。さすが、有名レストランやホテルで愛される人気パン。オススメです!

ヨ~イヤサ~♪

詳細情報

名称:吉田パン工房
住所:京都市左京区松ケ崎雲路町2-2 アルカディア松ケ崎 1F
電話番号:075-712-7233
営業時間:8:30~14:00
定休日:月曜日・火曜日・水曜日・木曜日
関連サイト:https://www.facebook.com/yoshidapankyoto/
20 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪ 豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪

オススメの記事