2018年10月24日 更新

【京都史跡めぐり】懐石料理『松花堂弁当』の由来はここから!石清水八幡宮の僧侶の草庵☆「松花堂跡」

京都府八幡市にある石清水八幡宮の境内にある史跡。かつて社僧が構えた草庵の跡地。日本料理の松花堂弁当の由来となった場所。

『松花堂弁当』の由来となった草庵跡

 (136587)

八幡市にある石清水八幡宮。その境内。
表参道から影清塚の分岐点を右に上がり、石清水社へと向かう途中にある史跡。
 (136588)

「松花堂およびその跡」と書かれています。

 (136589)

正式には「泉坊跡」。泉坊とは宿坊のこと。
江戸時代初期、石清水八幡宮の社僧・松花堂昭乗(1584~1639)が営んだ「松花堂」という方丈の建っていた宿坊跡地。

瀧本坊の住職であった松花堂昭乗は寛永11(1634)年以前に弟子に坊を譲り、泉坊に移って隠棲し寛永14(1637)年には泉坊の一角に方丈の草庵を結び「松花堂」と称したことから松花堂昭乗と呼ばれるように。
 (136592)

こちらがその宿坊の中の茶室「松花堂」跡。
 (136590)

もしや、これが松花堂弁当の由来か!と、この正方形にだまされてしまいそうですが、ちがいます(笑)

 (136600)

松花堂弁当(しょうかどうべんとう)はよく日本料理に登場するお弁当で、中に十字形の仕切りがあり、縁の高いかぶせ蓋のある弁当箱を用いた弁当のことを言います。こんなやつ。
 (136591)

松花堂昭乗は、農家が種入れとして使っていた器をヒントにこの形の器を作り、絵具箱や煙草盆として活用。

それから数百年後の1933年ごろ、茶人・貴志彌右衛門の茶室「松花堂」で茶事が催された折、日本屈指の名料亭「吉兆」の創始者・湯木貞一に、この器で茶懐石の弁当をつくるようにと命じたのがはじまりで、以来松花堂弁当という名が定着した、と言われています。

松花堂弁当の名前の由来がこんなところにあったとは、驚きですね。

松花堂跡 へのツイート

詳細情報

住所:京都府八幡市八幡高坊
詳細サイト:http://www.iwashimizu.or.jp/about/keidai.html
13 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都ランチめぐり】石清水八幡宮門前のテレビや雑誌でも紹介される名店!名物鯖寿司は必食☆「朝日屋」

【京都ランチめぐり】石清水八幡宮門前のテレビや雑誌でも紹介される名店!名物鯖寿司は必食☆「朝日屋」

京阪八幡市駅前にある創業100年以上の老舗。名物メニュー・鯖寿司はたびたびテレビや雑誌でも紹介されるほど。ランチで利用しました。
【京都神社めぐり】日本三大八幡宮の一つ!山登り感覚で参拝☆「石清水八幡宮」

【京都神社めぐり】日本三大八幡宮の一つ!山登り感覚で参拝☆「石清水八幡宮」

京都府八幡市にある神社。日本三大八幡宮の一つとして数えられ、本殿を含む建造物10棟が国宝に指定。ケーブルカーもあるが、今回は男山を徒歩で登り参拝。
ミシュラン3つ星を毎年獲得されている日本を代表する料亭「京都吉兆」で最高の日本料理を堪能♡

ミシュラン3つ星を毎年獲得されている日本を代表する料亭「京都吉兆」で最高の日本料理を堪能♡

先日、京都吉兆 嵐山本店へ行ってまいりました!茶懐石を基本とし、季節の素材を吟味し、器を選び、又、盛り付けにまでこだわったお料理が楽しめるミシュランガイド京都大阪で毎年3つ星を獲得されている日本を代表する料亭です。
【京都和食めぐり】創業当初から変わらぬ穴場の高コスパ懐石!破格3900円秋の味覚必食「京料理かじ」

【京都和食めぐり】創業当初から変わらぬ穴場の高コスパ懐石!破格3900円秋の味覚必食「京料理かじ」

京都府庁前にある京料理の名店。創業当初から高コスパの懐石を提供し、そのスタイルは今も変わらず健在。久々に夜うかがいました。
【京都古墳めぐり】古代ロマン!京都府最大級!!総計150基もある古墳群をぶらり☆「久津川古墳群」

【京都古墳めぐり】古代ロマン!京都府最大級!!総計150基もある古墳群をぶらり☆「久津川古墳群」

京都府城陽市にある古墳群。一部が国の史跡にも指定され、京都府内では最大級の古墳群。大小さまざま数えると約150基もの古墳を有する。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers