2018年5月19日 更新

知る人ぞ知る祇園の名喫茶|きらめきのレトロ純喫茶*ラテン【祇園四条】

和モダンなカフェや喫茶店が軒を連ねる祇園界隈。白亜の扉の先に広がる豪華絢爛、煌びやかなステンドグラスに青の世界。非日常て異空間へ貴方をナビゲートします。

祗園の秘宝殿

 (113507)

南座近くの喫茶店「ラテン」
数々の歌舞伎役者や有名俳優が通われているという半世紀以上の歴史のあるお店だそう。
お店は奥まったところにありますが、赤×青×白のトリコロールカラーの看板を目印にすると容易に判ります。
 (113508)

妖麗かつ、豪華絢爛

 (113510)

全体を見渡せば、琥珀色の照明のシックな雰囲気なのですが、色とりどりのステンドグラスや
調度品、近づくにつれ時代を遡ったかのようなメキメキ、ギラギラ妖艶な世界。
二坪程度の小さなスペースですが、鏡が多用されていて実際より広く感じます。
 (113511)

センターのブルーライトで照された白亜のオブジェ達の意味深な笑みは歓迎の舞
をしているようにさえ思えてしまう魔性のゾーン。
とにかく目立つ物を詰め込んだ、ある意味祇園らしい秘宝殿となっています。
カフェ・オ・レ ¥600

カフェ・オ・レ ¥600

メニューはコーヒー、ケーキセット、トーストなどオーソドックスな喫茶メニューがずらり。
この日はカフェオーレをチョイス。
コーヒーはネルドリップと本格派。

人肌程度のややぬるめのミルク感たっぷりの優しい味わい。
それ以前に私を惑わせたのが
ママさんのエプロンがふりふり、そしてママさんが超絶美人という事実。
彫りの深いお人形のような顔立ちはこの中の数々のオブジェにひけをとらない存在感ですね。
 (113513)

平日ということもあり、暫くこのミラクルワールドを満喫しました。
系統でいうならば第二のソワレですね。
 (113514)

帰りにオールドマダムがこれもかわいいでしょといろいろ個性的なオブジェクトを見せてくれました。
マダムご自慢のコレクションなのですね。
第二のソワレをお伝えでき、純喫茶ラバーとしてのミッションを達成できたように思います。
穴場でアットホームな居心地は祇園界隈の止まり木的くつろぎ喫茶店です。

ラテン クチコミでの評判

ラテン 店舗情報

店名:ラテン
住所:京都市東山区大和大路通四条下る大和町8
電話番号:075-561-4245
14 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都カフェめぐり】八坂神社前の超穴場!昭和レトロなラグジュアリー喫茶店☆レモンゼリー必食「ぎおん石」

【京都カフェめぐり】八坂神社前の超穴場!昭和レトロなラグジュアリー喫茶店☆レモンゼリー必食「ぎおん石」

祇園八坂神社前にあるビルの2階にある昭和レトロ感漂いつつ、高級感あふれる内装の喫茶店。超穴場でひとりゆったりと過ごせる場所。昭和味的自家製レモンゼリーが絶品。
レトロな祇園の町家カフェ*体に優しいほっこりグラタン*「カフェ・オパール」

レトロな祇園の町家カフェ*体に優しいほっこりグラタン*「カフェ・オパール」

京都らしい路地に佇む町家カフェ。原色を多様した艶やかな個性派インテリアにぞっこん。フードめには化学調味料、白砂糖、マーガリン、ショートニング不使用。隠れ家ロケーションが探究心を燻る祇園の町家カフェの「カフェ・オパール」
オージーボーイ”凄腕バリスタ”が手掛ける町家カフェ★きりは イン&カフェ【清水五条】

オージーボーイ”凄腕バリスタ”が手掛ける町家カフェ★きりは イン&カフェ【清水五条】

オープンから二年目を迎えた清水界隈を賑わす、ゲストハウスカフェ「★きりは イン&カフェ」 町家の風情ある空間でいただくオージーメイドなドリンクやフード。 穏やかにもてなす、オーストラリア人バリスタさんが作り出す渾身のラテは本物志向★
映画にでてきそうないにしえ喫茶★トースト Meets カレー★「菊しんコーヒー」【東山安井】

映画にでてきそうないにしえ喫茶★トースト Meets カレー★「菊しんコーヒー」【東山安井】

生活感ある景色に馴染む古き良き純喫茶。最近発信されたSNSや紙面にはレモントーストでお馴染み。 こちらも良いですが【バタートースト×カレー】の組み合わせはつけ新定番にしたい喫茶味覚の感動体験。そしてそのお供のサイフォンコーヒー。さぁ、つけパン浪漫を求め出かけましょう。
【京都モーニングめぐり】老舗珈琲店仕込みの正統派!7時からオープンで朝カレーもあり〼「やまもと喫茶」

【京都モーニングめぐり】老舗珈琲店仕込みの正統派!7時からオープンで朝カレーもあり〼「やまもと喫茶」

祇園白川にもほど近い場所にある正統派喫茶店。朝7時から営業していて、メニューバリエーションも豊富。朝活観光の合間にモーニングをいただきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

cafequeen cafequeen