2019年2月12日 更新

【保存版】底冷えの冬の京都で温まる~♡京都オススメの美味しい粕汁のお店【厳選6店】

おおきに~豆はなどす☆今週に入り、毎日小雪ちらつく京都。そんな寒い冬に欠かせないのが粕汁。酒処伏見の酒蔵の良質な酒粕も豊富にあり、とりわけ美味しい粕汁が食べられる京都。そんな京都でオススメの粕汁が美味しいお店をまとめました。

酒処・灘の酒蔵アンテナショップで粕汁ランチ「おづ Kyoto 」

 (112668)

 (112669)

 (112670)

京都御所近くにある灘の銘酒「白鹿」のアンテナショップ。町家リノベーションの落ち着いた佇まいで、ここ数年にオープンしたまだ真新しさも感じるお店。そして、冬場は粕汁に出汁巻玉子やおばんざいがつくセットメニューが人気。具だくさんで上品な味わいの粕汁にどれも丁寧につくられたことがわかる副菜たち。坪庭のある座敷席でゆったりいただけるのもうれしい。

最強に温まる粕汁の鍋焼きうどんは必食☆「てんぐ」

 (112674)

 (112675)

 (112676)

関西では、粕汁にうどんを入れて提供するお店がわりとありますが、そんな一つ。河原町荒神口にあるうどん・丼などを提供するお店。昼時ともなると人気で行列になることも。麺はすべて自家製で、そんなこだわりのうどんを粕汁の鍋焼きにした「霜ふりうどん」。牛肉、海老天、卵が具材になった贅沢な逸品。食べ終わる頃には全身がポッカポカ。

酒場放浪記の吉田類さんも推薦!レトロ酒場の粕汁「京極スタンド」

 (112680)

 (112681)

 (112682)

新京極商店街にあるレトロな風情が趣ある老舗居酒屋店。通し営業でランチメニューもあり、いつもにぎわう店内は愛すべき理想的な居酒屋風情。そんなお店の〆にサイコーなのが粕汁。牛肉使用で千切りの大根、人参、ゴボウ、青ネギなど具材もたっぷり。そして酒粕もたっぷり入って濃厚仕上げ。熱々で身体が温まること間違いなし!

華やかな祇園の酒蔵直営店の割烹仕立ての絶品粕汁「遊亀」

 (112685)

 (112686)

 (112687)

祇園界隈にある有名居酒屋店。酒蔵直営で美味しい日本酒と最高のアテが並ぶ。いつも満員御礼で行列を作るほどの人気店。そんなお店の粕汁はもちろん酒蔵自前の酒粕を使い、具材には人参や大根の他に焼いた白身魚も。テレビでも紹介されるほどの丁寧に仕上げられた逸品。

創業明治の名物レトロ食堂の粕汁うどん☆生そば「常盤」

 (112690)

 (112691)

 (112692)

三条、寺町商店街では名物的大衆食堂。創業は明治11年。見るからにレトロな雰囲気漂うお店で、うどんそばを始め、定食類もあり、しかもどれも割安で庶民派。そんなお店の粕汁うどんは破格の650円。具材には名店平野豆腐の京揚げ、金時人参、大根などたっぷり。この1杯でかなりボリュームあり。

京都老舗かまぼこ店が手掛けるレトルト粕汁「茨木屋」

 (112695)

 (112696)

 (112697)

こちらはお店で食べる粕汁ではなく自宅用のレトルトタイプの粕汁。寺町商店街に店を構える創業明治2年の老舗京かまぼこ店が手掛け、使用する酒粕は酒処伏見にある創業300年の老舗酒蔵山本本家。希少性高い大吟醸酒粕。具材には自慢の魚肉練製品も加わり、リッチな味わいの粕汁が手軽にご家庭で。
いかがでしたか?どのお店の粕汁も、この厳しい冬の寒さから身体をポカポカにしてくれそうですね。ぜひご賞味あれ!

ヨ~イヤサ~♪
31 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな