2018年1月23日 更新

京都老舗かまぼこ店が手掛ける粕汁を手軽に家で!伏見の有名酒蔵の大吟醸酒粕使用☆「茨木屋」

スーパーで買い物をしていて見つけたレトルトタイプの粕汁。京都老舗かまぼこ店が手掛けるこだわりの逸品。酒粕も酒処伏見の酒蔵の大吟醸酒粕を使用した贅沢な粕汁。試食してみました。

具材もごろごろ入ったレトルトタイプの粕汁

 (112279)

たまたまスーパーで買い物をしていると、これを発見。
冬には欠かせない粕汁。しかも、こんなレトルトタイプの粕汁は初めて。おまけに京都の老舗かまぼこ店が製造し、酒粕も伏見の有名酒蔵のもの。思わず購入(笑)
 (112291)

この粕汁の製造元、茨木屋。寺町商店街に店を構える、創業明治2年の老舗京かまぼこ店。かつては押小路柳馬場あたりに旧店があったそうですが、近年になってこちらへ移転。よく通りかかって、知ってはいましたが。
 (112292)

とにかく種類豊富なかまぼこを製造販売。またこちらのお店にも伺いたいと思います。
 (112288)

 (112289)

 (112290)

そして、使用する酒粕は酒処伏見にある創業300年の老舗酒蔵山本本家の大吟醸酒粕を使用。よく蔵開きの際には酒蔵でも独自の粕汁を提供され、それも楽しみの一つなんですが。
 (112286)

作り方はレトルトカレーと同じ要領。湯煎で温めるか、電子レンジでチン。
 (112281)

具材もいろいろ入っていることがわかります。具材の中に魚肉練製品が入ってますが、おそらく茨木屋さんの自前のものなんでしょうね。
 (112282)

具材には豚肉や油あげも。
そして、わりと濃厚な色目の汁。味噌ベースの粕汁みたいです。トッピングした九条ネギはもちろん自前です。
 (112283)

まずは汁。濃厚ですね。滑らかでもあるし。そして、練製品からいいお出汁が出てます。粕汁には練製品、欠かせませんね。うちでもちくわを入れます。
 (112284)

そして、具材の形がどれも違っていて特徴的。大根はわりと大きめの乱切りタイプ。人参細かく、じゃがいも入った粕汁初めて。ダイス状。ごぼうは千切り。リッチにたっぷり具材がイン。
 (112285)

意外と粕汁って具材の種類多くて作るの大変ですよね。それが手軽に食べられるのはまた魅力的。通販でも売ってるみたいです。京都らしい粕汁が食べたい!という方にオススメですね。

ヨ~イヤサ~♪

茨木屋 への口コミ

詳細情報

住所:京都市中京区中京区天性寺前町 寺町通三条上ル天性寺前町522-7
電話番号:075-251-6711
営業時間:10:00~18:00
定休日:水曜日
関連サイト:http://www.ibarakiya.co.jp/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな