2018年8月9日 更新

【京都大原】今が旬の名産赤しそジュース!素朴なおばんざいレストラン☆里の駅大原「花むらさき」

食材の宝庫・大原の朝市に立ち寄ったついでに。同じ敷地内にある大原の産直食材を使った地元のおかあさんたちが作る素朴なおばんざいが美味しいレストランへ。今が旬の大原名産赤しそジュースをいただきました。

大原の自然の恵みがいただけるおばんざいレストラン

 (130743)

左京区大原。緑豊かな里山の農家が毎週日曜日の早朝に産直の新鮮野菜や食品を販売する朝市。その朝市で買い物にきたついでにこちらへ。

地元のおかあさん方が大原の食材を使った素朴なおばんざいを提供するレストラン。常設市場で販売されているお弁当類もこちらで調理されています。
 (130742)

で、こちらは朝から営業していて、朝食メニュー『朝膳』もまた名物。
 (130756)

これは以前食べたときの画像になりますが、季節の野菜をふんだんに使ったおばんざいや大原の地卵など、産直ならではな朝食が美味しい。
 (130746)

で、今回は朝市参戦で喉が渇き、ちょうど今が旬の赤シソを使ったジュースを発見し、いただくことに。
 (130762)

店内には同じように買い物ついでにこちらで朝食を食べに来た客が多数。
 (130747)

朝膳はセルフサービスでお味噌汁、ご飯、白粥を自分で好きな量調節して入れるシステム。お代わりもできます。
 (130748)

ちょうど、大原の風景が一望できるカウンター席が空いていたので、そこに着席。
朝の清々しい風景を見てるだけで、なんだか自然のパワーをいただけ、癒されるような。
 (130750)

ほどなくして、赤しそジュース300円が登場。キレイな濃いめの赤紫色です。
 (130751)

遠くにある、赤しそ畑をバックにジュースを記念撮影。
緑にも映えます。なんだか、わけもなく仁王立ちしてジュースを飲みたくなるような(笑)
 (130752)

甘くて赤しその酸味もあって、なんとも夏の暑さで疲れた身体に染み入るような滋味あふれるような赤しそジュース。今年は特に猛暑続きで、梅干しや赤しそジュースを求める人が多いそうで、夏バテ予防にももってこい。

産地で飲む旬の赤しそジュースはまた格別ですよ。とくに朝の大原の風景を見ながら飲むのがオススメですね。

花むらさき へのツイート

詳細情報

名称:里の駅大原
住所:京都市左京区大原野村町1012
電話番号:075-744-4321
営業時間
ふれあい朝市 6:00〜9:00(日曜日のみ開催)
花むらさき  9:00〜17:00(平日、土曜祝日)
       7:00〜17:00(日曜日)
旬菜市場   9:00〜17:00
定休日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
関連URL:http://www.satonoeki-ohara.com/
17 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers

オススメの記事