2019年3月20日 更新

【京都朝市めぐり】有名料理人も集う!食材の宝庫・大原で毎週日曜日開催!春の新鮮野菜充実☆「里の駅大原」

おおきに~豆はなどす☆今回は食材の宝庫として知られる大原で毎週日曜日に開催される朝市。ミシュラン星付の料理人もこぞって買付に来るほど。常設の市場ではさらに春の味覚や新鮮野菜が並ぶ。

大原の春の味覚がいち早く並ぶ人気市場

 (147856)

京都市内の里山として名高い大原。緑豊かで、どこか懐かしさをおぼえる景観は、街中にはない違った京都の一面を垣間見れる場所でもあり。

そんな大原の日曜日。毎週「里の駅大原」で開催される大原ふれあい朝市。この日はまだ寒の戻りで肌寒い朝でしたが、そろそろ春の山菜や野菜も出回っているのでは?と久々に行ってみました。

ですが、朝市はすでに終盤だったらしく、店じまい気味に(笑)
 (147857)

そんな中でまだ営業してたお店。燻製屋さん。海鮮物をはじめ、玉子やチーズなど各種燻製品が並んでいました。
 (147858)

常設の市場が9時オープン。行列こそ出来ていませんでしたが、多くの方が周辺で時間をつぶしながら開店を待っていました。
 (147859)

この時期に取扱いのある野菜のラインナップ。春らしい葉物野菜が充実してる様子。
 (147860)

開店と同時に一斉に皆各々お目当ての品目に直行。
 (147861)

特に葉物が種類豊富で陳列スペースの多くを占めていました。
 (147862)

美味しそうな原木しいたけも。
 (147864)

食パン、ぶどうパン、菓子パンなどどれも美味しそう。
 (147863)

サンド類も寿実していて、どれも素朴な雰囲気で彩りもよく美味しそう。
 (147865)

春らしい一品。ふきのとう味噌。ご飯のお供ですね。
 (147866)

新物のよもぎを使ったよもぎ餅。緑が色鮮やかで、しかも濃い!あまりに美味しそうで購入して食べましたが、お餅は柔らかく、よもぎの風味、味わいが春らしく、美味しかったです。超オススメ!
 (147867)

つくしやふきのとうなど春の山菜がぼちぼち出てきてますね。天ぷらに最適。
 (147868)

菜の花も。
 (147869)

上賀茂産のいちご。おそらく以前とある料亭で水菓子として食べたことのあるいちごと同じものだと思いますが、極力自然にまかせて栽培されているらしく、通常のスーパーで売ってるいちごより形もそれぞれちがい個性的。
 (147870)

これちょっとあまり見かけない品種ですね。ちょうほう菜。
 (147871)

 (147872)

お弁当類もこのあたりの食材を使っていて美味しそう。
 (147873)

 (147874)

季節の草花。
クロモジ、お茶では飲んだことありましたが、こんな黄色い花、しかもとてもいい香りのする花だとは知りませんでした。多くの方が買ってられました。こんなところからも、季節の移ろいを感じたり。
 (147875)

今回も葉物野菜を中心にいろいろと買ってみました。
 (147876)

不揃いながら、美味しいいちごも。
 (147877)

玉子の燻製もぶどうパン、大原の野菜とともにいただきました。春の恵みを楽しみながら。

これから暖かくなるにつれ、さらに山菜、野菜の種類も増え、ますます充実。旬の食材も求め、そして春の大原を散策しに、朝市や市場に立ち寄ってみてはいかがですか?

ヨ~イヤサ~♪

里の駅大原 への口コミ

詳細情報

名称:里の駅大原
住所:京都市左京区大原野村町1012
電話番号:075-744-4321
営業時間
ふれあい朝市 6:00〜9:00(日曜日のみ開催)
旬菜市場   9:00〜17:00
定休日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
関連URL:https://www.satonoeki-ohara.com/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな