2018年5月24日 更新

【保存版】京都伏見名水スタンプラリー徹底解剖!名水ポイントを全紹介!!スタンプ集めて御猪口ゲット☆

3月から始まったイベント・伏見名水スタンプラリー。イベント期日が迫っています。名水ポイント全紹介します!

勝ち運を授ける不二の水「藤森神社」

 (124555)

 (124556)

京の酒処・伏見にある神社。馬にまつわる神社として有名で、多くの競馬関係者、競馬ファン、馬好きが参拝することでもおなじみ。伏見七名水としても知られる『不二の水』は「2つとないおいしい水」。とてもやわらかく、淡麗。ご近所の方もこぞって空ペットボトル持参で水を汲みに来るほど。

料亭の味の肝となる清和の井「清和荘」

 (124560)

 (124561)

墨染駅から西へ。数寄屋造りの座敷で日本庭園を眺めながら京料理を楽しめるお店がスタンプラリーのチェックポイント。料理に使われるのは、もちろんここにある清和の井から汲んだ名水。名水を使った夏の流しそうめんが有名。

曲水の宴の霊験あらたかな神水「城南宮」

 (124565)

 (124566)

城南宮道から国道1号線沿いへ。1200年以上の歴史を持つ、平安京の南の守護神。明治時代の幕開けには鳥羽・伏見の戦いの舞台となった場所。そんな場所にある名水「菊水若水」。霊験あらたかな御神水として知られ、病気平癒のご利益もあるという。

金運アップのご利益もある名水「大黒寺」

 (124568)

 (124569)

丹波橋駅から西へ。伏見区総合庁舎にもほど近い場所にあるお寺。金運アップのご利益のある大黒天が本尊であることから命名された「金運清水」。金運をはじめ、資産増加、厨房守護、子孫繁栄のご利益があるとされ、大黒天にちなんだご利益を授かれるという霊験あらたかな名水。

酒蔵直営鳥料理も味わえる「鳥せい本店」

 (124572)

 (124573)

創業300年の老舗酒蔵・山本本家直営の鳥料理専門店にある名水「白菊水」。創業時より酒造りに使われ、香りのよい飲み口の淡麗な日本酒を醸し出す名水。全国名水百選に選ばれた御香水の水脈と同じ。店内でも飲むことが可能。

伏見のランドマーク神社!酒造りの生命水「御香宮神社」

 (124576)

 (124577)

京の酒処・伏見のランドマーク的神社の名水「御香水」。霊水信仰が厚く、伏見の酒造りの生命の水とされる御神水。伏見の七名水に数えられ、名水百選にも指定。

老舗の酒造りの肝となる伏水「キザクラカッパカントリー」

 (124580)

 (124581)

伏見を代表する酒造メーカー・黄桜酒造が運営する施設内にある名水「伏水」。日本酒をはじめ地ビールなど、黄桜で製造されるお酒に使用される要となる名水。そして、ここでもそのお酒が楽しめます。

お土産に日本酒付の展示スペースもある酒蔵「月桂冠大倉記念館」

 (124585)

 (124584)

こちらも伏見を代表する大手酒造メーカー・月桂冠発祥の地にある記念館。その展示スペース内にある名水「さかみづ」。今でも隣にある酒蔵で使用されている酒造りの命の水。「さかみづ」の名は「栄え水」とともに古くは酒の異名でもあったそうな。

普段は飲めない酒蔵の仕込水を開放「キンシ正宗」

 (124588)

 (124589)

こちらも伏見を代表する大手酒造メーカー。普段は会員限定利用の日本酒の仕込水でもある名水「常盤井水」。このスタンプラリー期間中のみ参加者も飲用可。中硬水の水質が特徴で、鉄分少なく、カリウム、カルシウム、クロール等も適度に含まれ、低温発酵の京の酒質には欠かせない仕込水。

京都唯一の弁財天を祀る「長建寺」

 (124592)

 (124593)

中書島、十石舟乗船場スグの場所にある、京都唯一弁財天が本尊のお寺。そこに湧く名水『閼伽水(あかすい)』は伏見の良質な名水と同じ水脈。伏見の水脈の豊かさを象徴する名水。

まとめ

 (124596)

いかがでしたか?神社仏閣以外にも、この機会しか飲めない酒蔵の名水もあり、盛りだくさん。そして最終、記念品として特製きき酒用猪口も贈呈されます。名水・伏見散策にもってこいな季節。イベント期間も5月31日まで。ぜひご参考に。

イベント詳細情報

イベント名:伏見名水スタンプラリー
実施期間:3月21日(水)~5月31日(木)
参加方法:名水10ヶ所スタンプを集め、全クリアで先着2500人に記念品を進呈。
特典:押印スタンプあれば「伏見夢百衆」ドリンク10%引き、「十石舟」乗船料100円引き

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers