2018年5月17日 更新

【京都伏見名水めぐり】スタンプラリーで名水チェック☆普段は飲めない酒蔵の仕込水を開放「キンシ正宗」

こちらも伏見を代表する大手酒造メーカー。普段は会員限定利用の日本酒の仕込水でもある名水「常盤井水」。このスタンプラリー期間中のみ参加者も飲用可。行ってきました。

定休日は飲用できないので要注意

 (123851)

名水スタンプラリーも終盤。こちらも酒処・伏見を代表する酒蔵。こちらも名水ポイント。

じつはGW中に一度うかがいましたが定休日。スタンプ押印所は敷地の外に設置されているので、押印は可能なんですが、肝心の名水は閉門していて飲めず。

さすがにスタンプだけ押すわけにもいかず、この日は退散。
 (123855)

そして、改めて平日やってきました。
この日は開門していて、ちょうど酒蔵の従業員の方が作業されてるところを時折見かけました。
 (123852)

 (123853)

押印所すぐ横に売店があります。
 (123854)

店内にはこちらのお酒がいろいろ並んでいて、購入できます。
この日は名水利用のみ。お店の方に場所を教えてもらいましたが、普段は会員のみ利用できる名水。なので、酒蔵に立ち入って名水を飲用できるのは、このスタンプラリー期間中の参加者のみ。開門してても、この期間外は利用不可。まあ、期間限定の貴重な名水といえます。
 (123856)

酒蔵開きの試飲の時に何度かここに来たことありますが、呑むのに必死だったり、ステージライブがあったりして、酒蔵をそんなに見てなかったんですが、この機会に改めて(笑)古い佇まい。
 (123857)

伏見の中でもわりと大きい酒蔵ですね。
 (123858)

そんな建物の一角にある名水。
ちょうど会員の方だと思いますが、ポリタンク持参で水汲みに来られてました。
 (123859)

ひっそりと構える名水。
 (123860)

しっかり、『会員制』と書かれています(笑)
名水・常盤水。中硬水の水質が特徴で、鉄分少なく、カリウム、カルシウム、クロール等も適度に含まれ、低温発酵の京の酒質には欠かせない仕込水。

水系的には名水百選に指定されている、御香宮神社の御香水と同じだそうです。創業当時から一度も枯れることなく、水質を維持しながら、変わらず酒づくりに活かされる名水。
 (123861)

こうした水質保全も会員の方の取り組みによるところ大なんでしょうね。
 (123862)

 (123863)

そうそう飲む機会もない名水。持参のマイコップでいただきました。
適度にミネラル分も含みつつ、やわらかい味わい。後味にうっすら甘みを感じるような。そんな名水。
 (123864)

名水飲めて、やっとスタンプ押印。

定休日は利用できなかったり、実施時間が場所によってまちまちだったりするので、事前にチェックしてからめぐってください。
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都伏見名水めぐり】スタンプラリーで名水チェック☆お土産に日本酒付の展示スペースも「月桂冠大倉記念館」

【京都伏見名水めぐり】スタンプラリーで名水チェック☆お土産に日本酒付の展示スペースも「月桂冠大倉記念館」

こちらも伏見を代表する大手酒造メーカー・月桂冠発祥の地にある記念館。その展示スペース内にある名水。酒造りにも使用される「さかみづ」。
【京都伏見名水めぐり】スタンプラリーで名水チェック☆酒造りの肝となる伏水「キザクラカッパカントリー」

【京都伏見名水めぐり】スタンプラリーで名水チェック☆酒造りの肝となる伏水「キザクラカッパカントリー」

伏見を代表する酒造メーカー・黄桜酒造が運営する施設内にある名水。日本酒をはじめ地ビールなど、黄桜で製造されるお酒に使用される要となる名水。そして、ここでもそのお酒が楽しめます。
【京都伏見名水めぐり】スタンプラリーで名水チェック☆酒蔵直営鳥料理も味わえる「鳥せい本店」

【京都伏見名水めぐり】スタンプラリーで名水チェック☆酒蔵直営鳥料理も味わえる「鳥せい本店」

創業300年の老舗酒蔵・山本本家直営の鳥料理専門店にある名水。銘酒「神聖」にも仕込み水として使われ、店内でも飲むことが可能。
【京都伏見名水めぐり】スタンプラリーで名水チェック☆酒造りの生命水「御香宮神社」

【京都伏見名水めぐり】スタンプラリーで名水チェック☆酒造りの生命水「御香宮神社」

京の酒処・伏見のランドマーク的神社でもあり。境内に湧く御香水は、伏見の七名水に数えられ、市内唯一の名水百選にも選ばれるほど。
【京都伏見名水めぐり】スタンプラリーで名水チェック☆金運アップのご利益も◎「大黒寺」

【京都伏見名水めぐり】スタンプラリーで名水チェック☆金運アップのご利益も◎「大黒寺」

丹波橋駅から西へ。伏見区総合庁舎にもほど近い場所にあるお寺。金運アップのご利益のある大黒天が本尊であることから、その名水にもそんな命名が。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers