2017年11月9日 更新

【新店】京都酒場めぐり!全国の銘酒とおばんざいが飲み放題食べ放題で驚愕の安さ★「おざぶ」【三条大橋】

三条大橋西詰にあるビルの地下階。この6月にオープンした和食と日本酒が楽しめる居酒屋。全国の有名な日本酒とアテとなるおばんざいが飲み放題食べ放題で、しかも破格。行ってきました。

まちがいのない銘酒の飲み放題

 (102180)

この日はハシゴ酒。最近飲み放題の店に行くと、次の日脊髄が痛くなるんだよね~と自らの特異体質を話すと、いい酒の飲み放題なら大丈夫なんじゃね?
ということで、友人に紹介してもらったお店。予め、飲み放題利用で行きますよ、と電話で確認の上。

三条大橋西詰、ビルの地下階へ。こんなお店があるって知りませんでした。6月にオープン。
 (102182)

 (102183)

エントランスの冷蔵ケースには銘酒バリエーション豊富に待機。これは期待が持てそう。
 (102184)

 (102185)

 (102186)

内装が呑兵衛ならうっとりする設え。升です。升酒の。それを重ねて作る和モダンな雰囲気すら感じる造形美。というか、オサレすぎ(笑)
 (102187)

そして、飲み放題メニューはこちら。1時間1500円。日本酒に関しては約30種類の銘柄があります。ほか、ビールやらいろいろありますが。
 (102188)

アテとなる単品メニューもありますが、おばんざい1時間食べ放題1200円があるので、それをチョイス。
 (102189)

 (102190)

そして、店の中央には日本酒の飲み放題コーナー。なんじゃこら!!酒瓶がこんな状態になった飲み放題て、生まれて初めて見ました(笑)
 (102191)

このタップにおさまりきらないものも待機してて、こちらは手酌で。というか、人気銘柄ぞろいで驚きなんですが。

風の森、雁木、獺祭、玉川などを中心に素敵すぎるラインナップ。しかも秋酒などもあって季節感もあり。
 (102192)

ちょっとやり方を手慣れたご常連さんに教わって。グラスでぐっと押さえると注がれる方式。
 (102194)

で、グラスに注いでしまうと全部同じに見えてしまいますが(笑)
風の森、雁木、他山形のお酒でしたかね。飲み比べ。いいわ~このシステム。
 (102193)

でも、ちゃんと和らぎ水飲んで、途中薄めつつ。飲み放題だからと無茶せず計画的の呑んでください(笑)
22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【新店】京都先斗町の好立地!!全国区で有名な牛カツ専門店が“肉天ぷら”新業態「勝天KYOTO GATTEN」

【新店】京都先斗町の好立地!!全国区で有名な牛カツ専門店が“肉天ぷら”新業態「勝天KYOTO GATTEN」

10月6日オープン。四条通りから先斗町上がってスグの好立地。全国的にもおなじみの牛カツ専門店「京都勝牛」を展開する地元飲食会社の新業態。今までになかった新感覚“肉天ぷら”で京都を盛り上げる。内覧会に行ってきました。
【京都ランチめぐり】新店☆京都食材のおばんざいビュッフェ付で900円から!オフィス街のコスパ最強ランチ「京都ことこと」

【京都ランチめぐり】新店☆京都食材のおばんざいビュッフェ付で900円から!オフィス街のコスパ最強ランチ「京都ことこと」

地下鉄烏丸御池駅にもほど近いオフィス街にある、昨年11月オープンしたホテル併設の和食レストラン。ランチでは900円以上の料理を注文すると、もれなく京都産食材にこだわったおばんざいビュッフェが楽しめるという。
【新店】居酒屋オープンラッシュ!京都烏丸御池のオフィス街でサク飲み☆「ニュータコヤクシ」

【新店】居酒屋オープンラッシュ!京都烏丸御池のオフィス街でサク飲み☆「ニュータコヤクシ」

最近、バルや居酒屋のオープンラッシュに沸くビジネス街の烏丸御池エリア。そして、こちらも5月オープンのまだ新しいお店。海鮮料理とおばんざいを中心とした居酒屋。
【新店】京都三条河原町スグの好立地!昼から立ち呑みもできる酒屋さん☆「酒屋くぼしま」

【新店】京都三条河原町スグの好立地!昼から立ち呑みもできる酒屋さん☆「酒屋くぼしま」

三条河原町より東へ。細い路地のある角店。好立地。9月にオープンした酒屋さん。お酒の販売をしつつ、昼間から立ち呑みスペースもあるお店。
【新店】12月オープン!京都先斗町のお忍びろーじの名店!!名割烹出身の凄腕に注目集中☆「酒処てらやま」

【新店】12月オープン!京都先斗町のお忍びろーじの名店!!名割烹出身の凄腕に注目集中☆「酒処てらやま」

12月オープンした注目の割烹店。先斗町のろーじ(路地)の中でも、ちょっとわかりづらい隠れ家的お忍び感ある場所に立地。有名料亭、割烹出身のご主人のお店ということで、すでに業界から注目を集めています。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな