2017年11月8日 更新

【京都発酵食品めぐり】ここ京都が納豆発祥地説の有力スポット!紅葉も楽しめる穴場的お寺☆「常照皇寺」【京北】

右京区、京北にある臨済宗天龍寺派の禅寺。発酵食品の代表格・納豆の聖地。以前にもご紹介していた、京都が納豆の発祥地であるとする説の有力スポット。行ってきました。

発酵食品界の聖地

 (102282)

こちらも京都市内右京区。広い、広すぎるぞ京都市(笑)
車で周山街道から京北町へ行き、さらに花背に抜けるコースの途中に立地。

以前納豆について調べている際、なななんと納豆発祥地がここ京都で、それにまつわるお寺が京北町にあること判明。発酵食品の王様・納豆の言わば聖地。これは京都発酵食品部としては必訪。
 (102283)

山間にある、ひっそりと静かな佇まい。ちょっと鄙びた加減がなんともいい風情。

こちら「常照皇寺」は南北朝時代に北朝初代の天皇となった光厳上皇により開山。歴代天皇の帰依を得た皇室ゆかりの寺。
 (102284)

府の史跡に指定されている境内には、国の天然記念物である「九重桜」をはじめ、御所から株分けしたといわれる「左近の桜」、一重と八重が一枝に咲く「御車返しの桜」など桜の名木があり、どちらかというと、春の桜の観光スポットとして有名みたいです。
 (102285)

 (102286)

紅葉もいい具合に。中を拝観してみました。
 (102287)

中はちょっと独特の建築様式。

そして、納豆発祥がここである有力説として寺所蔵の絵巻。
光厳上皇の生涯を描いた絵巻なんですが、その中で住職が納豆を振る舞う様子が描かれているという。

さらに、1056年の奥州攻めで、このあたりの農兵が援軍として出兵の際、納豆を持参したと伝えられ、その納豆こそこのあたりで有名な『山国納豆』であり、今も残っているという。
 (102288)

国の天然記念物である「九重桜」。見事な枝ぶりから、桜の時期は見ごたえあるお庭だろうな、と。
 (102289)

 (102290)

回廊から眺める庭園も秋らしい彩りで素晴らしい。
 (102291)

開山堂。最近では珍しく撮影可能。羅漢像や菩薩像など見事。一見の価値ありです。桜よりむしろこっちが凄いと思います。桜見たことないですが(笑)
 (102292)

拝観後、寺の横にはこんな売店が。
 (102293)

さすが、納豆発祥のお寺。このあたりの郷土食である納豆餅、山国納豆を販売。
 (102295)

で、一つ買って食べてみました。納豆に使われている大豆自体、この辺りで栽培されたもので、それが何より美味しい!大豆自体のふくよかな旨味と柔らかさと粘り。納豆の香りよりも、この大豆本来の味の存在感が際立っていて、京都が納豆発祥地である!と誇れる美味しさ。

有意義な納豆聖地めぐりでした。

常照皇寺 への口コミ

19 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都発酵食品めぐり】これが話題の糸引く納豆もち!意外と激ウマ必食!!道の駅「ウッディ京北」

【京都発酵食品めぐり】これが話題の糸引く納豆もち!意外と激ウマ必食!!道の駅「ウッディ京北」

納豆発祥の京都。その聖地と言われる常照皇寺へ行く途中に立ち寄った道の駅で、限りなく地元仕様に近い納豆もちを発見。それが、驚きの美味しさ。
【驚愕の新事実】京都が納豆の発祥地!明治創業の老舗納豆メーカー☆牛若納豆「森口加工食品」【京都大徳寺スグ】

【驚愕の新事実】京都が納豆の発祥地!明治創業の老舗納豆メーカー☆牛若納豆「森口加工食品」【京都大徳寺スグ】

オイオイ、水戸市民敵に回す気か?頭大丈夫か??と言われそうなタイトルですが(笑)いえいえ、あながち大ぼら吹いてるわけではいことを読んでもらえばわかっていただけるかと。炎上ねらいでもなく。明治10年創業の老舗納豆メーカーをご紹介します。
【京都御室】紅葉はまさに最高潮!広大な敷地に圧巻の世界遺産・仁和寺

【京都御室】紅葉はまさに最高潮!広大な敷地に圧巻の世界遺産・仁和寺

見事の一言に尽きる紅葉。世界遺産・仁和寺。広大な敷地を彩る紅葉。雲一つない秋晴れに、歴史的建造物と紅葉がよく映えます。
【世界遺産*天龍寺】嵐山を借景とした庭園が四季折々の風景に染まる【まとめ】

【世界遺産*天龍寺】嵐山を借景とした庭園が四季折々の風景に染まる【まとめ】

その美しい曹源池庭園(そうげんちていえん)が世界遺産にも認定されている「天龍寺」。四季折々の風景の素晴らしさに感謝したくなります (*´∀`*)
紅葉特集⑦ 世界遺産で紅葉と寒桜の夢の共演!御室・仁和寺【観光】

紅葉特集⑦ 世界遺産で紅葉と寒桜の夢の共演!御室・仁和寺【観光】

宇多天皇が仁和(にんな)4年(888年)に創建して以来、法親王が住持し「御室御所」と呼ばれた仁和寺。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

京都発酵食品部 京都発酵食品部