2016年5月9日 更新

開店1年ですでに人気店!鰻を知り尽くした「碓屋(うすや)」@三条商店街

三条商店街の碓屋(うすや)、開店1年ほどのお店だが、京都食道楽系な方々には既に名が通ったお店ですな。

 (32758)

お若いご夫婦2人で回されているお店。ご主人は15年大阪の鰻料理店で修行された方なのだが、なんというか非常に驚きましたので、気合を入れてご紹介。

和カフェのようなほんわり空間

 (32759)

店内雰囲気。和カフェ的、なほんわりとした照明。鰻店特有の煙っぽい感じは皆無。4人掛けのテーブルが2、2人掛けが2、カウンター席が3かな。テーブルに置いてある日本酒セレクトに目がついつい行くのだが、京都・福井・岡山・山形とセンスがいいよね!と嬉しくなってくるのだ
 (32760)

ランチは、う飯重¥1500がメインで、鰻が苦手な人が白御飯にとり替えたり、鰻を増量したり色々お願いできる模様。白あんのチーズケーキが非常~に気になったのだが、GW中はやっていないのですよ~と済まなそうに奥様。

丁寧な仕事が光る"う飯重"

 (32761)

暫しの後、ででんと登場、う飯重。今回は¥1500のでお願いしました。なんとも良き佇まいですな。。では、開けますよと。
 (32762)

一の重の盛り込みは、¥1500ランチとしてはありえない高密度。まだ焼いてから30分は経過していない出し巻きが2切れ、酢レンコンに隠れているのは焼き鰆、揚げたての小芋・生麩の天ぷら、炊き合わせは筍、海老、蕗に南京、大根に高野豆腐。茄子の揚げひたし、驚くべき柔らかジューシーな合鴨ロース、小さな器に入っているのは筍の木の芽和え、それに魚の角煮というなんとも驚くべき和食の小宇宙状態。

更に驚くのは、おばんざいではないハイレベルさ。1つ1つが非常に上質、且つ素材感が際立つ味付け。蕗とか筍が特に好きだ~。大阪で修行された、というのを帰ってきてからHPで確認し、ちょっと嬉しくなった半大阪人。これを祇園界隈で食べたら、倍は取るんじゃないの~と言う感じ。
 (32763)

二の重はうな重。当然、このお値段なので、鰻はほんの一口なのだが、それがまた良い。
一切れは可愛らしいのですが、確かに蒸し工程無しの腹開きのさっくり系地焼き鰻でした。

まんべんなく甘味控えめの鰻タレの掛かった御飯は、近江のえんこう米(減農薬 無化学肥料)で、やや固めに炊かれていて、量も期待以上。文句無し~! いやあ、素晴らしいです。

夜メニューも注目!!

22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

京都|地焼きの三河産うなぎに土鍋ご飯「大國屋鰻兵衛(おおくにやまんべい)」

京都|地焼きの三河産うなぎに土鍋ご飯「大國屋鰻兵衛(おおくにやまんべい)」

錦市場にある老舗の焼き鰻と川魚料理のお店がオープンさせたオシャレな鰻屋さん「大國屋鰻兵衛(おおくにやまんべい)」、メニューは大蒲焼ご飯4900円、1本というシンプルな構成なり。
日本酒と手の込んだ料理の〆には鰻丼を「碓屋(うすや)」@三条会商店街

日本酒と手の込んだ料理の〆には鰻丼を「碓屋(うすや)」@三条会商店街

ランチの評判も抜群にいいんですが、「夜も良いんですよ~」とアドバイス頂いた三条会商店街の碓屋。
三条会商店街*ニューフェイス登場!「碓屋(うすや)」でう飯重をリーズナブルに【グルメ】【和食】

三条会商店街*ニューフェイス登場!「碓屋(うすや)」でう飯重をリーズナブルに【グルメ】【和食】

何かと話題の多い三条会商店街に新店登場!和食がおいしいその名も「碓屋」さん。 7月末にオープンされたそうで食通に密かに注目されていたようですね…
三条商店街 本場フランスが認めるガレット屋「BREIZH CAFE(ブレッツカフェ)」を見つけた♪【グルメ】

三条商店街 本場フランスが認めるガレット屋「BREIZH CAFE(ブレッツカフェ)」を見つけた♪【グルメ】

三条商店街付近を歩いていると、おしゃれなガレット屋さんを発見!新京極商店街と三条商店街が交差するとこから、ちょい東側でJEUGIAのお隣です。
京都 烏丸御池近くで美味しい和食ランチが800円から「紫洸 (シコウ)」

京都 烏丸御池近くで美味しい和食ランチが800円から「紫洸 (シコウ)」

烏丸御池近く、高倉六角を東へすすんだ場所にある「紫洸 (シコウ)」で美味しい天ぷらランチをいただいてきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。