2017年2月2日 更新

祇園の一等地に1/27オープン!本だけじゃない次世代型書店「京都天狼院(きょうとてんろういん)」が面白い【開店】

祇園・建仁寺近く、大和大路通り沿いに京都天狼院がオープン!半年かけてリノベーションされた町家の店内で、選りすぐりの本を選んだり、2階にはカフェやイベントスペースも。本だけでないいろんなイベントや体験が楽しめる「次世代型」書店ですよ!

天狼院からはじまる、本の先の「体験」

 (70689)

天狼院書店が提供するのは、「READING LIFE」という新しいライフスタイル。「本」だけでなく、その先にある「体験」までを提供する次世代型書店です。2017年1月27日に、天狼院書店「京都天狼院」がオープンいたしました。「天狼院のゼミ」をはじめ「部活」、「ファナティック読書会」など、様々な「体験」を提供しています。
1年を通して人通りの多い大和大路通り沿い。半年かけてじっくりリノベーションされた町家に誕生した「京都天狼院」は、東京、福岡に続き3店舗目となる書店で関西初出店。
こちらただの本屋さんではなく、さまざまな体験が楽しめるのが特徴。
本を読むだけではわからないところを体験を通して身につけていくという、今までありそうでなかった取り組みを積極的にされていて、全国にファン急増中で注目を集めています。
 (70690)

 (70691)

店内は雑誌や京都本が置かれ、一見通常の本屋さんに見えますが、よく見ると棚ごとにテーマが決められ、テーマに沿った面白そうな本が並べられています。
これは京都ならではのセレクトだそうです。
 (70693)

「天狼院の処方薬 よみぐすり」という棚には「秘密結社になる」「エロくなる」などのカテゴリーにさまざまなジャンルの本が並んでいて、気になる本が沢山でつい手に取ってしまいます。思わずジャケ買いしたくなるような本もあってワクワクしっぱなし!
 (70692)

そしてラインナップのなかで最大の魅力というか特徴なのが「天狼院秘本」と呼ばれるシリーズ。
これは表紙にオリジナルの黒いカバーが掛けられ、しかも
①タイトル秘密です。
②返品できません。
③他の人には教えないでください。
という条件に納得した人だけが購入できるというもの。
怪しさ満点の(笑)黒のカバーに内容全くわからず。ドキドキものですがかなり興味がそそられるのも確か。
今置かれている「7代目天狼院秘本」はHPを見ていると、ジャンルはざっくりいうと「ビジネス小説」との事。
このジャンルが好きな方はもちろん、純粋な興味本位でも全然アリかも。今まで自分の中になかった新たな世界観にグイグイ引きずり込まれるかもしれません!気になる方は是非手にとって見てくださいね。

過去には「糸井重里秘本」というのが発売されたそうで、30時間で1000冊が売れるという大ヒットを飛ばしたのだとか。
こういう本の楽しみ方もいいですよね!
 (70694)

店内には販売スペースの奥に畳の小上がり席がありこたつが用意されています。
天狼院といえば「こたつのある書店」として有名だそうで、こたつで寛ぎながら本のチョイスができるという、本好きにはたまらないスペースとなっています。

画像の着物美人は女将さん。こちらの店舗には店主・店長・女将さんがおられるそうで、女将さんは着物で接客される事が多いそう。
購入の際のアドバイスも気さくにしてくださいますので、何かあればお声をかけてみてくださいね。
 (70708)

和室の奥には坪庭があり、坪庭を眺めながら寛げる席まで用意されています。
季節のいい時は本当に気持ちいいだろうなぁ〜
ここホンマに本屋?と錯覚してしまいそうです(笑)
 (70695)

2階は、フォト・スタジオと、シアターも兼ねたカフェになっていて、1階で購入したドリンクやフードをいただく事ができます(1階こたつ席でも可)。
大和大路側にはカウンター席・坪庭側はソファー席になっていて、明るい雰囲気の中くつろぐ事ができます。
コンセントやWi-Fiも完備されていて、セカンドオフィス使いもOK。
外観以上に広々していて、席数30席以上でこの界隈でもかなり大きめのハコではないでしょうか?
こんな一等地でこんな空間で過ごせるなんてなんて贅沢!
(カフェでの様子はまた改めてお伝えします。)

ゼミや「部活」などのイベントではこちらのスペースを使って行われるそうで、京都以外の、東京や福岡での講演をリアルタイムで受ける事ができるそう。
しかも見っぱなし聞きっぱなしでなく質疑応答もできるそうで、著名な作家さんとのやりとりも夢ではないかも。
イベントやゼミは、京都店限定のものから通信受講できるものまでさまざま。
2/1からは天狼院でも人気の、プロのライターが生まれるという「ライティング・ゼミ《平日コース》」がスタート。その他いろんなものが立ち上がっていますので、気になる方はHPなどでチェックしてみてくださいね。

本好きな方はもちろん、普段本は読まないけど〜って方も楽しめる事間違いなし!
本じゃない切り口から本にハマる可能性も秘めていそうな、本屋の枠を超えた受け皿も魅力的な京都天狼院。
あなたなりのアプローチで楽しんでみてはいかがでしょうか。

京都天狼院 on Instagram

SHOP DATA

京都府京都市東山区博多町112-5
TEL 075-708-3930
営業時間:平日 10:00〜22:00/土・日・祝日 9:00〜22:00
アクセス:京阪電車 祇園四条駅下車 徒歩約5分

H.P:http://tenro-in.com/
Facebook:https://www.facebook.com/kyototenroin/
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

祇園新橋に京都らしい上品ラーメン店「錦」がオープン【新店】

祇園新橋に京都らしい上品ラーメン店「錦」がオープン【新店】

東京で経験を積まれてきたシェフが、祇園新橋にまるで割烹料理店のようなラーメン店「錦」をオープン!早速よってきました。
【新店】祇園界隈の隠れ家!品ぞろえ豊富な有名日本酒店手掛ける日本酒バー☆「浅野日本酒店祇園別邸」

【新店】祇園界隈の隠れ家!品ぞろえ豊富な有名日本酒店手掛ける日本酒バー☆「浅野日本酒店祇園別邸」

祇園界隈で呑兵衛師匠とハシゴ酒。日本酒好きにはお馴染みの有名酒店のバーが大和大路沿いの路地奥に昨年末オープン。当初期間限定オープンだったが、この日は営業してたのでのぞいてみることに。
【新店】京都祇園にオープンした餃子専門店!変り種みかん餃子必食!!立ち飲みスペースもあり☆「GYOZA8 (ギョウザエイト)」

【新店】京都祇園にオープンした餃子専門店!変り種みかん餃子必食!!立ち飲みスペースもあり☆「GYOZA8 (ギョウザエイト)」

四条大和大路少し下がる、夜営業のお店が立ち並ぶ華やかなエリア。昨年12月オープンの餃子専門店。京都の有名中華料理店の新業態。行ってきました。
【新店】5月オープン!京都祇園の路地奥にある隠れ家酒場!!日本酒&肴でしっぽり☆「松本酒場」

【新店】5月オープン!京都祇園の路地奥にある隠れ家酒場!!日本酒&肴でしっぽり☆「松本酒場」

まだ新しいお店。今年5月、祇園大和大路沿いの路地奥にオープンしたお店。レアな日本酒と選りすぐりの肴が楽しめ、小粋な雰囲気のオトナの酒場。
祇園なのにリーズナブルでクオリティも◎「京都天狼院(きょうとてんろういん)」でゆったりカフェタイム【開店】

祇園なのにリーズナブルでクオリティも◎「京都天狼院(きょうとてんろういん)」でゆったりカフェタイム【開店】

先日ご紹介した、次世代型書店「京都天狼院」。こちらは書店だけでなくカフェも併設されていて、カフェ単体としての利用もOK。オープン日に利用しましたので、その様子をお伝えいたします。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

デブ子デラックス デブ子デラックス