2018年2月8日 更新

【新店】京都祇園にオープンした餃子専門店!変り種みかん餃子必食!!立ち飲みスペースもあり☆「GYOZA8 (ギョウザエイト)」

四条大和大路少し下がる、夜営業のお店が立ち並ぶ華やかなエリア。昨年12月オープンの餃子専門店。京都の有名中華料理店の新業態。行ってきました。

京都有名中華料理店の新業態

 (114131)

昨年12月にオープン。四条大和大路通り下がった華やかな夜営業のお店が立ち並ぶ界隈に立地。わりと新しめのお店。よくここを通るたびに気になっていて、ようやく初訪問。

なんでも、京都では有名な中華料理店「一之船入」のオーナー魏さんの新業態だそうです。
 (114132)

ギョウザエイト。8の意味はなんでしょうね。お店の方に聞くの忘れてしまいましたが(汗)
中国では縁起のいい数字とされてますね。
 (114133)

この寒い時期だとなかなか利用する人もいないと思いますが、テラス席もあり、季節がよければ立ち飲みもできます。あと、テイクアウトもできます。
 (114135)

店内はウッディー系でカジュアルなバルスタイル。厨房側と壁側にカウンター席。女子がふらっと1人で入るにも抵抗ない雰囲気。
 (114136)

メニュー表もあるんですが、こんな手書き黒板メニューも。一見、餃子専門店には思えないようなバル風の雰囲気。
 (114137)

アルコール類も。
 (114134)

で、再びメニュー詳細。
せっかくだから、他では味わえないような変わった餃子を注文しよう!と友人と相談して、焼き餃子は大葉と小梅餃子420円、水餃子はみかん餃子440円を注文。
 (114139)

ドリンクメニュー。餃子だし、まあ生ビール550円を注文。
 (114138)

まずはカンパーイ!とプレモル生で。
 (114140)

最初に焼き餃子・大葉と小梅餃子が登場。4個入り。
 (114141)

中を割ってみます。わりと肉肉しい豚、細かくカットされて練り込まれた大葉、小梅は探し方が悪かったのか目視確認できませんでしたが、甘酸っぱい風味がそうなんだろうな、と。
最初、何も漬けずにいただき、あとは卓上の酢や醤油でタレを好みでつくってそれに漬けて。
 (114142)

そして、注目のみかん餃子。水餃子の上にみかんのマーマレードですかね。あと、青みがトッピング。
 (114144)

で、割ってみます。練り込まれているのでわかりづらいですが、ほのかに柑橘系みかんの風味が餡に。甘じょっぱい系ですね。中華で豚肉とフルーツを合わせた料理の発想と同じく。マーマレードもそこそこ甘いし。
 (114143)

タレをつけるとお酒もすすみます。この感じだと、ドリンク類もハイボールはもちろん、ワインも合いそう。

そして、このフルーツ使いの餃子だったり、餡にはにんにく不使用だったりするところに、女子ウケを狙ったような(笑)店の雰囲気もそうですが。ホントに女子一人でも入りやすいです。

それよりも朝8時から夜までずっと通し営業っていうスタイルが面白い。朝はお粥を提供してるみたいです。また、朝食タイムに来店してみたいですね。

ヨ~イヤサ~♪

GYOZA8(ギョウザエイト) への口コミ

詳細情報

住所:京都府京都市東山区大和町16-1
電話番号:075-585-5390
営業時間:8:00~22:00(L.O.21:30)
定休日:月曜日
20 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな