2019年8月19日 更新

【嵐山】嵐山昇龍苑で風車とひんやり夏限定スイーツが楽しめます♪

『嵐山昇龍苑』は、嵐山へ観光の際には立ち寄られた方も多いのでは?9月30日まで風車が設置されており、ひんやりスイーツも楽しめます♪

嵐山昇龍苑で涼をいただく♪

『嵐山昇龍苑』は嵐電嵐山駅のお向かい♪『老舗はたのし』をコンセプトに半兵衛麩や西利など、数々の京都老舗の店舗があり、嵐山観光の際には気軽に休憩出来ます。
期間限定で9/30まで風車が設置されていて、冷たいスイーツの提供もあり、涼を感じれますよ。
 (161186)

 (161193)

風情を感じる『昇龍苑』の看板と、風車が涼しげです。

大きな木の格子にたくさんの風車

 (161187)

入口のベンチそばに期間限定の風車が設置されています♪
風が吹くと良い感じで回って癒されます^_^
 (161188)

風車のアップはこんな感じ♪
 (161190)

風車そばに紙製の(多分)龍がありました!

夏季限定ひんやりスイーツ

 (161194)

2019年夏の限定メニュー。
個性的で美味しそうなメニューが多数です♪
いくつかいただいて来ました!

豆政のかき氷

 (161195)

こだわりの豆菓子を販売されている『豆政』は、嵐山昇龍苑の店舗限定で、黒蜜きな粉氷を提供されています♪
抹茶ベースのかき氷に、黒蜜とたっぷりのきな粉をトッピング(≧∇≦)
色んな味がうまくまとまっていて、中々美味しかったです♪
 (161196)

半兵衛麩 せせらぎ

 (161197)

生麩でお馴染みの『半兵衛麩』。
清らかなせせらぎを表し、生麩を使った冷たいお菓子です。
イートインもお持ち帰りも可能です。
 (161198)

たぶん寒天?で固められた生麩を、黒蜜をかけていただきます。
生麩がモチモチ〜(≧∇≦)
黒蜜をかけることで程よい甘みが出て、上品なお味でした♪
 (161199)

お持ち帰りのパッケージはこんな感じ♪

西利 氷菜

 (161200)

京都のお漬物といえば、『西利』を思い出される方も多いと思います♪
嵐山昇龍苑の西利では、イートインコーナーでお漬物の冷たいスイーツ、『氷菜』がいただけます♪
 (161201)

雫と霙と露の三種あり、霙をいただきました♪
少し凍ったトマトのお漬物に、シャーベット状の大根おろしとオクラ・枝豆がトッピングされていました。
ほんのりトマトの酸味と大根おろしとトッピングのお野菜がマッチして、新感覚のお味でした!
ちょっとくせになりそう♪

嵐山昇龍苑 へのツイート

店舗情報

名称:嵐山昇龍苑(あらしやま しょうりゅうえん)
住所:京都市右京区嵯峨天龍寺門前
電話番号:075-873-8180
関連ページ:http://www.syoryuen.jp/

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都カフェ】青もみじに包まれる『さがの楓カフェ』【嵐山嵯峨野】

【京都カフェ】青もみじに包まれる『さがの楓カフェ』【嵐山嵯峨野】

青もみじが美しい季節になりました♪ 竹林の小径や常寂光寺、落柿舎も近く、嵐山の青もみじ散策にロケーションの良いカフェ。テラス席からの眺望も楽しめます☆
m.m
銭湯リノベの嵐山を代表する人気カフェ♡贅沢食感パンケーキ「嵯峨野湯」【嵐山カフェ】

銭湯リノベの嵐山を代表する人気カフェ♡贅沢食感パンケーキ「嵯峨野湯」【嵐山カフェ】

銭湯をリノベーションした嵐山で1、2を争う人気のカフェ。もっちりふんわり生地はオンリーワンの味わいです。
3/7 嵯峨嵐山エリアにオープン「Soup Dining Pan Boo(パンブー)」

3/7 嵯峨嵐山エリアにオープン「Soup Dining Pan Boo(パンブー)」

新店オープンラッシュの右京区・嵯峨小学校エリア。3月にオープンした「Soup Dining Pan Boo(パンブー)」は、嵐嵯峨山では珍しいベジタブル・マクロビ料理が味わえるお店です。
嵯峨嵐山にかわいいおうちカフェ誕生「neige 喫茶とおやつ」【新店】

嵯峨嵐山にかわいいおうちカフェ誕生「neige 喫茶とおやつ」【新店】

嵯峨小学校近くに先月オープンしたカフェ「neige 喫茶とおやつ」。観光エリアにありながらいい意味で観光客向けでない、カフェ好きが喜ぶセンスいいお店。すでに感度高い方が来店していて話題です。
【嵯峨嵐山カフェ】日曜日だけのお楽しみ♪手づくりの優しさがうれしいおうちカフェ「cafe chiko(カフェチコ)」

【嵯峨嵐山カフェ】日曜日だけのお楽しみ♪手づくりの優しさがうれしいおうちカフェ「cafe chiko(カフェチコ)」

JR嵯峨嵐山駅から徒歩5分ほどの住宅街にあるおうちカフェ「cafe chiko(カフェチコ)」。日曜日のみ営業ですが、地元ではご近所さんを中心に憩いの場として重宝されています。親子で手づくりを大事に営まれているこちらをご紹介いたします。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

m.m m.m