2018年1月13日 更新

雪化粧した風情ある酒蔵が立ち並びます!龍馬ゆかりの「伏見桃山エリア」を散策!

雪化粧された神社仏閣もいいですが、風情ある酒蔵が立ち並ぶ伏見桃山のまた美しい景色が広がります。過去の写真で雪化粧された伏見桃山エリアをご紹介します。

また違った趣がある雪化粧された伏見桃山

 (110996)

酒蔵が立ち並び風情のある歴史の街、伏見エリア。
美味しいお酒や食事だけではなく、風情ある景色を楽しむ伏見散策も人気です。

あまり見られない雪化粧の伏見桃山エリアをご紹介します。
まずは、新高瀬川沿いにある松本酒造。テレビや雑誌、教科書でも見かける伏見を代表する景色です。
春には菜の花に包まれますが、雪化粧の松本酒造も風情あります。
 (111008)

松本酒造の塀にも雪が積もって。
 (110997)

宇治川派流、奥に見える酒蔵は月桂冠の大倉記念館など。
春には桜が咲き誇る、桜の名所でもあります。
 (110998)

まるで平成の時代とは思えない景色が広がります。
 (111009)

こちらは十石船乗り場。四季折々の伏見の景色を楽しむことができうる人気のレジャーです。
 (111000)

桜の名所と知られている長建寺、島の弁天さんと呼ばれ親しまれています。
 (111001)

境内には真っ白な世界が広がります。
 (111002)

 (110999)

宇治川派流沿いをすすみ、月桂冠 大倉記念館など酒蔵が立ち並ぶ風情のあるエリアにすすみます。
 (111003)

月桂冠大倉記念館では、貴重な酒造用具類が保存されており、また伏見の酒造りと日本酒の歴史を学ぶことができます。もちろん日本酒を試飲や買い物をすることもできます。
 (111006)

酒蔵をリノベーションした和食屋さんの「月の蔵人」
旬の素材を活かした、湯葉など京都を感じる食事がいただけます。
 (111007)

伏見を代表する人気焼鳥店「鳥せい本店」、神聖の酒蔵の一棟を改装した店舗です。
寒い日に焼鳥と熱燗なんていかがですか?至福の時間、間違いなし。
 (111012)

黄桜カッパカントリー周辺
 (111013)

坂本龍馬ゆかりの地、寺田屋です。
江戸時代から続く旅館で、幕末を代表する史跡のひとつ。
現在の建物は、鳥羽・伏見の戦いで焼失し、再建されたものになります。
16 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都酒場めぐり】酒処伏見の老舗酒蔵直営店!鳥料理をアテに自慢の日本酒を☆「鳥せい本店」

【京都酒場めぐり】酒処伏見の老舗酒蔵直営店!鳥料理をアテに自慢の日本酒を☆「鳥せい本店」

創業300年の老舗酒蔵・山本本家直営の鳥料理専門の居酒屋。多彩なメニューをアテに自慢の日本酒を堪能できる人気店。平日行ってきました。
伏見万灯流し ~鳥羽伏見の戦い 150年目の祈り~

伏見万灯流し ~鳥羽伏見の戦い 150年目の祈り~

鳥羽伏見の戦いで亡くなった人を供養する為に2004年に始まった「伏見万灯流し」。今年は鳥羽伏見の戦い150年目の節目の年です。
とろける手作り豆腐が美味!歴史ある酒蔵をリノベした雰囲気が魅力的「月の蔵人」

とろける手作り豆腐が美味!歴史ある酒蔵をリノベした雰囲気が魅力的「月の蔵人」

伏見桃山~中書島界隈で散策を楽しんだ後は、伏見らしいお店でほっとお食事タイムはいかがですか?
京都伏見に注目の新施設「伏見ラーメン小路」の建設計画が進行中!

京都伏見に注目の新施設「伏見ラーメン小路」の建設計画が進行中!

伏見区の大手筋近く、納屋町商店街に「伏見ラーメン小路」の建設計画が進行中!ますます伏見が盛り上がりそうです!
とっておきの京都の桜「伏見編 ①」名所から穴場、地元グルメまで

とっておきの京都の桜「伏見編 ①」名所から穴場、地元グルメまで

桜の見頃をむかえ、観光トップシーズンの京都。市内全体がにぎわいますが、市内中心部や人気観光地は混雑しすぎるという声も聞かれます。そこで今年は人ごみを避けて、伏見、大原、高雄、山科、西京、京北の、市内周辺部へでかけてみませんか?比較的ゆったり花見ができる「とっておき」のおすすめスポットをご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン