2021年7月31日 更新

【人気スイーツ】飲めるわらび餅、京都でも味わえます!「とろり天使のわらび餅 長岡店」【長岡京市】

メディアで連日話題の飲むわらび餅。大阪発祥ですが、チェーン店の京都の店舗、長岡京市の長岡店を紹介します。

フードコート内の話題店

 (210021)

地域に根付いたスーパーマーケットイズミヤ。阪急長岡天神駅から徒歩7~8分程の所にあります。
こちらに今回紹介する店舗が入っています。
大きめの駐車場も隣接していました。
 (210022)

正面入口から入ってすぐに、フードコートがあります。(1階)そちらに店舗が入っています。
 (210032)

フードコートへ入って少し奥にあります。
 (210023)

とろり天使のわらび餅長岡店。
京都初出店の店舗だそうです。
とろり天使のわらび餅は、2020年8月、大阪市中崎町に1号店を出店。大人気となり、店舗拡大中です。
現在京都にある店舗は、長岡京市の長岡店と、洛西口の2店舗のようです。
 (210025)

今回のお目当ては、大人気の「飲むわらび餅」。
アルバイトの女子高生の声から誕生したドリンクだそうです。
フレーバーはミルクティー・抹茶・黒蜜・キャラメルの4種。
あっさり目はミルクティー・抹茶、しっかりと甘いのは黒蜜・キャラメルだそうで、抹茶をチョイスしました。
 (210026)

店舗の一角に、天使の羽と天使がー♪
SNS映えしそうですね(笑)
 (210068)

とりあえず撮ってみました(笑)
もっと可愛く取りたかったんですが、ひとまず来店した記念に(笑)

飲むわらび餅 抹茶

飲むわらび餅 抹茶

ドリンクはこんな感じです。
わらび餅が底の方に入っていて、抹茶ドリンクの上に、生クリームがたっぷり入っています。
こちらはイートインスタイルで、丸いふたがついています。
持ち帰りはふたが違うようで、こぼれにくいように工夫されているようです。
 (210029)

これだけ生クリームが入っていると、生クリームだけ食べたくなっちゃったんですが、ストローの先が、スプーンのようになっていません。
後で混ぜてから気づいたんですが、一気に混ぜた方が味が完成して美味しかったです。
 (210030)

結局混ぜる前に、先にわらび餅を少し飲んじゃったんですが(笑)本当にストローで吸える柔らかさです。
わらび餅、さすがに美味しいです。噛まずに飲んじゃえる柔らかさでした。
氷がゴロゴロ入っているんですが、全体的に混ぜて、美味しすぎて一気に飲んでしまいました(笑)
店員さんのおすすめ通り、見た目よりあっさりといただけましたよ!
 (210033)

飲むわらび餅以外にも、とろとろ生わらび餅、クリームわらび餅も販売されていました。
とろとろ生わらび餅は、とろとろの食感を追求したわらび餅だそうです。わらび粉にも、きな粉にもこだわりを持って作られてるそうです。
クリームわらび餅は、生クリームとわらび餅の新鮮な組み合わせで、プレーン、黒ゴマ、ほうじ茶の三種があり、プリンのようにすくって食べるようです。
どちらも美味しそうですね!
 (210034)

その他、みたらし団子もありました!抹茶シュークリームは準備中のようです。

今回は話題の飲むわらび餅を紹介しました。
飲めるくらいトロトロのわらび餅は珍しくて美味しかったです。
近くへ行かれた際には立ち寄られてはいかがでしょうか?

店舗情報

名称:とろり天使のわらび餅 長岡店
住所:京都府長岡京市開田4丁目7-1イズミヤ長岡店1F
営業時間:10:00~20:00
関連ページ: 公式サイト https://www.torori-tenshi-no-warabimochi.com/
長岡店Instagram https://www.instagram.com/tenshino_warabimochi_nagaoka/
16 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

m.m m.m

オススメの記事

今注目の記事