2019年1月12日 更新

【京都風景ぶらり】NHK大河ドラマ『いだてん』で大注目オブジェ!12人の韋駄天が駆けめぐる☆「島津メディカルプラザビル」

西大路御池にある島津メディカルプラザビルの敷地内にあるからくり時計。そのオブジェが今話題のNHK大河ドラマ『いだてん』にまつわるという。行ってきました。

NHK大河ドラマ『いだてん』にまつわるからくり時計

 (142703)

地下鉄西大路御池駅。その交差点。ちょっと今話題のスポット。
 (142704)

ちょうど島津メディカルプラザビル。ここにはフィットネスジムやレストラン、人間ドックがあったり。
 (142702)

その敷地内。ちょうど交差点角にあるこちらの時計。今ちょっとした話題に。
 (142705)

朝のちょうど8時。そのタイミングでやってきました。というのも、これがからくり時計と聞いてたので。で、しばらく動画で録画してたんですが、一向に動く気配なし(泣)今はからくり機能してないのかもしれません。

で、このオブジェをよくよく見ると、ランナーらしき人が円形に走ってる風。12人。
 (142706)

このオブジェ、タイトル『十二人の韋駄天が駆けるとき盛。』
もうおわかりですね(笑)ここにも『いだてん(韋駄天)』がいます。彫刻家・五里攻氏作で平成2年12月に設置されたもの。
 (142707)

日本のオリンピック選手をモチーフにしたんでしょうか。時をかける韋駄天たち。日常の風景の中にも、こんな韋駄天が紛れ込んでいたり。お近くに来られた際には、足を止めてご覧になられてはいかがですか?

ツイート

基本情報

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers