2019年1月7日 更新

【京都厳選調味料】大正9年創業の京の手づくり地ソースの老舗!味と香りが自慢☆廣田本店「蛇ノ目ソース」

亀岡市にある地ソースメーカー。創業は大正9年(1920)と歴史古く、現在も昔からある飲食店では愛用される人気の地ソース。

京都では二番目に古い地ソースの老舗

 (142123)

たまたま買い物で来た亀岡にあるスーパー。ふと調味料コーナーを見ると、意外とこの周辺に立地する調味料メーカーの種類の多さに驚かされます。醤油、ポン酢、ソースなど。
 (142124)

その中でも、一際種類豊富な地ソース。ウスター、とんかつ、お好み焼き、焼そばなど。蛇ノ目ソース、と書かれていて、ようやく思い出して。
 (142156)

 (142157)

以前千本丸太町にある古い大衆居酒屋でこちらのソースを見かけ、わりと甘めで後を引く美味しさだったことを思い出して。

地ソースに詳しい人の間では今でも名前が挙がる有名なソースとは認識しつつ、詳しいことはわからなかったのですが。
 (142119)

その地ソースメーカーが亀岡にあると知り、行ってみることに。市内国道9号線から山陰道沿い。
 (142121)

通りの車窓からもよく見える場所に立地。普段平日なら、こちらで直接ソースを購入することも可能で、消費税分オフで販売されていますが、この日は日曜日で定休日。
 (142120)

大正9年(1920)創業のソースメーカー。京都では大正7年創業のオジカソースに次ぎ、2番目に古い地ソースの老舗。まあ『蛇ノ目』というネーミングからして、老舗なんだろうな、という予測はつきます(笑)

ソースは業務用から小売まで幅広く製造販売。さらに高級「黒みつ」や「抹茶みつ」をはじめ、かき氷用の各種氷みつも製造販売。
 (142122)

普段はここが入り口なんでしょうね。
 (142159)

看板を見て、ふと気になった『廣田本店』の文字。そういえば、北区の地ソースメーカー「ヒロタソース」があったな、と。同じ『廣田』を名乗るって、何か関係あるのかな?と。

すると、やはり親戚筋であることが判明。
蛇ノ目ソースが本家で、ヒロタソースが分家。一時『蛇ノ目食品廣田徳七商店』と名乗り製造販売されていましたが、今ではソース自体の製法も独自路線になり社名も『ヒロタソース』に改名。
 (142152)

で、今回はその御本家となる蛇ノ目ソースのウスターソースを買ってみました。500gで税込389円。地ソース界では割安なほうじゃないですかね。
 (142155)

で、味見してみました。辛味成分より香り成分の強いスパイスを駆使してる印象。風味豊かで、甘みも十分あり。ソース全体の味が濃厚。それだけ原材料配合が多いということなんでしょうかね。フライにかけて食べるとさらに美味しさを引き出してくれそうな。

老舗の美味しさを存分に味わえる地ソースです。ご賞味ください。

蛇ノ目ソース へのツイート

詳細情報

住所:京都府亀岡市篠町篠赤畑14
電話番号:0771-24-3911
営業時間:午前9時~午後5時
定休日:土曜日、日曜日、祝日(お盆、シルバーウィーク、年末年始)
公式サイト:http://www.janomesauce.com/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers