2017年9月28日 更新

【京都酒場めぐり】京都居酒屋チェーン!庶民的メニューと驚きの安さが人気!!大衆酒場「寿海(じゅかい)」【千本丸太町】

丸太町通りにある、京都居酒屋チェーンの大衆酒場。気取らない庶民的メニューと驚きの安さが人気。初訪問。

昭和的大衆酒場オーラに誘われて

 (94991)

千本通から丸太町通を東へ。昼間いつも見かけて気になっていた大衆酒場。「大衆酒場」という言葉の響きに惹かれて(笑)
 (94990)

こちらは長岡京市に本店があり、京都に6店舗あるチェーン店。わりと古めのお店みたいです。というか、この店構えに只ならぬ名店オーラを感じるのは私だけでしょうか(笑)
 (95016)

店に入るとすでに満席に近い状態でギリギリカウンター席確保。カウンター15席、そして座敷席も2階にあるようで8~10席。宴会もできるスペース。

もう大衆酒場全開の雰囲気。年配の方から若いカップルまで、その客層幅広く。いいなぁ~こういうの。
 (94993)

で、メニュー。
 (94994)

ザ☆居酒屋的なメニュー揃い。しかもかなり安い。
 (94995)

安いうえにバリエーションも豊富。さらに、「寿海セット」ではお酒とアテがセットになったものオール990円。それも3種類。で、とりあえず、Aセット、瓶ビールと串かつ盛り合わせ、おでん2個を注文。
 (94996)

黒板にはおすすめメニューも。とにかく2、300円台のメニュー中心で安い。
 (94997)

で、寿海セットのAセット。瓶ビールとおでんは玉子とひろうすをチョイス。他にもそそるおでん種いろいろありましたが。急に夜冷えるようになったんで、おでんがおいしく感じる夜でした。
 (94998)

串かつ盛り合わせ。せいぜい3本くらいかと思ってたら、このボリューム(笑)
 (94999)

こちらでは京都の地ソース・蛇の目。甘めで美味しいソースでした。
 (95000)

で、瓶が空いたので日本酒にスイッチ。ロックでレモンが添えられたもの。こういう飲み方初めてかも。
 (95002)

牛スタミナ焼き280円。安ッ!これも家庭的な安心する味。
 (95001)

春巻き280円。安ッ!2種類あって、具はチーズとコロッケ風。全部のお皿に言えることですが、ちゃんと生野菜が付け合せになってる所がまたいい。
 (95003)

きびなご造り330円。安ッ!注文聞いてから、ご主人がひとつひとつ丁寧に皮向いて処理されてました。まあ、申し分ないアテ。

これだけいろいろ二人で食べて、会計ひとり1300円でした。安ッ!!こんなお店が職場近くにあったら、帰りにフラフラ寄ってしまうわ絶対。そんな安さと和む雰囲気が魅力のお店でした。
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【保存版】京都ディープ酒場『四富会館』の個性派オススメ店!昭和レトロに酔いしれる☆【厳選4店】

【保存版】京都ディープ酒場『四富会館』の個性派オススメ店!昭和レトロに酔いしれる☆【厳選4店】

京都ディープ酒場としておなじみの四条富小路にある『四富会館』。昭和風情漂う空間に居酒屋が雑居するレトロスペース。その中でも個性派の人気オススメ店を集めました。
【京都スナックめぐり】ディープエリア西陣の妖艶な隠れ家店!昭和世代号泣必至のレコードぞろい☆「ヘルメス」

【京都スナックめぐり】ディープエリア西陣の妖艶な隠れ家店!昭和世代号泣必至のレコードぞろい☆「ヘルメス」

西陣エリアにある知る人ぞ知る有名なお店。店自体昭和仕様で時が止まったかのような時代錯誤感と絶滅危惧種感。店内には昔懐かしいレコード盤が並び、驚きの名盤に再会できる場所。
【京都ランチめぐり】ディープエリア・西陣の激シブ老舗お好み焼き店!昔懐かしい昭和レトロ感☆「吾妻軒」

【京都ランチめぐり】ディープエリア・西陣の激シブ老舗お好み焼き店!昔懐かしい昭和レトロ感☆「吾妻軒」

ディープエリア西陣。千本一条通りにある見るからに古い店構えのお好み焼き店。中に入ると、これまた昭和レトロで、昔懐かしい雰囲気のお好み焼きが食べられるお店。ランチで利用しました。
【京都酒場めぐり】昼間から満員!クオリティの高さ抜群の人気立飲み店☆「柳小路TAKA」

【京都酒場めぐり】昼間から満員!クオリティの高さ抜群の人気立飲み店☆「柳小路TAKA」

京都イチの繁華街・四条河原町の北西、柳小路にある、昼から立ち飲みができるお店。クオリティ高い料理やレアな日本酒を提供することで、不動の人気店。
せんべろセットがオトクすぎ!伏見にある高架下の昭和酒場「大寅(だいとら)」

せんべろセットがオトクすぎ!伏見にある高架下の昭和酒場「大寅(だいとら)」

近鉄桃山御陵前の高架下にある昭和風情漂う酒場「大寅(だいとら)」。オトクなせんべろセットを堪能してきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers