2018年3月8日 更新

ロケーションが素敵過ぎる♡【宇治市・炭山】に元牛舎を利用したカフェがオープン☆その名も「基牛舎」(もとぎゅうしゃ)

宇治の市街地からクルマで20分ほどの静かな山里「炭山」(すみやま)☆この地に元牛舎を改装したという珍しいカフェが1/28にオープンしました☆自然に囲まれたロケーションに洗練されたデザインのカフェがとても魅力的です☆

生まれ変わった牛舎

 (117567)

宇治の市街地から、ほんの20分ほどクルマを走らせれば「炭山」という静かな山里に到着します

昔はその名の通り炭焼きの集落、近年では陶芸の里として知られる地

ホントのどかで静かな場所です

携帯は圏外だし(苦笑)

すれ違った小学生は、見ず知らずの私たちを見てぺこりとお辞儀をするという純朴さ!(笑)

牛舎だった建物がどんな感じにカフェに生まれ変わったのか…興味津々です♪
 (117568)

 (117569)

この場所に牛さんが…
そんな想像する必要無いですが(苦笑)

見事に洗練された、今時のカフェらしいお洒落空間に仕上がってますね

ナチュラルな演出は元々あるものを利用すればいい訳ですから面白い
 (117570)

ほぼそのままの屋根と、全く違うテイストの照明

「らしくない」演出がセンス良いですね
 (117571)

牛舎deランチ

 (117573)

丁寧にしっかり作り込まれたプレートランチがいただけます
自然な味付けでほっこり ♪ 美味しい

数量限定で15時まで

遅い時間なら予約が確実です
 (117575)

 (117576)

デザートセットの抹茶ロールとアイス

このお皿やランチプレートの器、コーヒーカップは陶芸作家である店主の作品だそうです

器のセンスはカフェを楽しむ重要な要素になってますね
 (117577)

 (117578)

 (117579)

この元々あった細長い窓が絶妙ですね

牛さんの目線がカフェの窓としてちょうど良い?!(笑)
 (117580)

 (117581)

ギャラリー@牛舎

 (117583)

店主の陶芸作品だけでなく、地域の作家さんたちの作品も展示販売

このときは凄く古い雛人形の展示もされていました
 (117584)

 (117589)

 (117588)

 (117585)

公共の交通機関はありません

クルマか、六地蔵駅からタクシーか…

距離はそれほどでもありませんが、アクセスのハードルは高いですね

しかし、このとても日本的な、静かな山里のロケーションは魅力的です

「圏外」というのも、今時とても素敵な味付けですしね(笑)

基牛舎 口コミ情報

基牛舎 基本情報

■店舗名    基牛舎(もとぎゅうしゃ)

■住所    京都府宇治市炭山養老町44

■電話番号  050-3696-1432

■営業時間  11:00〜18:00

■営業日  金・土・日・祝日

■駐車場  あり

■詳細ページ  http://motogyusha.com/
        https://www.instagram.com/motogyusha/?hl=ja

関連する記事 こんな記事も人気です♪

和カフェ京都代表、絶対的な抹茶感は無敵の美味しさ!伊藤久右衛門【宇治カフェ】

和カフェ京都代表、絶対的な抹茶感は無敵の美味しさ!伊藤久右衛門【宇治カフェ】

宇治茶カフェ一号店の名を掲げた宇治を代表する茶寮。店頭に鎮座する抹茶パフェはこだわり尽くしの逸品です。
古都清流と名器、宇治をまるごと満喫「福寿園 宇治工房 福寿茶寮 」【宇治カフェ】

古都清流と名器、宇治をまるごと満喫「福寿園 宇治工房 福寿茶寮 」【宇治カフェ】

源氏物語所縁の朝霧橋たもとの福寿園宇治茶工房。言わずと知れた歴史あるお茶の名店。 洗練された二階のサロンで名器とおいしいお料理と非日常的なな古都の揺らぎフィールリラックス。
宇治観光で珈琲ならココ!宇治カフェの新定番「ラクカフェ」

宇治観光で珈琲ならココ!宇治カフェの新定番「ラクカフェ」

宇治川沿いに佇むナチュラルギャラリーカフェ「ラクカフェ」。本格派コーヒーとオリジナリティに富んだメニュー。古都宇治と異国の融合でほっこりカフェタイム。
美味しさボリュームモンスター級*イエローモンスターカフェ【宇治カフェ】

美味しさボリュームモンスター級*イエローモンスターカフェ【宇治カフェ】

テーマカラーは幸せの予感を掻き立てるイエロー。親しみやすいマスターがたてる一杯だての香り高いコーヒー。 出されるお品に愛を感じる出色のモーニング。
京都カフェ文化的にはもはや老舗「かもがわカフェ」☆何気ない日常感が格好良過ぎ【荒神口】

京都カフェ文化的にはもはや老舗「かもがわカフェ」☆何気ない日常感が格好良過ぎ【荒神口】

自家焙煎の珈琲、お洒落で美味しいフード、癒しの空間…カフェとしての魅力はいろいろですが、長く続く人気のカフェというのは言葉では表現出来ない何かが…あるんですよね☆こちらもそういうお店です

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

千恋し 千恋し