2021年12月9日 更新

栗のおいしい季節がきた!『マールブランシュ』の「クールバトン モンブラン」

秋の味覚の1つ、栗。京土産「茶の菓」で人気な『マールブランシュ』ですが、モンブランも有名なのです。創業以来、大切に守り続けられた味をおうちでいかがですか?

『マールブランシュ』のお取り寄せケーキ

 (215880)

1982年に創業。京都 北山に本店がある『マールブランシュ』。

京土産「茶の菓」が人気ですが、ケーキも自慢。

手土産にするだけでなく、カフェの利用もおすすめです。
 (213371)

なかなか行けない方には、お取り寄せも。

全国どこに住んでいる方にも楽しんでいただけたら、と配達可能なケーキが4種類用意されています。
【冷蔵ケーキ】
マール・ザ・チーズケーキ

マール・ザ・チーズケーキ

抹茶テリーヌ「京ippon」

抹茶テリーヌ「京ippon」

【冷凍ケーキ】
クールバトン モンブラン

クールバトン モンブラン

クールバトン いちご&バニラ

クールバトン いちご&バニラ

今回は「クールバトン モンブラン」をご紹介します。

クールバトンとは?

 (213381)

凍らせているのに、食べたらふんわりしている不思議なケーキ。

冷凍庫から出してすぐでも、カッチカチではありません。

やわらかく、なめらかな口溶けに、きっと驚かれることでしょう。


数分待つと、中のムースグラッセが半解凍状態になります。

自分好みの食べ頃を見つけてくださいね。
 (213383)

ケーキって持ち運ぶ時に、傾かないか注意が必要ですよね。配達なら、なおさら。

ですが、写真のようにしっかり梱包されているので、ご安心を!

名物のモンブラン

 (213386)

『マールブランシュ』のケーキを食べるなら、ぜひ1度は味わっていただきたいのがモンブラン。

「マールブランシュと言えばモンブラン」

そう呼ばれているように、創業以来、大切に守り続けられているお菓子だからです。


創業者が食べた、本場パリのモンブラン。

現地の「本物」を京都でも。想いを込めて作られています。
 (213388)

 (213390)

マロンクリームは繊細で、見とれるほどきれい。

マロンの上には金紛が。なんとも贅沢です。
 (213391)

クルミが入っている生地は、ザクザクとした食感が楽しい!

生地だけでも販売してほしいほど、やみつきになります。
 (213393)

ムースグラッセはバニラをきかせていて、濃厚なマロンクリームを引き立ててくれています。

断面図を見てもわかるように、たっぷり絞られていて嬉しい。


ラム酒が香る、大人のモンブラン。

秋の味覚を頬張ってみませんか?

詳細情報

『マールブランシュ』北山本店
住所:京都府京都市北区北山通植物園北山門前
営業時間:
ショップ 9:00 - 18:00
サロン  10:00 - 18:00(L.O.17:30)
電話番号:075-722-3399
HP:http://www.malebranche.co.jp/
29 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

まみの京都好奇心手帖 まみの京都好奇心手帖

オススメの記事