2018年7月13日 更新

【京都祇園祭限定フード】毎年恒例!あのしみしみが今年も降臨!!行列ができる名物しみだれ豚饅「膳處漢(ぜぜかん)ぽっちり」

もう祇園祭の名物フード。中華料理店「膳處漢(ぜぜかん)ぽっちり」が祇園祭前祭期間のみ販売するしみだれ豚饅。

祇園祭前祭限定!今年もしみしみのしみだれ豚饅降臨!!

 (128616)

中華料理店「膳處漢(ぜぜかん)ぽっちり」。祇園祭フードといえば、ここの前祭限定販売の「しみだれ豚饅」が超メジャー。
 (128618)

今年も告知看板出てます。道行く人が皆足を止めて、13日からか~とつぶやくほど、皆にとって重要事項(笑)13日、11時半ごろより販売開始。

毎年祇園祭前祭の13~16日まで販売の限定商品。最終日は早々売り切れ御免になることもある人気の豚まん。1個500円。
 (128617)

なんかもう、これ食べないと祇園祭きた感じがしない人もいるほど、名物豚まんになってます。もはや(笑)
 (128630)

これは以前食べたときの様子なんですが。

観光目的の一般の人ももちろん買いにくるわけですが、近所のOLやサラリーマンも昼休みに職場の皆で分けるのか、10個とか大量に買っていく場面も。
 (128631)

外からのぞく厨房では豚饅を蒸す大きなせいろがいくつも。とにかく次から次へと飛ぶように売れていきます。

 (128632)

しみだれ豚饅の肝は何と言っても、この後からタレをたっぷり塗ってしみしみに仕上げること。こんなん見せられたら、誰でも食べたくなるわ!の画。
 (128633)

しみしみにされて、スタンバイオッケー。すかさず袋に入れられて。
 (128635)

ちょっとレトロ感もあるこのパッケージすら名物。
 (128634)

しみしみにタレがしみた豚饅。
店の周辺で待ちきれず、炎天下の中で辛抱たまらずに熱々の豚饅を脇道でパクつく人続出(笑)まあ、それぐらい美味しい肉汁あふれるしみしみのしみだれ豚饅。

今年も13日から販売。数にも限りがあります。お早目に!

2018年の様子

 (128760)

 (128761)

 (128762)

ちなみに、2018年7月13日金曜日12時くらいの様子。やはり人気で行列でした。3連休中は更なる行列が見込まれます。熱中症対策にご配慮ください。

しみだれ豚饅 へのツイート

19 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都祇園祭限定フード】今年もしみしみ激ウマ!行列ができるほど名物のしみだれ豚饅!!「膳處漢(ぜぜかん)ぽっちり」【四条烏丸】

【京都祇園祭限定フード】今年もしみしみ激ウマ!行列ができるほど名物のしみだれ豚饅!!「膳處漢(ぜぜかん)ぽっちり」【四条烏丸】

もう祇園祭の名物フード。中華料理店「膳處漢(ぜぜかん)ぽっちり」が祇園祭前祭期間のみ販売するしみだれ豚饅。すでに絶賛販売中。早速食べてきました!
【祇園祭限定フード】しみしみのタレがうまい!行列ができるほど名物のしみだれ豚饅!!「膳處漢ぽっちり」【四条烏丸】

【祇園祭限定フード】しみしみのタレがうまい!行列ができるほど名物のしみだれ豚饅!!「膳處漢ぽっちり」【四条烏丸】

もう祇園祭名物みたいなもんです。中華料理店「膳處漢(ぜぜかん)ぽっちり」が祇園祭前祭期間のみ販売するしみだれ豚饅、初めて食べてきました!
【京都祇園祭フード】菊水鉾にちなんだ銘菓!不老長寿も叶う琥珀色の涼菓したたり☆「亀廣永 (かめひろなが)」

【京都祇園祭フード】菊水鉾にちなんだ銘菓!不老長寿も叶う琥珀色の涼菓したたり☆「亀廣永 (かめひろなが)」

祇園祭・菊水鉾にちなんだ銘菓。菊水鉾保存会で設けられた御茶席でも振る舞われる、和菓子店・亀廣永 (かめひろなが)の涼菓。鉾見学の後、テイクアウトして自宅でいただきました。
【京都ランチめぐり】コスパいい数量限定点心付坦々麺ランチ必食!お手軽な街の中華料理店「美龍(メイロン)」

【京都ランチめぐり】コスパいい数量限定点心付坦々麺ランチ必食!お手軽な街の中華料理店「美龍(メイロン)」

円町界隈を散策中のランチタイム。知り合いオススメの中華料理店。中でも坦々麺に日替わり点心のついたランチメニューはコスパよし。
京都でも大人気「551蓬莱の豚まん」 京都伊勢丹店には中華メニューのイートインもできます!

京都でも大人気「551蓬莱の豚まん」 京都伊勢丹店には中華メニューのイートインもできます!

京都駅直結の百貨店、伊勢丹地下2階にお土産に大人気の「551蓬莱」の店舗があり、お持ち帰りはもちろんイートインスペースでは本格中華メニューが頂けます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers