2017年7月13日 更新

【京都祇園祭限定フード】今年もしみしみ激ウマ!行列ができるほど名物のしみだれ豚饅!!「膳處漢(ぜぜかん)ぽっちり」【四条烏丸】

もう祇園祭の名物フード。中華料理店「膳處漢(ぜぜかん)ぽっちり」が祇園祭前祭期間のみ販売するしみだれ豚饅。すでに絶賛販売中。早速食べてきました!

祇園祭前祭限定!今年もしみしみのしみだれ豚饅到来!!

 (86852)

中華料理店「膳處漢(ぜぜかん)ぽっちり」。祇園祭フードといえば、ここの前祭限定販売の「しみだれ豚饅」が超メジャー。
 (86863)

毎年祇園祭前祭の13~16日まで販売の限定商品。最終日は早々売り切れ御免になることもある人気の豚まん。
 (86854)

なんかもう、これ食べたら祇園祭やなぁ~とか思ってしまうくらい定着(笑)
 (86876)

で、今日から販売開始で昼時早速行ってみるとすでに行列が。さすが人気です。近所のOLやサラリーマンですかね。職場の皆で分けるのか、10個とか大量に買っていく場面も。
 (86855)

外からのぞく厨房では豚饅を蒸す大きなせいろがいくつも。とにかく次から次へと飛ぶように売れていきます。
 (86864)

しみだれ豚饅の肝は何と言っても、この後からタレをたっぷり塗ってしみしみに仕上げること。こんなん見せられたら、誰でも食べたくなるわ!の画。
 (86857)

しみしみにされて、スタンバイオッケー。すかさず袋に入れられて。

ずっしりと重い食べごたえアリアリの豚まん

 (86858)

もう、このパッケージすら名物。それにしても熱々です。
 (86859)

中にしみしみにタレがしみた豚饅。
 (86860)

もうたまらんので、この熱々を脇道でパクつく。皆そんな感じで周辺でパクついてます(笑)
 (86861)

すごい肉肉しいブヒれる豚まん。でも、噛むとカリカリといい食感。山くらげがゴロンと入っています。そしてタレの醤油感。生地にたっぷりタレを含むことによって、フレンチトーストのようなモチモチ感も。これは食べ応えあり。ビールと一緒に食べれば一気に昇天。

そんな食事感あるしみだれ豚饅。その場で食べなくてもテイクアウトして、家でチンして食べてもタレが沁みてるから美味しく食べられそう。祭期間中は飲食店もなかなか込み込みだったりする際にはこんな軽食もいいかも。ぜひご賞味あれ!

ヨ~イヤサ~♪

しみだれ豚饅 への口コミ

膳處漢(ぜぜかん)ぽっちり 基本情報

名称
膳處漢ぽっちり
住所
京都府京都市中京区 天神山 町 283-2
電話番号
075-257-5766
営業時間
11:00~17:30 / 18:00~23:00※バー17:00~3:00
定休日
無休
関連URL
http://www.kiwa-group.co.jp/restaurant/130/

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都祇園祭限定フード】毎年恒例!あのしみしみが今年も降臨!!行列ができる名物しみだれ豚饅「膳處漢(ぜぜかん)ぽっちり」

【京都祇園祭限定フード】毎年恒例!あのしみしみが今年も降臨!!行列ができる名物しみだれ豚饅「膳處漢(ぜぜかん)ぽっちり」

もう祇園祭の名物フード。中華料理店「膳處漢(ぜぜかん)ぽっちり」が祇園祭前祭期間のみ販売するしみだれ豚饅。
【京都祇園祭限定フード】13日から販売開始!しみしみ激ウマの名物しみだれ豚饅☆「膳處漢(ぜぜかん)ぽっちり」

【京都祇園祭限定フード】13日から販売開始!しみしみ激ウマの名物しみだれ豚饅☆「膳處漢(ぜぜかん)ぽっちり」

おおきに~豆はなどす☆今回は毎年祇園祭限定フードとして人気を集めるしみだれ豚饅。そろそろ販売開始時期を待ちわびてる方多数。昨年の様子を踏まえご紹介します。
【祇園祭限定フード】しみしみのタレがうまい!行列ができるほど名物のしみだれ豚饅!!「膳處漢ぽっちり」【四条烏丸】

【祇園祭限定フード】しみしみのタレがうまい!行列ができるほど名物のしみだれ豚饅!!「膳處漢ぽっちり」【四条烏丸】

もう祇園祭名物みたいなもんです。中華料理店「膳處漢(ぜぜかん)ぽっちり」が祇園祭前祭期間のみ販売するしみだれ豚饅、初めて食べてきました!
【京都氷菓めぐり】錦市場の京生麩老舗で涼やか笹味のかき氷!祇園祭限定粽麩まんじゅうも☆「麩嘉(ふうか)」

【京都氷菓めぐり】錦市場の京生麩老舗で涼やか笹味のかき氷!祇園祭限定粽麩まんじゅうも☆「麩嘉(ふうか)」

おおきに~豆はなどす☆今回は京の台所として知られる、国内外問わず観光客に人気の商店街。中でも錦市場を代表する京生麩専門店の夏季限定のちょっと珍しいかき氷。
【京都祇園祭フード】菊水鉾にちなんだ銘菓!不老長寿も叶う琥珀色の涼菓したたり☆「亀廣永 (かめひろなが)」

【京都祇園祭フード】菊水鉾にちなんだ銘菓!不老長寿も叶う琥珀色の涼菓したたり☆「亀廣永 (かめひろなが)」

祇園祭・菊水鉾にちなんだ銘菓。菊水鉾保存会で設けられた御茶席でも振る舞われる、和菓子店・亀廣永 (かめひろなが)の涼菓。鉾見学の後、テイクアウトして自宅でいただきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな