2017年7月13日 更新

【京都祇園祭限定フード】今年もしみしみ激ウマ!行列ができるほど名物のしみだれ豚饅!!「膳處漢(ぜぜかん)ぽっちり」【四条烏丸】

もう祇園祭の名物フード。中華料理店「膳處漢(ぜぜかん)ぽっちり」が祇園祭前祭期間のみ販売するしみだれ豚饅。すでに絶賛販売中。早速食べてきました!

祇園祭前祭限定!今年もしみしみのしみだれ豚饅到来!!

 (86852)

中華料理店「膳處漢(ぜぜかん)ぽっちり」。祇園祭フードといえば、ここの前祭限定販売の「しみだれ豚饅」が超メジャー。
 (86863)

毎年祇園祭前祭の13~16日まで販売の限定商品。最終日は早々売り切れ御免になることもある人気の豚まん。
 (86854)

なんかもう、これ食べたら祇園祭やなぁ~とか思ってしまうくらい定着(笑)
 (86876)

で、今日から販売開始で昼時早速行ってみるとすでに行列が。さすが人気です。近所のOLやサラリーマンですかね。職場の皆で分けるのか、10個とか大量に買っていく場面も。
 (86855)

外からのぞく厨房では豚饅を蒸す大きなせいろがいくつも。とにかく次から次へと飛ぶように売れていきます。
 (86864)

しみだれ豚饅の肝は何と言っても、この後からタレをたっぷり塗ってしみしみに仕上げること。こんなん見せられたら、誰でも食べたくなるわ!の画。
 (86857)

しみしみにされて、スタンバイオッケー。すかさず袋に入れられて。

ずっしりと重い食べごたえアリアリの豚まん

 (86858)

もう、このパッケージすら名物。それにしても熱々です。
 (86859)

中にしみしみにタレがしみた豚饅。
 (86860)

もうたまらんので、この熱々を脇道でパクつく。皆そんな感じで周辺でパクついてます(笑)
 (86861)

すごい肉肉しいブヒれる豚まん。でも、噛むとカリカリといい食感。山くらげがゴロンと入っています。そしてタレの醤油感。生地にたっぷりタレを含むことによって、フレンチトーストのようなモチモチ感も。これは食べ応えあり。ビールと一緒に食べれば一気に昇天。

そんな食事感あるしみだれ豚饅。その場で食べなくてもテイクアウトして、家でチンして食べてもタレが沁みてるから美味しく食べられそう。祭期間中は飲食店もなかなか込み込みだったりする際にはこんな軽食もいいかも。ぜひご賞味あれ!

ヨ~イヤサ~♪

しみだれ豚饅 への口コミ

18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【祇園祭限定フード】しみしみのタレがうまい!行列ができるほど名物のしみだれ豚饅!!「膳處漢ぽっちり」【四条烏丸】

【祇園祭限定フード】しみしみのタレがうまい!行列ができるほど名物のしみだれ豚饅!!「膳處漢ぽっちり」【四条烏丸】

もう祇園祭名物みたいなもんです。中華料理店「膳處漢(ぜぜかん)ぽっちり」が祇園祭前祭期間のみ販売するしみだれ豚饅、初めて食べてきました!
【京都祇園祭限定フード】飲む水ようかん『水あずき』をつるん!涼やかな和のドリンク☆京菓子「永楽屋」【室町】

【京都祇園祭限定フード】飲む水ようかん『水あずき』をつるん!涼やかな和のドリンク☆京菓子「永楽屋」【室町】

涼やかな祇園祭限定フード。有名京菓子店の夏のお菓子・水羊羹をドリンクタイプに。祭り期間中の暑さで疲れた身体を癒やしてくれる名物ドリンク。
今年で創業300年!敬老の日に玉露の贈り物☆世界に誇る京都を代表する老舗☆「一保堂茶舗」【寺町二条】

今年で創業300年!敬老の日に玉露の贈り物☆世界に誇る京都を代表する老舗☆「一保堂茶舗」【寺町二条】

京都を代表する老舗茶舗・一保堂。今年で創業300年。いつも国内外問わず、ワールドワイドな客でにぎわう。
京町家で避暑☆名物・琥珀(こはく)流し8月はひやしあめ!明治創業の老舗京銘菓「大極殿本舗 六角店 栖園(せいえん)」【烏丸六角】

京町家で避暑☆名物・琥珀(こはく)流し8月はひやしあめ!明治創業の老舗京銘菓「大極殿本舗 六角店 栖園(せいえん)」【烏丸六角】

創業明治18年の老舗京銘菓。そして、月替りのこちらの名物「琥珀(こはく)流し」は8月の残暑シーズンにふさわしく、ひやしあめ。まだまだ暑い日中、暑さを避けて京町家でほっこりと頂いてきました。
京都人のソウルフード『餃子の王将』!アホ食いしてもこの安さとクオリティ!!創業50年記念キャンペーンも実施中【京都山科】

京都人のソウルフード『餃子の王将』!アホ食いしてもこの安さとクオリティ!!創業50年記念キャンペーンも実施中【京都山科】

名神高速・京都東インターすぐにある「餃子の王将」京都東インター店。遠出帰りの夕飯に、と立ち寄った時の、最新王将情報をお届けします。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな