2019年10月29日 更新

変わらないおばちゃんの笑顔と昭和レトロな大盛り食堂「千成餅食堂」【山科駅】

山科駅から徒歩3分、変わらない雰囲気とごはん大盛を求めていつもの定食屋「千成餅食堂」へ。

変わらない安定感

 (166628)

山科で仕事をしていたので、ぶらり駅前を歩いてランチを探していました。
山科駅から徒歩3分ほどに場所に位置する「千成餅食堂」
外から見ると普通の民家。古き良き時代の昭和を香り、山科で働く人々の胃袋を支えきたオーラを感じます。
雨だったので、カメラのレンズが曇ってますね(ゴメン)
 (166638)

最近は見なくなりましたね。こういうおかずの入った冷蔵庫。
こういうレトロな世界観が好きなんですよ。
右上はしに、紫色のなすびが...なんだあれは??笑

山科のマスコットキャラクター山科なす「もてなす君」

 (166640)

ズームアップバージョン!名前は「もてなす君」です。
山科の地元の方がまちづくりの一環として、山科なすの風船をつるす取り組みを始めたそうです!
山科駅近くの飲食店の店頭・店内には、結構飾っています。可愛いキャラクター、なすで町おこし!
 (166625)

お店のおばちゃんに写真撮って良いですか?って聞いたら恥ずかしいから後ろ姿なら良いって言われました。
この写真は、風情があって、令和ではなくて昭和ですね♡
お昼時は、あわただしくにぎわっています。
結構お客さんが多く、地元の繁盛店です。

人気の日替わり定食

 (166632)

もてなす君を眺めて、お腹が減ったので1秒で注文しました。
日替わり定食です!
おかずが何かを聞かないで即注文するのがポポのスタイルです!

日替わりは出てくるのが早いからね。
おばちゃんとの何気ない会話も調味料のひとつ、なんだか温かい家庭的な雰囲気です。
 (166621)

見よ、このご飯の大盛りを!!
白ご飯をお腹いっぱいに食べれるだけで幸せ。。

サンマ、白ご飯、おばんざい、たくあん、どれも愛情をこめて調理されています。
なんだか落ち着く味です。
 (166626)

この日は、時間がなかったので、大急ぎで食べて出ました。
店頭では、おはぎが売っています。
おはぎって懐かしいですよね。昭和の代名詞です。
次回は、おいなりさんを買ってみます♡

クチコミでの評判

基本情報

店名 :千成餅食堂 山科店
TEL:075-581-9240
住所:京都市山科区竹鼻竹ノ街道町35-18
アクセス:山科駅から徒歩3分

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ぽぽちゃん ぽぽちゃん