2017年3月19日 更新

風物詩の蒸し寿司と柔らかい穴子に悶絶!嵐山の東の外れにある「京寿司 大善」

嵐山の東の外れにある「京寿司 大善」で風物詩の蒸し寿司と穴子寿司ランチなり。

嵐山の外れにある本格 京寿司店

 (75551)

年数回ペースで定点観測している、嵐山の東にある京寿司店「大善」に向かう。
 (75552)

寒くなったら食べようと狙っていた蒸し寿司と、鉄板においしいあなご寿司と小鯛笹巻寿司のセットをお願いする。
 (75565)

美山産だという完熟のすだちを使った酎ハイ\530を。ごくほんのり甘く爽やかな風味。いやー、これはありです!
 (75553)

で、京都の冬を彩る季節のお寿司が登場! いいプレゼンテーションですな。お重に見えるが開けるとすのこが引かれた蒸し器兼用なのだ。
 (75554)

蓋を開けるとふわんと湯気と寿司酢の香りが立ち上る。京都の冬の定番、蒸し寿司で¥1600なり。海老に焼き穴子、きくらげにグリーンピース、それに驚くほどたっぷりで超細く切られた錦糸卵。甘口に味付けされ、なんとも優しいお味。
 (75555)

寿司飯2:錦糸卵1ぐらいの配合で、玉子好きにはたまらない、かも。3年ほど前、京都で蒸し寿司を出しておられるお店を5・6軒回って、大善とお師匠さん筋のいづ重に巡りあったのですが、流石のお味です。
 (75556)

定番のあなご寿司と小鯛笹巻寿司のセットもじゃじゃんと登場。ま、期待通り!
 (75557)

笹巻寿司のいい香りににっこり。非常に上品なお味。あなご寿司は歯が不要なほどの柔らかいあなごに悶絶! いやー期待通りなのですが、ボリューム的にはもう少し食べたかったので、ついつい、焼酎芋お湯割りと、細巻をハーフで2種お願いする。
 (75558)

まずはど定番、鉄火巻。ハーフで¥750なり。明らかに寿司飯よりマグロ量のほうが多い、これまたマグロ好きには堪らない一品。
 (75559)

たぶん、初めて食べた?な大人の納豆巻。辛子しっかり!がポイントの¥450なり。これまた、アテになるお寿司ですな。。
ごちそうさまでした。また来ます!

京寿司 大善 クチコミ情報

京寿司 大善 店舗情報

店名:京寿司 大善
住所:京都市右京区嵯峨伊勢ノ上町10-3
営業時間:11:30~22:00(19:30までに入店)
定休日:水曜日
TEL:075-882-0018
店舗FBページ: https://www.facebook.com/arashiyamadaizen
16 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「Soup Dining Pan Boo(パンブー)」3/7 嵯峨嵐山エリアにオープン

「Soup Dining Pan Boo(パンブー)」3/7 嵯峨嵐山エリアにオープン

新店オープンラッシュの右京区・嵯峨小学校エリア。3月にオープンした「Soup Dining Pan Boo(パンブー)」は、嵐嵯峨山では珍しいベジタブル・マクロビ料理が味わえるお店です。
嵯峨嵐山にかわいいおうちカフェ誕生「neige 喫茶とおやつ」【新店】

嵯峨嵐山にかわいいおうちカフェ誕生「neige 喫茶とおやつ」【新店】

嵯峨小学校近くに先月オープンしたカフェ「neige 喫茶とおやつ」。観光エリアにありながらいい意味で観光客向けでない、カフェ好きが喜ぶセンスいいお店。すでに感度高い方が来店していて話題です。
【嵯峨嵐山カフェ】日曜日だけのお楽しみ♪手づくりの優しさがうれしいおうちカフェ「cafe chiko(カフェチコ)」

【嵯峨嵐山カフェ】日曜日だけのお楽しみ♪手づくりの優しさがうれしいおうちカフェ「cafe chiko(カフェチコ)」

JR嵯峨嵐山駅から徒歩5分ほどの住宅街にあるおうちカフェ「cafe chiko(カフェチコ)」。日曜日のみ営業ですが、地元ではご近所さんを中心に憩いの場として重宝されています。親子で手づくりを大事に営まれているこちらをご紹介いたします。
京都・嵐山の ”隠れ家” 肉料理店!最高の景色とステーキを嵐山で「ぼるた」

京都・嵐山の ”隠れ家” 肉料理店!最高の景色とステーキを嵐山で「ぼるた」

日本有数の観光地,、嵐山にある隠れ家肉料理「ぼるた」へ行ってきました。お手軽なおまかせランチや、本格ステーキなどの鉄板焼きがいただけるお店です。
トリップアドバイザー日本1のステーキレストラン!嵐山の住宅街に佇む「ステーキおおつか」

トリップアドバイザー日本1のステーキレストラン!嵐山の住宅街に佇む「ステーキおおつか」

トリップアドバイザーにおける日本のレストランランキングで1位にも輝いた、嵐山の住宅街にひっそりと佇む「ステーキおおつか」に行ってきました。幻の村沢牛が頂けるとも評判のステーキレストランです^^

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。