2017年2月28日 更新

京都府下で驚きのクオリティ!渾身の一杯に笑顔こぼれる☆京都らー麺「一喜蔵」【京都南丹市】

たまたま園部方面で昼食をとることになり、いろいろ情報収集してこちらへ。自家製麺とこだわりのスープがベストマッチのラーメン。地元で人気のお店みたいです。

土地勘全然ない園部で昼食を

 (73118)

あまり立ち寄って食事しないエリア。まったく予備知識ないので、某グルメサイトで検索してこちらが高評価だったんで。商店街ですかね。休日、わりと閑散としてますが。その一角。
 (73119)

こちら。
席数10席しかないんで、早めに行ったほうがいいだろうと12時前くらい。
 (73120)

店前が駐車場に。
 (73121)

他にも駐車場あります。
 (73122)

で、中に入るとL字型のカウンター席のみ。ちょっと不思議な間取りの印象。手前スペースが広くて。ちょうど席が空いてて座れましたが、この後次々と客が入店し、あっという間に満席。そして、行列。人気店です。
 (73123)

メニュー。3人で来てたので、それぞれ違うものを注文して食べ比べしようと。和風豚骨味の名物こくまろと特製こく黒、濃厚豚骨味の濃厚コッテリラーメン、和風チャーハン大を注文。
 (73124)

トッピング材。ガーリックチップス、炒り胡麻、それと挽き胡椒がありました。結局夢中で食べて完食してしまったんで使いませんでしたが(笑)

自家製極細麺とスープのマッチング

 (73127)

程なくしてラーメンが。こちらは五種の貝出汁と四種のブレンド塩ベースのタレを豚骨スープに合わせた 濃厚あっさり系 こくまろ。
 (73125)

濃厚な豚骨スーププラスあっさり和風だし、数種ブレンドした醤油ダレにニンニクと背脂添加でこってり濃い味に仕上げたこく黒。
 (73126)

一日十食限定 。濃厚な豚骨スープに薄口醤油ダレにニンニクと背脂でこってり感は最強の濃厚コッテリラーメン。でも中和剤のもやしもたっぷり。
 (73128)

まずはこく黒。麺を引き上げてみます。ストレートの極細麺。白いんでかん水ナシですかね。麺は自家製オリジナル麺。これ、ちょっと博多ラーメンみたいで、このスープによくマッチしてなかなか美味しいんですよ。いいですよこの麺。麺は3種のラーメンすべて共通。替え玉もできます。これも博多ラーメンぽい。
 (73129)

スープ。こってりながら、和風だしで引き締まりいい。玉子の半熟トロトロ加減も最高。

チャーシューもスープの温かさでトロッととろける柔らかさ。醤油感はない、豚の風味をよく感じるシンプルな塩味系チャーシュー。
 (73130)

これはこくまろのスープ。貝の風味もしましたが、アミエビ的甲殻類の風味も。これが好みだったんで、最初こく黒だったけどこくまろにチェンジ(笑)

濃厚コッテリラーメンも、もやしがたっぷりでいい仕事して美味しくいただける一杯。
 (73131)

で、和風チャーハン大。400円でこのボリューム。魚粉ですかね。その旨味が効いててこちらも美味い!
 (73132)

夢中で完食完汁ゴチ!ラーメン鉢の底にたどりつくと、たしかに笑顔になる(笑)

じつはあまり期待してなかったんですよ。ラーメン店の数自体京都市内より少ない府下のラーメン。競争力が働かない分、それほどでもないんじゃないかって。でも、市内のラーメン店に引けを取らないどころか、店によっては楽勝やん、てくらい美味しかったです。いい出会いでした。

一喜蔵 へのツイート

詳細情報

住所:京都府南丹市園部町美園町4号16−59
電話番号:080-6127-1930
営業時間:11:30~14:00 18:00~20:30
定休日:第2週の月・火曜日、第4週の月・火曜日
詳細サイト:https://www.ikkizou.com/
22 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers

オススメの記事