2017年11月21日 更新

【京都人のソウルフード】安い、早い、美味い!の三拍子そろった餃子!さらに会員特権フル活用でさらにお得☆「餃子の王将」

もうそれしかないのか!とツッコまれても否定できないほどご紹介している、我らの『餃子の王将』(笑)デイリー使いがうれしい中華料理店なのだが、会員になるとさらにお得!という話。

お誕生月にはビッグチャンス!

 (104608)

餃子の王将本社がある山科区にあるお店。遠出帰りに東インター下りてスグはありがたいです。久々にやってきました。無性に、しかもたらふく餃子が食べたくなって。
 (104448)

 (104449)

相変わらずの人気です。入店するのにちょっとだけ待たされましたが。
 (104609)

現在7月1日から開始の「創業50 年お客様感謝キャンペーン」絶賛実施中。というか、そろそろ終盤。餃子無料券や王将ロゴ入りのお皿など、必ず賞品がもらえるキャンペーン。それもあって、駆け込みでやってきたというのもあります。
 (104610)

そして、王将ファンなら皆持っている、ぎょうざ倶楽部会員カード。会計から5%引き。そして、賞品の王将ロゴ入りのお皿プレゼント用スタンプも。
 (104458)

さらにさらにこんな会員特典が。お誕生月にもらえる1,000円割引券。これはデカい!
 (104447)

で、最近はどの店舗もタッチパネルなんですかね。注文はこちらからなんですが、餃子をよく焼き指定するのが定番でパネルには反映されないので、いつもどおり口頭注文。
 (104446)

パネルじゃないメニュー表もあるんですね。なんか、すごいヘルシー感(笑)もしかしたら、オサレ王将メニューなのかもしれません。
 (104461)

待ってる間、店内のモニターでCM見たり。
 (104462)

日本最大級・・・そうか、さすがやで王将!!などとちょっとテンション上がったりなんかして(笑)
 (104450)

まずは瓶ビールで。ぷはぁ~
 (104452)

焼き飯も。やっとわかりました。大盛りを注文するとバラバラ状態。レギュラーサイズだとこのドーム型。て、そんなどうでもいい情報を得意げに(笑)いえいえ、王将ウォッチャーを名乗るならこの程度のことも押さえておかなければいけません。
 (104454)

たまにはいつもと違うものを、と回鍋肉。甘い味噌ベースの味付けがビールに合います。
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

京都人のソウルフード『餃子の王将』!アホ食いしてもこの安さとクオリティ!!創業50年記念キャンペーンも実施中【京都山科】

京都人のソウルフード『餃子の王将』!アホ食いしてもこの安さとクオリティ!!創業50年記念キャンペーンも実施中【京都山科】

名神高速・京都東インターすぐにある「餃子の王将」京都東インター店。遠出帰りの夕飯に、と立ち寄った時の、最新王将情報をお届けします。
【京都人のソウルフード】やっぱり王将の餃子で餃活!創業50周年記念キャンペーンでゴールドカード会員☆「餃子の王将」

【京都人のソウルフード】やっぱり王将の餃子で餃活!創業50周年記念キャンペーンでゴールドカード会員☆「餃子の王将」

もうシリーズ化している定点観測中の我らの『餃子の王将』(笑)デイリー使いがうれしい中華料理店なのだ、創業50周年記念キャンペーン期間でいろんな特典付き。今回はゴールドカード会員になって、さらにお得に。
中華そば・焼飯・餃子の腹パンセット790円がお得な「幸楽苑」京都では2店舗のみの出店!

中華そば・焼飯・餃子の腹パンセット790円がお得な「幸楽苑」京都では2店舗のみの出店!

全国で500店舗以上展開している幸楽苑も京都で2店舗のみ。390円のラーメンをはじめ、お値打ちなメニューが並ぶラーメン店で、お腹パンパンになるラーメンにチャーハンと餃子がついたコスパ抜群のセットを頂いてきました。今回は、一号線沿いにある久御山店に行ってきました。
元祖京都ラーメンの老舗名店!昔からのラーメンマニアには今も絶大な人気☆「夜鳴きや」【京都山科】

元祖京都ラーメンの老舗名店!昔からのラーメンマニアには今も絶大な人気☆「夜鳴きや」【京都山科】

山科にある、古くからラーメンマニアの間では有名な老舗。かつて雑誌のラーメン特集では必ずと言っていいほど登場し、昔ながらの京都ラーメン好きの間では今も絶大な人気。
【新店】超穴場!京都山科に本格蕎麦の名店降臨!!もうグルメ不毛地帯とは言わせない☆手打ちそば「藤村」

【新店】超穴場!京都山科に本格蕎麦の名店降臨!!もうグルメ不毛地帯とは言わせない☆手打ちそば「藤村」

驚きです。こんな秀逸な新店が山科にあったとは。6月オープン。立地的にはほぼ地元民御用達のお蕎麦屋さん。その美味しさが評判なのか、すでに繁盛店。ランチで行ってきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな