2016年3月4日 更新

【話題騒然】餃子の王将新業態カフェ「GYOZA OHSHO 烏丸御池店」徹底解剖☆最速情報

オープン前から話題騒然の餃子の王将新業態カフェのレセプションへ。地元サイトだからできる!その様子をどこよりも早くご紹介します!!

ひと足お先に行ってきました~

 (19384)

 (19360)

3月3日グランドオープン!
オープン前から話題騒然の餃子の王将新業態カフェのレセプションへ。注目度大ですね。大手新聞社、テレビ局、雑誌社の取材陣続々と。小雪がちらつく中、ここだけ熱気ムンムン!その最新情報をご紹介します。

まずはご覧頂こう!オシャレすぎる王将を!!

 (19380)

王将らしからぬオシャレ感(驚)
キッチンはテーブルからガラス張りでよく見えます。

バーカウンターもあります!

 (19361)

ドリンク類、かなり充実しています。
 (19379)

こちら、テーブルにはコンセントが。うれしいですね。長居できそうです(笑)
 (19368)

予約席ですかね。ちょっと高級感と個室感あり。大勢の女子会にも対応ということでしょうか。

女子はここが気になる!トイレ事情

 (19367)

シンプルで清潔感あって、衛生的。こんなアメニティ充実。フレグランスも◎

テラスの立ち飲みスペースも

 (19370)

ささっと飲みたい方にはいいですね~植栽はローズマリー。今は季節柄、ビニールシートとストーブで防寒対策あり。

注目のメニュー!

 (19371)

 (19372)

通常メニューは既存店とほぼ同じ価格。量は女子向けに少しだけ少なめに。
そして、王将の肝となる看板商品の餃子。焼き加減指定できるのか、気になるところ。残念ですが、カフェではできないそうです(泣)
 (19374)

 (19373)

 (19375)

そして、注目のカフェオリジナルのここだけメニュー。バランス料理研究家・小針衣里加さん開発のオリジナルレシピ。
 (19376)

 (19377)

ドリンク類充実してます!グラスワイン180円はリーズナブル。会社帰りに気軽に飲みに行けそう。

そして、女子ウケよさそうなオシャレ感ある料理たち☆

 (19382)

サワークリームと溶かしバターで食べる水餃子は形状もいつもの王将とは違う雰囲気。
一見和風煮しめ風な大根と鶏肉のオイスターソース煮込み。
まさか王将でハンバーグ?中華風あんかけハンバーグまで。
 (19381)

全体的にヘルシー感あり。そして、京都らしくはんなり味。湯葉の天津飯。野菜と豚肉のチーズせいろ蒸しなど
 (19383)

フレッシュ野菜を多用しているあたりにも、ヘルシー志向な印象を受けました。ケーキのようなふわふわ玉子焼きはゴマ油をかけて変化球。豆乳きなこプリンなどなど。

王将カフェはここ京都を皮切りに、今後東京にも出店する予定。地元民からすると、こんなん王将ちゃうやん!と嘆き節も出そうですが。いろんなニーズに応えて変化する王将もまた見逃せません!
地元民としては、というか王将ウォッチャーの私としては、チャレンジし続ける王将を今後も変わらず応援したいと思います。

ヨ~イヤサ~♪

GYOZA OHSHO 烏丸御池店 店舗情報

■店舗名
GYOZA OHSHO 烏丸御池店
■住所
京都市中京区両替町通姉小路上る龍池町430
■電話番号
075-251-0177
■営業時間
月~土
11:00~24:00(ラストオーダー23:30)
日・祝
11:00~22:00(ラストオーダー21:30)
■定休日
無休
■禁煙・喫煙
禁煙
■駐車場
なし
■詳細ページ
http://www.ohsho.co.jp/
41 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな